一覧生成
1378件の記事がありました

複数項目による絞り込み
表示・非表示をコントロールできます

ゴースト・ストーリーズ ~英国幽霊奇談~

Ghost Stories

イギリスで大ヒットしたホラー舞台劇をその作り手たちが自ら映画化したゴースト・ストーリーズ。偽降霊術を暴く教授が三件の事例を依頼され調査に出向きます。

“ゴースト・ストーリーズ ~英国幽霊奇談~” の続きを読む

年始に劇場や自宅で観たい映画をいくつか 2018年1月

更新途絶えて忘れ去られつつあるMovieBooです。すっかりタイムトラベラーで一年が数ヶ月で過ぎ去ってしまうため追いつきません。年末年始に観たい映画って何だろうなと思ってるうちにもう年始になってしまったりします。

“年始に劇場や自宅で観たい映画をいくつか 2018年1月” の続きを読む

ZIPPER/ジッパー エリートが堕ちた罠

ZIPPER

議員にもなろうとかという真面目なエリート検察官がひょんな事から高級娼婦の遊びを覚えてしまってさあたいへんという「ZIPPER」は、パトリック・ウィルソンの持ち味も全開でのびのび演じる実はわりとイケてる映画。

“ZIPPER/ジッパー エリートが堕ちた罠” の続きを読む

アナベル 死霊館の人形

ANNABELLE

「死霊館」に登場した呪い人形アナベルを描いた別枠映画。「死霊館」の主人公ウォーレン夫妻は登場せず「死霊館」以前のお話、いわば前日譚のような呪い人形についてのお話です。

“アナベル 死霊館の人形” の続きを読む

ヴィジョン 暗闇の来訪者

Visions

交通事故のPTSDから立ち直っていない妊婦さんが旦那と共に葡萄畑でワインを作ろうと田舎に越してきます。のどかないいところに見えますが奥さんはちょっと不安です。一人で家にいますと妙な物音を聞いたり人の気配を感じたり恐怖を体験します。

“ヴィジョン 暗闇の来訪者” の続きを読む

死霊館 エンフィールド事件

The Conjuring 2

実在した心霊研究夫婦を扱った真っ当オカルト映画「死霊館」のパート2、こないだ日本で公開していました。「インシディアス」が大好きですが「死霊館」もたいそう印象が良い。それでパート2も観なければ。というかぜひ拝見させてください。で、観ました。これは力入ってます。

“死霊館 エンフィールド事件” の続きを読む

ザ・ボーイ ~人形少年の館~

The Boy

「ザ・ボーイ 少年人形の館」は住み込みベビーシッターの女性が人形の世話を頼まれてハァ?ってなりながらやがて案の定いろいろと怖いことになっていくというホラー映画。

“ザ・ボーイ ~人形少年の館~” の続きを読む

歌え! ジャニス・ジョプリンのように

JANIS et JOHN

上映中(もう終わったか?)の「アスファルト」が天下無敵の大傑作だったので未見だったサミュエル・ベンシェトリ監督2003年の「歌え!ジャニス・ジョプリンのように」を慌てて観ます。

“歌え! ジャニス・ジョプリンのように” の続きを読む

今やってたりこれからやる映画メモ 2016〜2017年末年始

今やっていたりこれから公開する映画のメモ、2016年年末から2017年年始編。とりあえず目に付いたものを。随時追記の可能性もありますが。「ミューズ・アカデミー」「皆さま、ごきげんよう」「エリザのために」などうおーっって叫ぶレベルの作品たっぷりこん。

“今やってたりこれからやる映画メモ 2016〜2017年末年始” の続きを読む

スリーピング・ボイス 〜沈黙の叫び

La voz dormida

フランコ独裁政権時代、内乱敗者の家族や恋人である女性たちが収監されたマドリードの刑務所についての告発的映画。「スリーピング・ボイス」は、当時の生き残りたちの取材を元に書かれたドゥルセ・チャコンの小説を原作に制作された歴史に向き合う力作。

“スリーピング・ボイス 〜沈黙の叫び” の続きを読む

スポットライト 世紀のスクープ

Spotlight

新聞記者たちのスクープに関する実話ベースの職業ドラマ、トム・マッカーシー監督の「スポットライト」は優しい目線と職業人への尊敬が滲み出る良質なドラマ。

“スポットライト 世紀のスクープ” の続きを読む

Dizzone the movie

 かつて「汚れなき祈り」の感想の中にこんなことを書きました。

見たくて見たくてたまらないんです。絵は絶対に映りません。悶絶死します。
これは個人的ですがかつて見た悪夢なんです。その悪夢についてはいずれ漫画にでも。
汚れなき祈り

 映画のシーンを見てかつての悪夢を思い出したという一節ですが漫画にせずスケッチのようなスライドを作りライブでお披露目することにしました。チルドレンクーデターが出演するライブのお知らせです。

“Dizzone the movie” の続きを読む

スリーピング・タイト 白肌の美女の異常な夜

Mientras duermes

ジャウマ・バラゲロ監督2011年の「スリーピング・タイト」は夜な夜な女性の部屋に忍び込む屈折した犯罪者を描くサイコスリラーで最大の気持ち悪さと同時に哀れと味わいをも堪能できる変態リトマス試験紙のような乙な作品。

“スリーピング・タイト 白肌の美女の異常な夜” の続きを読む

マリア・ボネヴィー 

スウェーデンの女優。「ヴェラの祈り」と「真夜中のゆりかご」で同じような役をやっております。怪しいです。いえ、この方が怪しいんじゃなくてスサンネ・ビアが…

若い頃は助産婦になりたかったそうです。

インシディアス 序章

Insidious: Chapter 3

待ってましたの「インシディアス」パート3、Chapter 3です。一部の人を虜にしている新たなエンタメホラーシリーズ、今回は前日譚的で邦題も「序章」と謳ってます。

“インシディアス 序章” の続きを読む

暴走車 ランナウェイ・カー

El desconocido

銀行支店長のカルロス(ルイス・トサル)が娘と息子を車で送ってから出勤しようとしていると携帯が鳴って「車に爆弾を仕掛けた。通報したり降りたら爆発する。金を口座に入金しろ」と脅迫してきてさあたいへん。安っぽい邦題とは裏腹に、19ノミネート4部門受賞の本気サスペンス。

“暴走車 ランナウェイ・カー” の続きを読む

チャイルド44 森に消えた子供たち

Child 44

1950年代のソ連を舞台にした連続殺人のミステリースリラー。子供が犠牲になる猟奇連続殺人事件と揉み消しにかかる国家権力、元孤児で国家保安省エリートのレオ(トム・ハーディ)が事件や国家に対峙します。トム・ロブ・スミス「チャイルド44」の映画化。

“チャイルド44 森に消えた子供たち” の続きを読む

トラブゾン狂騒曲 ~小さな村の大きなゴミ騒動~

Müll im Garten Eden

トルコの小さな村で起きるゴミ処理場を巡る問題を5年間にわたり撮影したというファティ・アキン渾身の告発ドキュメンタリー。

“トラブゾン狂騒曲 ~小さな村の大きなゴミ騒動~” の続きを読む

V/H/S ファイナル・インパクト

V/H/S: VIRAL

手持ちカメラ視点(POV)によるホラー系オムニバス「V/H/S」シリーズの三作目。「モンスター」のジャスティン・ベンソンとアーロン・ムーアヘッド、ジワジワ系監督ナチョ・ビガロンドが参加しているので観ないわけにはいかない本作ですが、パート3の悪夢にうなされる割とどうでもいい1本。

“V/H/S ファイナル・インパクト” の続きを読む

NAKED マン・ハンティング

El rey de la montaña

ガソリンスタンドで財布を盗まれ、山道でいきなり銃撃され、逃げ惑ううちに森で道に迷い、もうどうすりゃいいの、と最悪の状況。正体不明の何者かに森で狙われるホラーテイストスリラー「NAKED マン・ハンティング」を行きがかり上、観ました。

“NAKED マン・ハンティング” の続きを読む

V/H/S ネクストレベル

V/H/S 2

POVの技法を用いたホラー監督たちの競作。メインストーリーの中で次々に再生されるVHSテープの短編というユニークな方式の「V/H/S」パート2。今回はベテラン監督も登場してパワーアップしてますか。

“V/H/S ネクストレベル” の続きを読む

バージニア その町の秘密

virginia

シングルマザーのバージニア(ジェニファー・コネリー)は息子と二人暮らしで奇行が目立つ変わった女性です。閉鎖的な海辺の街で暮らす母親と息子のアンチ・ホームドラマ

“バージニア その町の秘密” の続きを読む

V/H/S シンドローム

V/H/S

POVの技法を用いた若手ホラー監督たちの競作。メインストーリーの中で次々に再生されるVHSテープの短編というユニークな方式の本作はオムニバスというよりアンソロジーの装い。若さと勢いに満ちた監督たちの力作。

“V/H/S シンドローム” の続きを読む

オープン・ウォーター 第3の恐怖

La piel azul

ヨットの若者たちが海に飛び込みますが梯子をかけるのを忘れていて船に戻れません。海の事故を描いた「オープン・ウォーター」と関係ないけどよく似た設定のスペイン産ぱちもんオープン・ウォーター。

“オープン・ウォーター 第3の恐怖” の続きを読む

モンスター 変身する美女

Spring

ジャンル映画へのチャレンジ、ホラーと青春ラブロマンスの完全融合「モンスター 変身する美女」は傷心の男と不思議女子によるイタリア湯けむり恋の逃避行。

“モンスター 変身する美女” の続きを読む

2015 12-12年忘れMonster Night

 2014年10月で更新が止まったままだったMovie Booですが、何とかかんとか、また更新し始めました。「直近に観た映画の感想」を標榜していましたが、しばらくは1年〜2年の間に観た映画の感想とか、時期を逃したやつとか、そういう感じになるかと思います。またひとつおつきあいのほどを。

“2015 12-12年忘れMonster Night” の続きを読む

消えた画 クメール・ルージュの真実

L'image manquante

1975年にカンボジアを掌握したポル・ポト率いるクメール・ルージュが行った大粛正。記録映像の多くが失われていることもあり、これを語るために犠牲者が葬られた土から作った人形を用いて歴史を描き出す映画です。

“消えた画 クメール・ルージュの真実” の続きを読む

今やってたりこれからやったりする映画メモ 2014年晩夏

なかなか映画に行けないですね。時間も取れません。劇場に通うことが習慣になってるような人を除いてみんなそうですよね。
観たい映画をメモしていても大抵は公開が終わってから思い出したりする程度です。それでも時々メモしたりしてます。

んで、時々追記してたりもします。
追記したので日付を誤魔化して今日書いたかのように改変しました。

“今やってたりこれからやったりする映画メモ 2014年晩夏” の続きを読む

モンティ・パイソン ある嘘つきの物語 ~グレアム・チャップマン自伝~

A Liar's Autobiography: The Untrue Story of Monty Python's Graham Chapman

グラハム・チャップマンが生前執筆した自伝を元に製作されたアニメ作品。モンティ・パイソンのメンバーが吹き替えで参加したり、その後の復活大イベントなどに繋がる一連のムーブメントのわりと最初のほうで公開されとにかく話題沸騰で興奮状態だったそういう作品です。

“モンティ・パイソン ある嘘つきの物語 ~グレアム・チャップマン自伝~” の続きを読む

メゾン ある娼館の記憶

L'Apollonide

19世紀末から20世紀初頭にかけて、パリの高級娼館アポロニドの娼婦たちを描きます。優雅で背徳的、そして美しくて洒落たフランス映画。でも何かが重くのし掛かります。

“メゾン ある娼館の記憶” の続きを読む

ノア 約束の舟

Noah

洪水伝説でお馴染み、聖書に出てくるノアを新解釈で映画化するというのはダーレン・アロノフスキーの若い頃のネタで悲願だったのだとか。で、やっちまったぜぼくらのダーレン・アロノフスキー。

“ノア 約束の舟” の続きを読む

ラスト・エクソシズム2 悪魔の寵愛

The Last Exorcism Part II

「ラスト・エクソシズム」の続編、パート2です。近頃この手のパート2が立て続けに出ております。さてこの「ラスト・エクソシズム2」は完全に前作の続きです。ですが映画のテイストは全く異なります。なかなか挑戦的なパート2です。

“ラスト・エクソシズム2 悪魔の寵愛” の続きを読む

ヘルベンダーズ 地獄のエクソシスト

Hellbenders

「mute ミュート」の奇才J・T・ペティ監督の2012年作品。酒とドラッグとセックスに溺れた生え抜きエクソシスト軍団それがヘルベンダーズだ。

“ヘルベンダーズ 地獄のエクソシスト” の続きを読む

WEEKEND BLUES

WEEKEND BLUES

内田けんじ監督の自主制作による実質的デビュー作。彼女に振られて人生の希望を見失った男が友人宅で妙な薬を飲んだあとに気を失い、その間に自分が何をしたのか記憶にない。巻き込まれる事件と顛末。

“WEEKEND BLUES” の続きを読む

プライズ ~秘密と嘘がくれたもの

El premio

母親と7歳の娘が海風吹きすさぶ掘っ立て小屋で暮らします。母は厳しい表情、子は・・・ちびっ子映画の快挙を堪能できる凄いやつ。映画はずっしり辛い系です。

“プライズ ~秘密と嘘がくれたもの” の続きを読む

ハッシュパピー ~バスタブ島の少女~

Beasts of the Southern Wild

巨大な堤防によって隔絶された南部のバスタブ島に暮らす少女の物語です。
若手監督が良作を引っさげて業界を驚かせた貧困とファンタジーのちびっ子映画。

“ハッシュパピー ~バスタブ島の少女~” の続きを読む

ホビット 竜に奪われた王国

The Hobbit: The Desolation of Smaug

「ホビット 思いがけない冒険」の続編、「ホビット 竜に奪われた王国」です。
前回の最後はお山を目指してさあ出発しようってところでした。今回続きなのでお山を目指してさらに進みます。

“ホビット 竜に奪われた王国” の続きを読む

クロッシング・ザ・ブリッジ 〜サウンド・オブ・イスタンブール〜

Crossing the Bridge

東西文化の合流地点イスタンブールにノイバイテンのアレキサンダー・ハッケが赴き、様々な音楽家を訪ねて文化と音楽を探るドキュメンタリー。ファティ・アキン2005年の作品。

“クロッシング・ザ・ブリッジ 〜サウンド・オブ・イスタンブール〜” の続きを読む