パウラ・マルコビッチ

Paula Markovitch

ブエノスアイレス生まれ。22歳でメキシコの移住。
テレビや短編の脚本などのキャリアを経て、2011年に最初の長編映画「El premio」を。これは70年代の独裁政権下での半自伝的な物語だそうです。

パウラ・マルコビッチ の記事一覧