一覧生成
409件の記事がありました

コリン・ミニハン

Colin Minihan
( 0件 )

監督・脚本家・プロデューサー。1966年生まれ。
若い頃に100本のミュージックビデオを作ったりしていたとか。

スチュアート・オルティスと共同の “ヴィシャス・ブラザーズ” 名義も知られていて「グレイヴ・エンカウンターズ」「エクストラ テレストリアル」などの脚本、監督を行っている。でも何つっても「サンズ・オブ・ザ・デッド」が傑作。

制作会社 Digital Interference を設立。http://www.digitalinterference.net

ウェンディ・クルーソン

Wendy Crewson
( 1件 )

カナダ出身の女優。プロデューサーのキャリアもあり。1980年よりテレビ映画に出演、以降ものすごくたくさんの映画やテレビシリーズに出演。

 

about image Some rights reserved

Description
Date
Source https://www.flickr.com/photos/gdcgraphics/6872055753
Author gdcgraphics
Permission
(Reusing this file)
Creative Commons Attribution ShareAlike

 

オルウェン・ケリー

Olwen Kelly
( 件 )

Olwen Kelly または Olwen Catherine Kelly。アイルランド出身。

「ジェーン・ドゥの解剖」のジェーン・ドゥ。強烈な印象を残しましてこの人誰、と思ったらオルウェン・ケリーという女優でした。

2014年に「Darkness on the Edge of Town」のAisling Callahan役でデビュー、テレビシリーズ以外の映画作品は「ジェーン・ドゥの解剖」の他、2018年に予定されている「Winter Ridge」に出演が決まっているようです。

(追記)
Instagramを貼っていますが、どうやらアカウントそのものが削除された模様。もしかして偽物だったとか?WikipediaにもInstagramリンクされてるのに。

と、思ったらアカウント復活してた。

 

カトリーナ・ボウデン

Katrina Bowden
( 2件 )

「タッカーとデイル」のアリソン、「ピラニア3DD」のシェルビー役。

ロラン・ラフィット

Laurent Lafitte
( 1件 )

俳優。「ミモザの島に消えた母」のアントワン、「ELLE」のパトリックなど。
最初見た印象は「コロンビアのジョン・トラボルタ」でして、何がコロンビアなのか、ジョン・トラボルタにどこがどう似てるのか、とても説明しにくいんですが。印象として。どうですか。

マリア・バランコ

María Barranco
( 0件 )

スペインの女優。

「神経衰弱ぎりぎりの女たち」(1988)のカンデラ、「ガウディアフタヌーン」(2001)のカルメン、「キャロルの初恋」(2002)のアウロラなど。「スガラムルディの魔女」(2013)にもAnciana Traqueotomizadaとして出演しています。Anciana Traqueotomizadaって何ですか。気管切開した老人??「神経衰弱ぎりぎりの女たち」では素敵キュートなミニスカお姉ちゃんだったし、今でも素敵な方なのに何たる酷い扱い。

Embed from Getty Images

Embed from Getty Images
ペドロ・アルモドバル、ロッシ・デ・パルマらとの写真も。GettyImageではブログ埋め込み禁止の写真の中にこのあたりのメンバーによるいい写真がありましたよ。

Array
Array
Array
Array

ホドリゴ・アラガオン

Rodrigo Aragão
( 0件 )

1977年ブラジル出身の映画監督。監督、脚本の他、特殊メイク特殊効果などをやってる人のようです。

天下無敵のユニークな「デス・マングローブ」を作りました。「吸血怪獣チュパカブラ」「シー・オブ・ザ・デッド」など。

Array
Array

オリヴィア・デヨング

Olivia DeJonge
( 1件 )

メルボルン生まれの女優。「ヴィジット」のお姉ちゃん役。フランス語もできるそうな。

Embed from Getty Images

🎀📷@alexandra_gavillet 📷🎀 x @nylonmag

Olivia De Jongeさん(@olivia_dejonge)がシェアした投稿 –

Embed from Getty Images

ジョン・ポール・ケリー

John Paul Kelly
( 2件 )

アイルランド出身でイギリスに移ったプロダクションデザイン、いわゆる美術監督のジョン・ポール・ケリー。「ジョン=ポール・ケリー」(John-Paul Kelly)と表記されていることもあります。

「Jの悲劇」「ヴィーナス」「ブーリン家の姉妹」「360」「ザ・ガード」「ブリジット・ジョーンズ・ベイビー」などイギリス映画でのご活躍。

カリン・クサマ

Karyn Kusama
( 0件 )

監督・脚本。草間さんで日系ぽいですがニューヨーク、ブルックリン生まれのアメリカ人です。
「ガールファイト」「イーオン・フラックス」「インビテーション」などを監督。あとはテレビの仕事が多いようです。2017年は「XX」なる映画で監督と脚本を担当。

ジュリアナ・ハーカヴィ

Juliana Harkavy
( 0件 )

ニューヨーク生まれのアメリカ女優ですがドミニカ共和国、ロシア、アフリカ、中国、ハンガリーの血を引いているような記述があります。

9歳から演劇、テレビ、映画に出演していたとのこと。ピアノ、ギター、フルートなど音楽にも精通しているそうな。そして作家でもあり脚本でクレジットされたキャリアもあります。とんだ才女でございますね。

「ラスト・シフト」ではほとんど一人だけで夜勤の警官を熱演し受賞もしています。

Array
Array
Array
Array

ジョシュア・グランネル

Joshua Grannell
( 0件 )

ピーチズ・キリストの名でも知られるアングラドラグクイーンパフォーマーで司会者で映画監督で俳優。「ホラー・シネマ・パラダイス」ではジョシュア・グランネルとして監督、脚本、ピーチ・キリストとして出演もしています。

ミンク・ストール

Mink Stole
( 0件 )

ジョン・ウォーターズ作品の常連女優。
「ピンク・フラミンゴ」「クライ・ベイビー」「シリアル・ママ」などに出演の他、デヴィッド・リンチの「ロスト・ハイウェイ」では声の出演をしているのだとか。
「ホラー・シネマ・パラダイス」ではエブリンの役。

ロイ・アンダーソン

Roy Andersson
( 0件 )

映画研究所を卒業してすぐの「スウェーディッシュ・ラブ・ストーリー」(1970)で評価を得るものの次作「Giliap」(1975)のあと25年間映画を作らず、映画会社Studio 24を設立して2000年に世紀の大傑作「散歩する惑星」を発表。後に「愛おしき隣人」「さよなら、人類」をリビング・トリロジー三部作して世に放った。

ジョン・シュネップ

Jon Schnepp
( 1件 )

「ABC・オブ・デス」の「W is for WTF/カオス」の監督。なんと言うことでしょう、2018年7月、訃報が入りました。詳しいことは分かりません。そもそもこの監督のこともよく知りません。でも訃報は悲しい。

ローリー・マクドナルド

Laurie MacDonald
( 5件 )

プロデューサー。「メン・イン・ブラック」「タイムマシン」「アイランド」「レモニー・巣にケットの世にも不幸せな物語」「ゲスト」など娯楽系を中心に多岐に渡る作品の製作、製作総指揮。

ジェレミー・トーマス

Jeremy Thomas
( 5件 )

ロンドン生まれ。「ラストエンペラー」「ファーストフード・ネイション」「ピナ」「危険なメソッド」「11分」「ハイ・ライズ」などのプロデューサーとして知られる。

他に「戦場のメリー・クリスマス」「裸のランチ」「ローズ・イン・タイドランド」「オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ」「誰のせいでもない」など凄い映画が目白押し。

2018年、テリー・ギリアム「ドン・キホーテを殺した男」のエグゼクティブプロデューサーの予定。「ドン・キホーテ」再び挑戦するんすか!

ベン・ウィートリー

Ben Wheatley
( 1件 )

1972年イギリス生まれの監督。

「キル・リスト」(2011)で話題だったそうです。「サイトシアーズ」(2012)が個性的で大層面白く忘れられぬ存在でした。

2016年、J.G.バラードの「ハイ・ライズ」を映画化。やはりただ者ではありませんでした。「ハイ・ライズ」を観ればこの監督の読書遍歴も伺えるというものです。少し若い世代だからこそのダイレクトな影響とニューウェーヴへの傾倒を惜しげもなくさらけ出しますね。いいですね。とてもいいです。

「ABC・オブ・デス」ではユニークな視点の一本も撮ってます。

ケイト・ベッキンセイル

Kate Beckinsale
( 1件 )

イギリス出身の女優。「パール・ハーバー」とか出ていて人気女優だったようですが、しっかり大人になってからの「リーガル・マインド」「ミラクル・ニール」「アサイラム」と立て続けに出演作を見ていて何故か親近感。特に「ミラクル・ニール」と「アサイラム」では大層素敵でございました。