一覧生成
79件の記事がありました

現在の並び: Default -
表示・非表示をコントロールできます

刺さった男

La chispa de la vida

失業中の広告屋ロベルトが仕事を無心するも冷たくあしらわれ傷つき、やがて遺跡発掘現場をうろちょろしているとトラブルで転落、即死は免れますがたいへんな事故となってしまいます。アレックス・デ・ラ・イグレシア監督2012年の「刺さった男」は人間の尊厳と愛を描くソリッド・シチュエーション・串刺し・アクシデント・悲喜劇。これ凄くいい。

"刺さった男" の続きを読む

バーバリアン怪奇映画特殊音響効果製作所

Berberian Sound Studio

イギリス人のサウンドエンジニアがイタリアの映画スタジオに雇われ、慣れないホラー映画の仕事を開始します。トビー・ジョーンズを主演に迎え大フィーチャー。はたらくおじさん-サイコ・サウンドエンジニア編。これは意外とあなどれません。それどころかかなりの傑作。というか凄い。

"バーバリアン怪奇映画特殊音響効果製作所" の続きを読む

トラブゾン狂騒曲 ~小さな村の大きなゴミ騒動~

Müll im Garten Eden

トルコの小さな村で起きるゴミ処理場を巡る問題を5年間にわたり撮影したというファティ・アキン渾身の告発ドキュメンタリー。

"トラブゾン狂騒曲 ~小さな村の大きなゴミ騒動~" の続きを読む

ローマでアモーレ

To Rome with Love

「ローマでアモーレ」はウディ・アレンのオールスターヨーロッパ旅情シリーズのイタリア、ローマ編の群像劇風コメディで、面白いったらありません。

"ローマでアモーレ" の続きを読む

ロスト・ボディ

El cuerpo

冒頭、謎の交通事故シーンから思いもしない展開が待ち受けます。遺体保管所の警備員、捜査する刑事、保管所から消えた女性の遺体、消えた遺体の夫、その愛人、謎が謎を呼び愛と不信が不穏を生みます。予想できないストーリー展開、良質のスペイン産ミステリースリラー「ロスト・ボディ」はこちらです。

"ロスト・ボディ" の続きを読む

ポルトガル、ここに誕生す〜ギマランイス歴史地区

Centro Histórico

ポルトガル、世界遺産のギマラインス歴史地区を題材に4人の監督による短編を集めたオムニバス映画。監督はアキ・カウリスマキ、ペドロ・コスタ、ビクトル・エリセ、マノエル・ド・オリヴェイラの4人です。

"ポルトガル、ここに誕生す〜ギマランイス歴史地区" の続きを読む

モンティ・パイソン ある嘘つきの物語 ~グレアム・チャップマン自伝~

A Liar's Autobiography: The Untrue Story of Monty Python's Graham Chapman

グラハム・チャップマンが生前執筆した自伝を元に製作されたアニメ作品。モンティ・パイソンのメンバーが吹き替えで参加したり、その後の復活大イベントなどに繋がる一連のムーブメントのわりと最初のほうで公開されとにかく話題沸騰で興奮状態だったそういう作品です。

"モンティ・パイソン ある嘘つきの物語 ~グレアム・チャップマン自伝~" の続きを読む

ヘルベンダーズ 地獄のエクソシスト

Hellbenders

「mute ミュート」の奇才J・T・ペティ監督の2012年作品。酒とドラッグとセックスに溺れた生え抜きエクソシスト軍団それがヘルベンダーズだ。

"ヘルベンダーズ 地獄のエクソシスト" の続きを読む

危険なプロット

Dans la maison

高校国語教師と生徒のお話です。「まったく近頃の餓鬼は馬鹿ばかりで作文の一つも書けやしない」と嘆いている文学者崩れの教師を呻らせる作文を提出するひとりの生徒。教師は作文に夢中になりのめり込みます。

"危険なプロット" の続きを読む

インポッシブル

Lo imposible

家族旅行中にスマトラ島沖地震による大津波に遭ってしまった家族のドラマです。被災してから家族ががんばり抜く話と聞いて「ふーん」と最初思いましたが監督がJ・A・バヨナと聞きそれは聞き捨てならん何が何でも観なければと観た「インポッシブル」は並みのファミリー映画とは訳が違います。

"インポッシブル" の続きを読む

コズモポリス

Cosmopolis

金融界で成功した若き実業家がオフィス代わりに使用して引き籠もっているリムジン世界内に現れる幻惑的エピソードで綴る文芸的破滅物語。デヴィッド・クローネンバーグ2012年の警告。

"コズモポリス" の続きを読む

天使の分け前

The Angels' Share

ケン・ローチ監督2012年の「天使の分け前」は、不良だけど気のいい兄ちゃんが懲罰的社会奉仕活動の中でウィスキーの魅力に触れ、テイスティングの才能に気づくという、そういうお話。軽いコメディでとてもいい感じ。

"天使の分け前" の続きを読む

ビザンチウム

Byzantium

美女ヴァンパイアの二人組です。少女エレノアは秘密と良心に悩む思春期的鬱々状態、エレノアの保護者クララは大人の商売をやり強気です。さてどういう切り口のヴァンパイア映画でしょうか。

"ビザンチウム" の続きを読む

ハッシュパピー ~バスタブ島の少女~

Beasts of the Southern Wild

巨大な堤防によって隔絶された南部のバスタブ島に暮らす少女の物語です。
若手監督が良作を引っさげて業界を驚かせた貧困とファンタジーのちびっ子映画。

"ハッシュパピー ~バスタブ島の少女~" の続きを読む

堀の中のジュリアス・シーザー

Cesare deve morire

重罪で服役中の囚人たちが「ジュリアス・シーザー」を演じるという映画です。巨匠タヴィアーニ兄弟がレビッビア刑務所とコラボって製作されたという異色作品。

"堀の中のジュリアス・シーザー" の続きを読む

少女は自転車にのって

Wadjda

映画館の設置も禁止されているサウジアラビア初の女性映画監督による長編映画ということで話題だった「少女は自転車にのって」は、自転車が欲しい少女ワジダのちょっとした物語。

"少女は自転車にのって" の続きを読む

いとしきエブリデイ

Everyday

服役中の男を待つ妻と4人の子供たちの日常。実際の4兄妹をキャストに、5年間の日々を5年かけて撮影したという、半ばドキュメンタリーのように子供たちの成長を眺めるための映画。

"いとしきエブリデイ" の続きを読む

アンチヴァイラル

Antiviral

デヴィッド・クローネンバーグの息子、ブランドン・クローネンバーグのシュール系SFホラースリラー。所謂この手の正統派後継映画として実に見事。天晴れ天晴れ。

"アンチヴァイラル" の続きを読む

タンゴ・リブレ

Tango Libre

タンゴのダンス教室に通うJCが胸ときめいた女性アリス。そのアリスの夫フェルナンは親友ドミニクと共に刑務所に入っている囚人で、その刑務所の看守がJC。看守が妻とタンゴを踊ってると聞いて怒り心頭の囚人フェルナンであります。

"タンゴ・リブレ" の続きを読む

マニアック

Maniac

マネキンしか愛せないマネキン人形修復士ですが愛するどころかとんだ猟奇殺人鬼で夜な夜な女性を付け狙い襲っては頭皮を剥いでマネキンに被せるというそういう男です。マニアックどころではありません。

"マニアック" の続きを読む

アクト・オブ・キリング

The Act of Killing

1965年、インドネシアで起きた大規模虐殺の実行者たちを映し出すドキュメンタリー。これは脅威的。ドキュメンタリー映画として、単に映画として、歴史として、政治として、物語として、映像美として、そして人として人類必見。

"アクト・オブ・キリング" の続きを読む

ABC・オブ・デス

The ABCs of Death

アルファベットになぞらえた26組の監督による26編の「死」のオムニバス作品。
わずか5分でじっくり話を描いてる暇はありませんから、わーっとなってぎゃーってなるくらいが関の山です。あるいはシュールや不条理や混沌に逃げるとか、何となくいろいろ予想できます。
その予想を心地よく裏切ってくれる気の利いた良作に出会えるのか、出会えないのか、そこんとこが気になります。うそです。ほんとは気になりません。何でもOK。

"ABC・オブ・デス" の続きを読む

フッテージ

Sinister

一家で引っ越してきた家の屋根裏で見つけた8mmフィルムと映写機。主人公の作家がさっそくセッティングして見てみると一家惨殺のスナッフフィルム。しかも舞台は引っ越してきたこのおうち。うわ。こりゃやべー。と、家族に内緒で調査を開始するのであった。

"フッテージ" の続きを読む

コンプライアンス 服従の心理

Compliance

米国で10年間にわたって起きていた「身体検査いたずら電話詐欺事件」を忠実に映画化。「こんなのにだまされるなんて」と一見誰もが被害者を小馬鹿にするような感想を持つかもしれないがそれこそ罠。そして「コンプライアンス 服従の心理」は映画作品としても最高の出来映え。

"コンプライアンス 服従の心理" の続きを読む

ブランカニエベス

Blancanieves

1920年代のアンダルシアを舞台にした闘牛士の娘の童話的映画。サイレント映画の技法で描く歌と音楽、踊りと闘牛、「白雪姫」と呼ばれた少女の人生を美しい映像と音楽で堪能できます。すごくいい。

"ブランカニエベス" の続きを読む

ゴースト・スクール

Promoción fantasma

幽霊が見える特異体質の教師モデストが新たに赴任した学校では80年代に図書室で死んだ5人の生徒たちが成仏できずに悪さをしていて、それで彼らを卒業させてやろうと頑張ります。めっためたに面白い青春幽霊映画でエキサイティング!

"ゴースト・スクール" の続きを読む

ザ・エンド

Fin

若者という年齢からずいぶん経ったいい大人たちが若者ホラーの定番設定である人里離れた孤立したおうちに滞在して、そして事が起きます。何が起きるのでしょう。豪華キャストと豪華スタッフでお届けする極限状態の怪と消えゆくものの哀れ。

"ザ・エンド" の続きを読む

ペインレス

Insensibles

1930年頃、痛みを感じない子供たちがおりました。酷い自傷行為などを行っております。そんな子供たちの波乱の生涯、それと現代の外科医デヴィッドが自分のルーツをさぐります。

"ペインレス" の続きを読む

恐怖ノ黒洋館

The Last Will and Testament of Rosalind Leigh

2013年の「シッチェス映画祭”ファンタスティック・セレクション」で紹介されたカナダからの贈り物。家出して以来長らくご無沙汰していた息子が、母親から相続するお屋敷にやってきます。実話を元にしたとの触れ込みで、これ、ネタバレ全開で感想文行きます。

"恐怖ノ黒洋館" の続きを読む

クラウドアトラス

Cloud Atras

時代や国が異なる6つのエピソードを同時に描く宇宙的規模のSFヒューマニズム叙事詩。時代や国が異なるそれぞれのお話同士がどこか何か繋がっているという、輪廻というか宿命というか、どことなく大袈裟で面倒臭そうに見える「クラウドアトラス」ですが実に見応えのある大作。トム・ティクヴァが監督やっているパートもあります。

"クラウドアトラス" の続きを読む

リアリティー

Reality

マッテオ・ガローネ監督による「リアリティー」はいったい何がどうリアリティなんでしょうか。ナポリの下町がリアリティですか。魚屋の父ちゃんもリアリティです。なんせリアリティ。

"リアリティー" の続きを読む

愛さえあれば

Den skaldede frisør

スサンネ・ビアの新しいのが「愛さえあれば」なんていうタイトルですでに公開されていたとはまったく知りませんでした。このタイトルで、内容はおばちゃん世代のラブコメ。これは観ないわけにはいかないでしょう。

"愛さえあれば" の続きを読む

ムーンライズ・キングダム

Moonrise Kingdom

こだわり派監督ウェス・アンダーソン2012年の新作は、どこかの島を舞台に少年少女の一夏の恋と冒険を描いた一見気軽なコミカルアドベンチャー。ただしその中身は鼓動爆発寸前の見事な一級品。面白く懐かしく美しく、蕩けるような映画的興奮の坩堝に呑み込まれる予想を超えた名作。これは最高の逸品です。

"ムーンライズ・キングダム" の続きを読む

フリア よみがえり少女

Dictado

小学校教師ダニエルのもとに幼なじみっぽい神経質そうなマリオがやってきて「あの事故の件だ。娘に会ってくれ」と懇願。「断る。あの事故の話はなしだ」と冷たく追い払うダニエル。ダニエルとマリオの過去の事故とは何でしょう。そして、少女フリアが登場します。少女フリア超可愛い。でもダニエルの妻ラウラもとっても素敵。「悲しみのミルク」のプロデューサーでもあるアントニオ・チャバリアス監督脚本でお届けするホラーっぽいスリラーっぽい夫婦っぽいちびっ子っぽい映画。

"フリア よみがえり少女" の続きを読む

東ベルリンから来た女

Barbara

社会主義時代の東ドイツを舞台にした訳あり女性の映画。辺境の地に左遷された女医バーバラは堅く口を閉ざし心を開かぬ女性です。西側への出国申請が却下され監視下に置かれているのです。

"東ベルリンから来た女" の続きを読む

汚れなき祈り

După dealuri

孤児院で育った女性ふたり。ひとりは修道院に、もうひとりはドイツで過ごしていました。ドイツにいた彼女が修道院にやってきます。「いっしょにドイツ行こ」「あたしはここの暮らしがいいの」
「4ヶ月、3週と2日」のクリスティアン・ムンジウ監督が強烈な一発をかまします。

"汚れなき祈り" の続きを読む

レッドライト

Red Lights

超常現象を科学的に調査して自称超能力者や霊能力者のペテンを暴く活動をしている大学教授マーガレットと助手のトムです。彼らの前に立ちふさがる超能力者の大物サイモン・シルバーでありまして、彼のペテンを見破れるのか、はたまた本物の超能力者なのか。しかしそんな対決よりも、「リミット」で一躍スター監督に躍り出たロドリゴ・コルテスがロバート・デ・ニーロ、シガニー・ウィーバー、キリアン・マーフィーなど超スター俳優を上手く使いこなせるのか、大物たちを前にひれ伏すことになるのか、そっちの方がよほど興味深いのであります。

"レッドライト" の続きを読む

レプリカ

In There Skin

郊外の別荘にやってきた家族3人。おや。明け方に変な物音が。やあこんにちは、ご近所のものです、どうぞよろしく。ところがこのご近所さん、こいつらちょっとヤバい奴らです。一家を襲う不条理スリラー、カナダからのお届けです。

"レプリカ" の続きを読む

ホーリー・モーターズ

Holy Mortors

レオス・カラックス13年ぶりの新作映画「ホーリー・モーターズ」はSFで童話でカッコ良くて泥臭く、パワーみなぎり多層の構造、ぶっ飛んでいて哀しくて、面白おかしい最高峰。

"ホーリー・モーターズ" の続きを読む