一覧生成
42件の記事がありました

現在の並び: Default -
表示・非表示をコントロールできます

ウルフ・アット・ザ・ドア

Wolves at the Door

ジョン・R・レオネッティ監督による世にも恐ろしい犯罪の映画「ウルフ・アット・ザ・ドア」です。ホラー好き猟奇好き血みどろ大好きMovieBooですが良心も僅かに残されています。「ウルフ・アット・ザ・ドア」の感想は二重人格のように真っ二つ。

"ウルフ・アット・ザ・ドア" の続きを読む

PK

PK

「きっと、うまくいく」のラージクマール・ヒラニ監督が同じくアーミル・カーンを主演に宗教をおちょくりまくり、同時に基本的な道徳心と愛の心を嫌味なく散りばめた映画を作りました。2014年「PK」が人気すぎてまだときどきどこかで公開しています。

"PK" の続きを読む

カスパー・ハウザーの謎

Jeder für sich und Gott gegen alle

ヴェルナー・ヘルツォーク監督1974年の「カスパー・ハウザーの謎」がリマスター発売され飛びつきます。19世紀ドイツの謎、身元不明の野生児カスパー・ハウザーを描いた映画ですが、ヘルツォークがこの実話をどのように映画作品としたのかに興味ありました。

"カスパー・ハウザーの謎" の続きを読む

孤独のススメ

Matterhorn

印象的なチラシで興味をひいた「孤独のススメ」はオランダの映画。孤独なおじさんが謎の男と出会う一種のハートフル系コメディですが油断しているとちょっと予想外の展開に驚愕したのち心動かされたりします。

"孤独のススメ" の続きを読む

神様メール

Le tout nouveau testament

ジャコ・ヴァン・ドルマルの新作映画「神様メール」は神様の娘が6人の使徒を探し出し新たな新約聖書を作ろうとする物語。ちびっ子ファンタジックコメディで垢抜けたジャコの素敵な一品。

"神様メール" の続きを読む

クリーブランド監禁事件

Cleveland Abduction

記憶にも新しい(かもしれない)オハイオ州クリーブランドの誘拐監禁事件を描いた映画です。感想があっちこっちに広がりまくります。

"クリーブランド監禁事件" の続きを読む

V/H/S ネクストレベル

V/H/S 2

POVの技法を用いたホラー監督たちの競作。メインストーリーの中で次々に再生されるVHSテープの短編というユニークな方式の「V/H/S」パート2。今回はベテラン監督も登場してパワーアップしてますか。

"V/H/S ネクストレベル" の続きを読む

永遠の語らい

Um Filme Falado

歴史学者の女性が幼い娘とふたりで船旅をします。飛行士である夫とインドで落ち合うためですが、いい機会だからゆっくり各地を回り知見を広めようとポルトガルから地中海の国々を巡るのです。
世界最高齢の映画監督マノエル・ド・オリヴィエラが放つ驚異の知性派ロードムービー「永遠の語らい」を観て歴史の果てまで持って行かれ、腰が抜けました。文明、歴史、国、言語、人智、宗教、衝突、世界、時間・・・驚愕の映画がここにあります。

"永遠の語らい" の続きを読む

昔々、アナトリアで

Bir zamanlar Anadolu'da

刑事検事に犯人警官穴掘り人に軍警察、むさ苦しい男たちがぞろぞろと車で荒野を移動しております。いや荒野でなくて畑や湧き水もありますが、不安感掻き立てる何もない小アジアの田舎の一角です。ここで何をしているかというと死体を探しているのです。

"昔々、アナトリアで" の続きを読む

ラスト・エクソシズム2 悪魔の寵愛

The Last Exorcism Part II

「ラスト・エクソシズム」の続編、パート2です。近頃この手のパート2が立て続けに出ております。さてこの「ラスト・エクソシズム2」は完全に前作の続きです。ですが映画のテイストは全く異なります。なかなか挑戦的なパート2です。

"ラスト・エクソシズム2 悪魔の寵愛" の続きを読む

さすらいの女神たち

Tournée

フランスでかつて有名だったプロデューサーのジョアキム(マチュー・アマルリック)が今ではアメリカでニュー・バーレスクのショーをプロデュースしておりまして、その彼がショーガールたちを引き連れて祖国フランスでのツアーを開始しています。

"さすらいの女神たち" の続きを読む

恐怖ノ黒洋館

The Last Will and Testament of Rosalind Leigh

2013年の「シッチェス映画祭”ファンタスティック・セレクション」で紹介されたカナダからの贈り物。家出して以来長らくご無沙汰していた息子が、母親から相続するお屋敷にやってきます。実話を元にしたとの触れ込みで、これ、ネタバレ全開で感想文行きます。

"恐怖ノ黒洋館" の続きを読む

サイレントヒル

Silent Hill

同名のゲームを「ジェヴォーダンの獣」のクリストフ・ガンズが映画化。
ジョデル・フェルランドがまだちょっと小さい頃に出演していると聞いて観てみました。

"サイレントヒル" の続きを読む

宮廷画家ゴヤは見た

Goya's Ghosts

18世紀末のマドリッドを舞台に、神父ロレンソと商人の娘イネスの運命を、ふたりの肖像画を描いた巨匠ゴヤの目を通して描くああなってこうなってあんななってこんななってしまう激動系物語。
カッコーの巣の上で」「アマデウス」のミロス・フォアマン監督が、ハビエル・バルデム、ナタリー・ポートマン、ステラン・スカルスガルドを迎えて放ちます。

"宮廷画家ゴヤは見た" の続きを読む

スノータウン

Snowtown

オーストラリアで1999年に発覚し世間を賑わせた殺人事件についての実話ベースの物語。リアリズムの技法で徹底的に描く貧困と正義と暴力。ずっしり重苦しく、胃がごろごろ言うような不快感と絶望を感じて気分が落ち込むこと請け合い。

"スノータウン" の続きを読む

世界最古の洞窟壁画 忘れられた夢の記憶

Cave of Forgotten Dreams

1994年にフランスで発見されたショーヴェ洞窟、その奥底にあった3万2千年前の洞窟壁画です。この貴重な洞窟壁画をヴェルナー・ヘルツォーク監督がドキュメンタリー映画として完成させました。めまいがするほど美しい最古の洞窟壁画をご覧あれ。

"世界最古の洞窟壁画 忘れられた夢の記憶" の続きを読む

別離

جدایی نادر از سیمین‎

些細なすれ違いが大きく膨らみみんなが雪崩れるソシアルドメスティックミステリードラマの近代映画最高峰。
世界的に注目されているイランの新鋭アスガー・ファルハディ監督・脚本のドラマ「別離」は普通の意味で歴史に残っていい名作映画。誰が見ても高評価、誰が見ても面白い、こんな映画観ないと損損。

"別離" の続きを読む

アンチボディ

Antikörper

変態猟奇殺人犯の男と田舎の警官が対峙します。いわゆる「羊たちの沈黙」とか「セブン」とかの系統の、犯人と警官の対話による心理戦系サイコスリラー。そういう系ですがなかなかよくできてます。

"アンチボディ" の続きを読む

星の旅人たち

The Way

息子を失った男の、聖地を目指す巡礼の旅を描きます。
エミリオ・エステヴェス監督が父であるマーティン・シーンを主演にお送りする真っ当で正当な心温まり系ロードムービー。

"星の旅人たち" の続きを読む

ルルドの泉で

Lourdes

聖地ルルドの巡礼ツアーに参加したマヒの女性とその周辺。ルルドを描き、巡礼ツアーを描き、人々を描ききる、オーストリア女流監督ジェシカ・ハウスナー2009年会心の一撃。これは凄いの一言。

"ルルドの泉で" の続きを読む

デビル・インサイド

The Devil Inside

エクソシストものです。ドキュメントフィルム撮影中という設定のPOVです・・・。ありゃ。どこかで聞いたような設定ですね。でもいいんです。エクソシストものですから気にしない。

"デビル・インサイド" の続きを読む

バベットの晩餐会

Babettes gæstebud

19世紀、ユトランドの海辺の小さな村の小さな出来事。牧師の娘マーチーネとフィリッパに魅了される二人の男、数十年後に家政婦として姉妹の世話になるフランスから亡命してきた女性バベット、そして村人たちです。

"バベットの晩餐会" の続きを読む

ちいさな哲学者たち

Ce n'est qu'un début

幼稚園ドキュメンタリーです。パリ近郊の教育優先地区で行われた幼稚園での哲学の授業、その試み2年間の軌跡。
人間は考えるちびっ子でである。

"ちいさな哲学者たち" の続きを読む

ゴースト・オブ・チャイルド

No-Do

数十年の昏睡から目覚めた女性、子育てノイローゼの母親、古い曰く付きの屋敷、そして儀式の謎。アナ・トレントを主演にお送りするスペイン名物オカルト・コンプレックスのゴシックホラー。

"ゴースト・オブ・チャイルド" の続きを読む

ツリー・オブ・ライフ

The Tree of Life

テレンス・マリック監督が放つ久々の作品はノスタルジック父と子マクロミクロコスモス信仰道徳生と死家族人生鬱々きらきら映像叙事詩。第64回カンヌ国際映画祭でパルムドール受賞。

"ツリー・オブ・ライフ" の続きを読む

サクリファイス

Offret

アンドレイ・タルコフスキーの遺作「サクリファイス」つまり犠牲です。世界の終わりと対峙する苦悩する男の物語。
どうしても見なければならないと思って、震災と同じ日の前日、この映画に挑みました。

"サクリファイス" の続きを読む

アレクサンドリア

Ágora

アレハンドロ・アメナーバルの歴史大作「Agora」、日本ではどうなったんだよー、って思っていたら「アレクサンドリア」という邦題で紹介されていました。

"アレクサンドリア" の続きを読む

アメリカン・クライム

An American Crime

1965年に起きたバニシェフスキー家の虐待事件を映画化した作品。実話ベース、虐めの構図。

"アメリカン・クライム" の続きを読む

アンチクライスト

Antichrist

2009年のカンヌで物議を醸したラース・フォン・トリアーの怪作。セックスの最中に子を亡くした夫婦のショックと自責と恐怖と罪そして悪魔。

"アンチクライスト" の続きを読む

リトル・ランボーズ

Son of Rambow

「銀河ヒッチハイクガイド」のガース・ジェニングスによるちょっとノスタルジックな少年映画制作物語。対照的な2人の少年が出会い、ビデオカメラで「ランボー」もどき映画を撮影開始。

"リトル・ランボーズ" の続きを読む

ヴェラ・ドレイク

Vera Drake

1950年のイギリス。主婦ヴェラ・ドレイクはやさしくて勤勉で献身的。家政婦として働き、年寄りの面倒を見、困った人がいれば助けます。

"ヴェラ・ドレイク" の続きを読む

ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習

Borat: Cultural Learnings of America for Make Benefit Glorious Nation of Kazakhstan

カザフスタンのテレビレポーター、ボラットに扮してアメリカに赴き、文化交流と称して人々と出鱈目に接するモキュメンタリー。

"ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習" の続きを読む

ダーウィンの悪夢

Darwin's Nightmare

東アフリカ、ビクトリア湖の魚ナイルパーチの加工や流通を通して、グローバル経済の現実の一部を描き出すドキュメンタリーもちろん社会派。

"ダーウィンの悪夢" の続きを読む