一覧生成
24件の記事がありました

現在の並び: Default -
表示・非表示をコントロールできます

サマー・ヴェンデッタ

BODOM

1960年に起きた未解決殺人事件を再確認しようと若者男女4人組が湖へやって来ます。そんでもって、案の定恐ろしい事が起きてくるというフィンランド映画祭で上映されたホラー・スリラー。「BODOM」こと「サマー・ヴェンデッタ」という映画です。

"サマー・ヴェンデッタ" の続きを読む

コントラクト・キラー

I Hired a Contract Killer

真面目に勤めてきた仕事を失い人生に絶望した男が自死を決意するも上手くいかず、ついに殺し屋に自分殺害を依頼します。
アキ・カウリスマキ1990年の労働者階級サスペンス喜劇。

"コントラクト・キラー" の続きを読む

ル・アーヴルの靴みがき

Le Havre

フランス北部の港町ル・アーヴル。以前はボヘミアン生活を送っていた元芸術家のマルセルは今では靴みがき。最愛の妻と忠実な犬とともに暮らしています。
アキ・カウリスマキ2011年の新作映画は、心揺さぶられるボヘミアンと移民の街の社会派ファンタジー。大絶賛。

"ル・アーヴルの靴みがき" の続きを読む

ラヴィ・ド・ボエーム

La Vie de bohème

芸術家3人がパリを舞台にボヘミアン生活。アーティストの生き方がハードボイルドであることを端的に示すアキ・カウリスマキ1992年の傑作。

"ラヴィ・ド・ボエーム" の続きを読む

レニングラード・カウボーイズ、モーゼに会う

Leningrad Cowboys Meet Moses

我らがレニングラード・カウボーイズふたたび。というわけで前作「レニングラード・カウボーイズ・ゴー・アメリカ」の続編。

"レニングラード・カウボーイズ、モーゼに会う" の続きを読む

レニングラード・カウボーイズ・ゴー・アメリカ

Leningrad Cowboys Go America

フィンランドの架空ロックバンド「レニングラード・カウボーイズ」が世界のスーパースターを目指し豪腕マネージャと共にアメリカに渡ります。
ご存じレニングラード・カウボーイを産み落としアキ・カウリスマキの名を轟かせた89年フィンランド映画。

"レニングラード・カウボーイズ・ゴー・アメリカ" の続きを読む

100,000年後の安全

Into Eternity

福島原発事故を受けて国内上映予定を繰り上げ、全国展開の公開を実現した話題の廃棄物処理施設ドキュメンタリー。

"100,000年後の安全" の続きを読む

10ミニッツ・オールダー: The Cello

Ten Minutes Older: The Cello

15人の巨匠監督による10分の短編映画を集めた2本のオムニバスのうちの一編「The Cello」

"10ミニッツ・オールダー: The Cello" の続きを読む

10ミニッツ・オールダー: The Trumpet

Ten Minutes Older: The Trumpet

15人の巨匠監督による10分の短編映画を集めた2本のオムニバスのうちの一編「The Trumpet」

"10ミニッツ・オールダー: The Trumpet" の続きを読む

カラマリ・ユニオン

Calamari Union

カラマリ・ユニオン(烏賊墨同盟)の15人の男たち。名はフランク。もうこれ以上故郷の地におれない。思い出は詰まっていて辛いが、理想郷エイラを目指して旅立とうではないか。ルートは自由だ。険しいが頑張ってくれ。以上だ。

"カラマリ・ユニオン" の続きを読む

トータル・バラライカ・ショー

Total Balalaika Show

1993年、ヘルシンキで行われたコンサート。レニングラード・カウボーイズと、旧ソ連の退役軍人による楽団アレクサンドロフ・アンサンブルとの夢の共演。

"トータル・バラライカ・ショー" の続きを読む

キッチン・ストーリー

Salmer fra kjøkkenet

スウェーデンのHFI(家庭調査協会)による独身男性の台所における行動パターンの調査。ベント・ハーメルがお届けするソリッド・シチュエーション・人情コメディの傑作。

"キッチン・ストーリー" の続きを読む

ダーウィンの悪夢

Darwin's Nightmare

東アフリカ、ビクトリア湖の魚ナイルパーチの加工や流通を通して、グローバル経済の現実の一部を描き出すドキュメンタリーもちろん社会派。

"ダーウィンの悪夢" の続きを読む

ハムレット・ゴーズ・ビジネス

Hamlet Goes Business

現代ビジネス版ハムレットということで、アキ・カウリスマキ作品の中では若干の変わり種。サスペンスフルで古典的でB級っぽい、真面目なのかふざけているのか。

"ハムレット・ゴーズ・ビジネス" の続きを読む