クラッシュ(クローネンバーグ)

Crash
クラッシュ(クローネンバーグ)

交通事故フェチ。つまり交通事故によって性的興奮を覚える変態たちの変態物語。

クラッシュ(クローネンバーグ)

ポール・ハギスの「クラッシュ」のエントリーに、ついでのように本作「クラッシュ」を紹介していたのですが、独立させました。

クローネンバーグ版「クラッシュ」の原作はJ.G.バラードのテクノロジー三部作のひとつ「クラッシュ」です。

交通事故から始まる話で、簡単にいうと交通事故による衝撃がエクスタシーに直結して忘れられなくなった変態たちのお話です。
原作のJ.G.バラードは「新しい波」文学運動の先駆者的存在で、 そう、ニューウェーブなんて言葉を生んだ人たちのひとりなんですね。そういえばJ.G.バラード氏は2009年の春に亡くなられました。

「クラッシュ」はバラードの言葉を借りれば「自動車事故をテーマに書かれたポルノグラフィである」 ということで、まあその通りです。ただしクローネンバーグ映画ではポルノ描写は比較的大人しめで、精神的変容のほうに重きを置いています。成人映画の指定を受けてましたが。

カンヌ国際映画祭 審査委員特別賞受賞。

変態好きの方は機会があればぜひどうぞ。

2010.09.07


コメント