特集:世の終わりと絶望

世の終わりと絶望の名作映画特集です。
震災の日ということで、がんばろうとか未来に向かってとか、みんなの偉い言葉をよそに、映画感想ブログではどん底落ち込み系特集なんぞを。

特集:世の終わりと絶望

 

まずはなんと言ってもこの三本です。この三本はセットです。世の終わり絶望御三家。

サクリファイス

タルコフスキーの遺作。実際には世の終わりそのものを描いていませんが、平常に辟易している主人公が世の終わりを前にして一瞬「望んでいた世界が来た」と思い、その後に別の感覚を露わにします。

メランコリア

「サクリファイス」の新解釈とも言えるこちらは完璧に世界の終末。終末を迎える姉妹を描きます。姉と妹は共に世界と自分の違和感の中にいます。

ニーチェの馬

宇宙の創造が「光あれ」で始まる7日間だとすれば、宇宙の終焉は光が消え去るまでの6日間というわけで。
終焉にさしかかる絶望のその時、感情を排し日々のルーティンに埋没するだけの人間(と馬)を描くという目から鱗の終末映画。

*

もう一本、意外な傑作が最近ありました。

テイク・シェルター

世界終末を予見する男の狂気。狂気と言えばこのひと、 マイケル・シャノンの名演技でのけぞり。
オカルトやパニックSF系の映画にすんなり溶け込める人ほどがつーんとくるでしょう。

*

さらにファンタジックになりますが、世の終わり系と言えば他にも良い映画がありました。

ザ・ロード

こういうの以外にも、ファンタジーやSFやホラー系なんかでは世の終わりを描くことは珍しくありません。「ゾンビ」なんかもそうですし。
ここに挙げたのは、わりと最近の(一本例外ありますが)深めのぐっとくる作品ってことで。
他に良いのがあれば教えてください。

 

特集記事ということで、追記します。

大天才ミヒャエル・ハネケの「タイム・オブ・ザ・ウルフ」が終末映画でした。しかも素晴らしい出来映えの大傑作。ただの絶望ではなく、希望もあります。2003年の映画でした。

さらに追記するのは、おふざけバージョンです。
コメディで、個人的に大好物の「エンド・オブ・ザ・ワールド 世界の終わりに何とか」というスペイン映画。これはもうほんとに最高です。
世の終わりかもしれませんが、絶望もなにもありません。ただ面白いだけです。

あまり面白くはないけど個性的で印象に残るへんてこ映画では、やっぱりスペイン映画の「ザ・エンド」ってのがあります。おっとまだ感想文書いてなかった。書いたらリンクしとこっと。

[広告]

コメント