「スリー☆ポイント」5月公開

我らが兄貴、山本政志監督が2007年「聴かれた女」以来となる「スリー☆ポイント」を製作、国難の最中5月にいよいよ公開です。

映画製作の数々の困難に直面し、半ばヤケクソで放つインディペンデンスのパンク魂。痺れるぜ。「スリー☆ポイント」撮影前は監督のツイートも加熱し、私もつい感染して京都のオーディションに出向こうとか撮影の手伝いに行こうとか思ったほどです。

「スリー☆ポイント」は京都・沖縄・東京の三つの場所を舞台にした作品で、映画的フリー・インプロヴィゼーションとドキュメントとドラマの三位一体というもののようです。断じてオムニバス的作品ではない、という公式さんツイートを受けて「オムニバス的」という記述を削除しました。どんな内容か全く知りませんが、とても楽しみです。わくわく。予告編が公開されましたので早速チェック。

2011年5月7日〜 京都シネマ先行ロードショー
2011年5月中旬  渋谷ユーロスペース 他全国ロードショー

東京 ユーロスペース
横浜 ジャック&ベティー
高崎 シネマテーク高崎
松本 松本シネマセレクト
新潟 シネウインド
名古屋 シネマスコーレ
京都 京都シネマ
大阪 シネヌーボー
広島 横川シネマ
沖縄 桜坂劇場
他 順次全国公開

普段京都は辺境の片田舎なので待っても待ってもドサ周りの映画が来ないんですが、今回は先行ロードショーです。光栄ですね。これは行かねばの娘。

-->「スリー☆ポイント」公式

スリー☆ポイント予告編



[広告]

コメントを残す