[REC] 4 ワールドエンド

[REC] 4: Apocalipsis
[REC] 4 ワールドエンド - thumbnail
公開年:
2014
製作国:
監督:
製作:
脚本:
撮影:
音楽:
  • アルナウ・バタレル
編集:
主演:
出演:

RECシリーズの4作目、ふたたびジャウマ・バラゲロがメガホンを撮った新作は「REC 4 ワールドエンド」てな邦題のなにやら大袈裟そうな一品。

[REC] 4 ワールドエンド

たまに時間が遡る当サイトの感想文です。「スリーピング・タイト 白肌の美女の異常な夜」のときに「REC 4につづく」なんて書いたのに放置していたので書いておくのです。

大好きシリーズ「REC」の4作目です。3作目「[REC]3 ジェネシス」はパコ・プラサによる大胆不敵のぶっ飛びコメディのRECでした。私はこれ大層好きなのですが世間的にどうだったかを思うとちょっとそれはどうだかわかりません。

4作目は再びジャウマ・バラゲロが監督するというので、撮影中から楽しみでした。YouTubeにはスペインのテレビショーなんかも出回っていてですね「REC 4 快調撮影中!」なんてやってました。

司会者がいて撮影風景を遠巻きに撮ったり、マヌエラ・ベラスコのインタビューなんかもあって、大いに盛り上がってましたね。撮影風景は船上で「次のRECは船が舞台!」とまた盛り上げます。
「楽しみだなー。早く完成しないかなー」とわくわくしていたものの、世界ではいろんな事が起こり、いつの間にか映画が完成して2014年に公開されていました。その後2015年に日本でも公開され、さらに月日が流れ発売もされ、今では公式サイトもなくなり怪しい変なサイトと化しています。

そうそう、映画の公式サイトなんですけど、ここで言うのも何ですが、専用ドメインで運営されている公式サイトってのは時期が過ぎればすぐに消えてなくなります。このブログにもいくつか公式サイトへのリンクがありますが、多くが公式サイトでなくなっていますね。

消えてしまうだけならまだいいんですが、ドメインを中古で売り出すのか何なのか、とても変な怪しいサイトに変わっていたりしますね。これ厭ですね。なくなってくれているほうがわかりやすくていいです。

そもそもでいうと、ドメインを維持させる気ないんなら専用ドメインてのをやめてほしいですよね。

配給会社の直下に映画の公式を作ってくれているようなところでは消えてしまうことなくいつまでも映画の公式が生きていることがあります。何年経ってもいい映画は色褪せません。長く維持してくれる配給会社直下の公式サイトを支持します。

お門違いな話を延々とすいません。で「REC4 ワールドエンド」です。原題は「APOCALIPSIS」です。大袈裟に「黙示録」とか言うてますよ。大丈夫か。

はい。ぜんぜん大丈夫ではありませんでした。ずっとRECシリーズが大好きでしたしジャウマ・バラゲロも好きだし、マヌエラ・ベラスコちゃんの追っかけでありますが、この「4」は全く好みでもないし面白くも何ともありませんでした。ちょっとショック。どういうところが気にくわなかったんでしょう。こういうところです。

まずせっかくのマヌエラ・ベラスコが始終暗い演技をします。もっとキャッキャ言っててほしいんです。最後には妙な大作風のアドベンチャーねえちゃんになります。でもまあそれはどうでもいいと言えばいいです。

船上で繰り広げるサスペンスが主体です。ホラーでもコメディでもスリコン(複合要素が詰まったスリラー)でもなく、シンプルな密室サスペンス劇場でした。いまいち面白味というか、個性に欠けます。つまりユニークさを感じられませんでした。普通なんです。まあでも普通でもいいです。

感染ゾンビの役割がとても単純なのも同じくユニークさに欠けるように思ってしまいました。吃驚させるだけで、ホラー要素じゃなくアクション要素が主体に感じられました。そうなんです。この映画、ホラー色が極めて弱く、すごくアクション娯楽映画なんです。まあでも、アクション娯楽映画が悪いってわけでもないしいいんです。

全体のストーリーが大袈裟でSFです。ラストまで見たらさらにあからさまになりますが、娯楽SF冒険アクション感動大作みたいなことになってまいります。ここまで来ると「何を目指して作ったん?」と訊きたくなります。でもまあそれはそれで詰め込み系とも言えるし娯楽SF冒険アクション感動大作でも結構なことだとは思います。

ということでですね。あれ?個々に書いていくとそれぞれがさほど嫌いというわけでもないですね。そうなんです。まさにそこです。これは乙女的に言いますとね、こうなります。

「あなたの顔が嫌いなんじゃない、あなたの洋服の趣味が嫌いなんじゃない、あなたの汚いものの食べ方に耐えられないわけじゃない、あなたの厭らしい態度が大嫌いなわけじゃない、でもね、あなたといるのはもう無理なの」

まるで「REC 3」をなかったことにしたかのような感動大作「REC 4」ですが、黙示録的な展開であんなふうに終わったのでもう「5」はないのでしょうか。作りようがないですね。

でも希望を言うと、再びパコ・プラサに監督を交代して、この「4」をなかったことにしてぶっ飛びRECを作ってほしいなと思います。でも無理だろうなあここまで来てしまったら。

ということで記憶も薄れていて細部が思い出せない「REC 4 黙示録」、一言で言うとやけにメジャー指向のSFホラーアクション大作で、3までが大好きなので反動も大きくちょっと残念に思ってしまいました。これまでのRECがどうでもよくて普通の娯楽大作が好きだったら何の問題もなく楽しめるんじゃないかなとは思います。

[広告]

コメントを残す