ゾディアック

Zodiac
ゾディアック

1968年から74年にサンフランシスコで起きた実在の未解決事件「ゾディアック事件」に取り憑かれた人間たちを描く。

ゾディアック

ゾディアック事件が一世を風靡したのは警察に妙な手紙を送りつけたり、テレビやマスコミを利用したりと、挑発的行為を行いながらの犯行がセンセーショナルだったことがその理由でしょう。こういった子供のようなアピールを行う凶悪犯罪者の仕事ぶりは現代にも脈々と受け継がれており廃れることがないように思えます。

当時の稚拙な犯罪捜査のおかげもあり、迷宮入りの未解決事件として未だに語り継がれるゾディアック事件。

この事件に取り憑かれ、延々と調べ上げる執念の男が主人公。原作者ロバート・グレイスミスその人です。

サンフランシスコの新聞に風刺漫画を書いていた頃に事件に出会って関心を持ち、警察が捜査を辞めても独自調査を続け、ついに1986年に「Zodiac」を出版。うーむ。凄い執念。

この映画は、ゾディアック事件そのものを描く事よりも、その事件に関わった人間たちをとりわけ丁寧に描きます。事件映画というよりもロバート・グレイスミス自伝と言っていいほどですね。

監督はデヴィッド・フィンチャー。この方は当たり外れが大きく、個人的にはギャンブル的監督と思っています。
すごい大当たりと、あんまり好きでないな、がほぼ半々にて予想できないんですよね。

2008.6.17

2010.08.27

[広告]

投稿日: 初稿2008-06-17
このエントリーをはてなブックマークに追加
PVアクセスランキング にほんブログ村

コメントを残す