一覧生成
3818件の記事がありました

チャニング・テイタム

Channing Tatum
( 1件 )

アメリカの俳優。プロデューサー、サウンドトラックのキャリアもあるようです。
Embed from Getty Images

ニラ・パーク

Nira Park
( 1件 )

プロデューサー。「ショーン・オブ・ザ・デッド」「宇宙人ポール」「サイトシアーズ」「ワールズ・エンド」など。

マシュー・ジャスティス

Matthew Justice
( 1件 )

多分イギリスのプロデューサー。
「アタック・ザ・ブロック」(2011)「サイトシアーズ」(2012)などの制作総指揮。「ロシアン・ドルズ」(2005)などでは製作。

キャサリン・バトラー

Katherine Butler
( 1件 )

プロデューサー。
「サイトシアーズ」(2012)と「バーバリアン怪奇映画特殊音響効果製作所」(2012)の製作総指揮でクレジット。「ハイエナ」「キルリスト」など癖のある映画が多いのでしょうか。

テリー・ギリアム

Terry Gilliam
( 7件 )

アメリカ生まれのイギリス人。1968年にイギリス国籍を取得。

モンティ・パイソンのアニメで一躍大スター。モンティパイソンのヒットはテリー・ギリアムのアニメなしではあそこまで至らなかったであろう事は確実です。でも当時は辛く地道な作業だったそうで、一人きりで必死になってアニメを作っていたんだとか。徹夜もざらで、布団に潜って声を録音したりしていたらしい。

映画はモンティパイソン「ホーリー・グレイレル」のあと「ジャバーウォッキー」で初の単独監督。
その後「バンデッドQ」で大ヒットを飛ばし、あわやスピルバーグになるかと思いきや、シュールでハイカラな世紀の大傑作「ブラジル」が熱狂的に受け入れられ、それをきっかけにメジャーから距離を置く変わった映画を撮る監督として歴史に名を残すこととなってしまいました。

モンティパイソンでは地味に出演もしていて、妙な看守やがさつな変なやつを演じていました。後に名匠となったとき「あの変なやつがこんな大物になろうとは」と感慨深いものがありましたね。

個人的なお話ですが子供のときに初めてモンティパイソンに触れて以来猛烈なファンになり、為替のために高価だった本も注文して買いあさり、自分という人間の部品の多くを占める最大に影響を受けた人物のひとりとなりました。