アルベルト・ロドリゲス

Alberto Rodríguez
Digitalboo penguin

スペイン、アンダルシア地方セビリア生まれ。
「グループ7」(2011)と「マーシュランド」(2014)は成長期の狭間に翻弄される都市と人間を、暴力や犯罪の側面から悲哀と郷愁を込めて鋭く描きました。1971年生まれの彼にとって、80年代後半から90年代初頭にかけての変化の時代は特別な記憶として残っているのでしょう。

アルベルト・ロドリゲス 監督作品 記事一覧

表示・非表示をコントロールできます

[広告]