ぼくのエリDVD発売

どこかの劇場でちらっと予告編を見て「おっ」と大注目して以来、見たくて見たくて仕方のなかった「ぼくのエリ」(2008)です。
予告編、最初はいいのですがちょっとしつこくてバレ気味だったので途中目を伏せてみないフリをしていたほど見る気満々でした。各方面何やら高評価らしい噂もちらほらですが、上映館(京都シネマ)の嘘の予定表に騙され、観る予定日にはもう終わっていたという酷い目に遭わされ、その後もよしではあっちで見よう、と次の上映館に目星を付ければこれまた時間が空く日には上映終了、昨日見ようと思った神戸でもすでに終了、と、とことんご縁がないまま見る機会を失いました。これから見ようと思ったら近場は愛知か熊本か・・・。

意外と人気なかったのね。思うに、つまらない副題を邦題に付けたのが原因だな。

というわけで失意の矢先にDVD化を発見して胸を撫で下ろしたのでございます。いやしかし、DVD化早いですね。公開から3年後とは言え国内ではつい先日ですからね。よし来年まで待とう。

ぼくのエリ 200歳の少女 [DVD]
2011年2月4日発売
Amazon 予約 3999円→2953円

 

[広告]

コメントを残す