ローラーとバイオリン

アンドレイ・タルコフスキーが28歳の時に映画大学の卒業制作として作った作品。 若い頃の作品なのでどれほど尖った作品かと思ったらこれがまあ少年と労働者青年のふれあい物語。これ、普通にめちゃんこ面白いのでほんとに驚いた。