母なる証明

마더
母なる証明

田舎町で暮らす母と子の物語。壮絶で悶絶。

母なる証明

冒頭、長閑(のどか)ながらもどことなく不安感をかき立てる草原で母親が踊っています。はて、何で踊ってるんでしょう。
目はうつろで、この冒頭シーンをどういうつもりで眺めていいのか、観客はまず最初に戸惑います。これ、なかなかの作戦ですね。まんまと罠にかかりました。
不安感を抱えたまま、ドラマの本筋が始まります。日本人のおっさんが見てどこか懐かしい感じのする田舎町です。ここで母親が刃物で薬草を切っています。
道を挟んで向かいには息子と友人がいるようです。何してるんでしょう。
どうでもいいけど、薬草を切るカッターが怖いんですけど。
ざくっ。ざくっ。乾燥した葉っぱを切ってます。
あっ。息子か誰かが動きましたよ。道路、危ないんじゃないですか。
あっ。車っ。
あっ。刃物っ。

この第二の冒頭シーン、ここも壮絶です。もう完全にどこかへ持って行かれます。この怖さはいったい何事でしょうか。まだ誰が誰なのか判らない時点でのいきなりの掴みです。監督がただ者でないことが開始数分ではっきりわかりますね。

最初に小さな事件が起きます。息子の知恵遅れ加減はなかなか判別できない微妙な線で描かれており、次に起きる殺人事件への伏線としてびしっと決まっています。
容疑者にされてしまった息子、さあ母親は髪振り乱して息子のために奔走します。高松翔の母親もびっくりです。

・・・あとはもう映画の中へ連れて行かれて最後まで一気に。途中途中も凄まじいシーンありますね。で、エンディングのシーンでまたやられます。これがまあ気色悪いというか胸騒ぎ系というか、ざわついた妙な感覚におそわれます。

激情的すぎて、いくつかはちょっと醒めてしまうような演出もないではないですが、基本的に壮絶で、観る価値が十分にあります。出来が良くてびっくりした。
韓国の映画はほとんど知らないのですが、暴力描写とか、激情の行動とか、突き抜けてますね。驚きです。何かに遠慮したり気を遣ったりましてや自主規制したりといったことはないんですね。

2010.5.7

[広告]

「母なる証明」への1件のフィードバック

コメント