一覧生成
104件の記事がありました

コリン・ミニハン

Colin Minihan
( 0件 )

監督・脚本家・プロデューサー。1966年生まれ。
若い頃に100本のミュージックビデオを作ったりしていたとか。

スチュアート・オルティスと共同の “ヴィシャス・ブラザーズ” 名義も知られていて「グレイヴ・エンカウンターズ」「エクストラ テレストリアル」などの脚本、監督を行っている。でも何つっても「サンズ・オブ・ザ・デッド」が傑作。

制作会社 Digital Interference を設立。http://www.digitalinterference.net

ホドリゴ・アラガオン

Rodrigo Aragão
( 0件 )

1977年ブラジル出身の映画監督。監督、脚本の他、特殊メイク特殊効果などをやってる人のようです。

天下無敵のユニークな「デス・マングローブ」を作りました。「吸血怪獣チュパカブラ」「シー・オブ・ザ・デッド」など。

Array
Array

カリン・クサマ

Karyn Kusama
( 0件 )

監督・脚本。草間さんで日系ぽいですがニューヨーク、ブルックリン生まれのアメリカ人です。
「ガールファイト」「イーオン・フラックス」「インビテーション」などを監督。あとはテレビの仕事が多いようです。2017年は「XX」なる映画で監督と脚本を担当。

ジョシュア・グランネル

Joshua Grannell
( 0件 )

ピーチズ・キリストの名でも知られるアングラドラグクイーンパフォーマーで司会者で映画監督で俳優。「ホラー・シネマ・パラダイス」ではジョシュア・グランネルとして監督、脚本、ピーチ・キリストとして出演もしています。

ベン・ウィートリー

Ben Wheatley
( 1件 )

1972年イギリス生まれの監督。

「キル・リスト」(2011)で話題だったそうです。「サイトシアーズ」(2012)が個性的で大層面白く忘れられぬ存在でした。

2016年、J.G.バラードの「ハイ・ライズ」を映画化。やはりただ者ではありませんでした。「ハイ・ライズ」を観ればこの監督の読書遍歴も伺えるというものです。少し若い世代だからこそのダイレクトな影響とニューウェーヴへの傾倒を惜しげもなくさらけ出しますね。いいですね。とてもいいです。

「ABC・オブ・デス」ではユニークな視点の一本も撮ってます。

ニコラ・サーダ

Nicolas Saada
( 1件 )

「パレス・ダウン」の監督・脚本
キャリア的には脚本家としての作品が多いですね。テレビや短編がたくさんクレジットされています。
監督は6作品ほどありますが、いずれもテレビと短編が多く、長編映画は2009年の「Espion(s)」次いで2015年の「パレス・ダウン」(Taj Mahal)が二作目のようです。

ミゲル・ララヤ

Miguel Larraya
( 1件 )

「スラッシャー・パーティー」の監督・脚本。他の作品は日本では紹介されていません。本国でも短編やテレビ映画に関わっていますね。

どちらかというと脚本家向きの人っぽい感じです。

ベニト・サンブラノ

Benito Zambrano
( 2件 )

スペイン南部生まれ。劇場監督になるために学んだあと、写真、撮影でテレビの仕事に従事、そして映画が作りたいと衝動にかられて学び、名プロデューサーの出会いやいろいろあって長編「ローサのぬくもり」を制作、大きく評価された。

「ローサのぬくもり(Solas)」(1999)、「ハバナブルース」(2005)「スリーピング・ボイス」(2011)のほかドキュメンタリーの「Caballos Locos」(2016)と、作品数が少ないのがもどかしい。

サミュエル・ベンシェトリ

Samuel Benchetrit
( 2件 )

短編映画のシナリオがマリー・トランティニャンに認められ脚本を書くことを勧められたそうな。後に結婚します。

「歌え!ジャニス・ジョプリンのように」(2003)で長編映画監督デビュー。マリー・トランティニャンとジャン=ルイ・トランティニャン、セルジ・ロペスにフランソワ・クリュゼの出演という大変恵まれた作品(フランソワ・クリュゼはマリー・トランティニャンの最初の夫)

小説、戯曲の執筆も行い、自伝的小説を映画化した「アスファルト」ではイザベル・ユペールとヴァレリア・ブルーニ・テデスキの大女優二人の出演を可能に。また、マリー・トランティニャンとの息子ジュールを母親不在の孤独な青年役で出演させました。

サミュエル・ベンシェトリ監督は、マリーが亡くなった後、彼女の他の息子たちを引き取ったそうです。その後のパートナー、アンナ・ムグラリスとの間に娘が一人いるとのこと。

2017年公開予定「Chien」を制作中とか。

ラモン・デ・エスパーニャ

Ramon De Espana
( 1件 )

「優しく殺して」の監督ですが、他の作品が日本で紹介されていません。と思ったら監督作品はこれ一本ですね。脚本家としては84年「Últimas tardes con Teresa」以外はテレビの仕事をしておられるようです。「優しく殺して」には出演もしているようです。どの人だろう。