ロイ・アンダーソン

Roy Andersson
代替画像

映画研究所を卒業してすぐの「スウェーディッシュ・ラブ・ストーリー」(1970)で評価を得るものの次作「Giliap」(1975)のあと25年間映画を作らず、映画会社Studio 24を設立して2000年に世紀の大傑作「散歩する惑星」を発表。後に「愛おしき隣人」「さよなら、人類」をリビング・トリロジー三部作して世に放った。

ロイ・アンダーソン 監督作品 記事一覧

表示・非表示をコントロールできます
投稿日:
このエントリーをはてなブックマークに追加
PVアクセスランキング にほんブログ村

コメントを残す