シャーロット・ランプリング

Charlotte Rampling
シャーロット・ランプリング

「未来世紀ザルドス」と「愛の嵐」がどちらも1974年の映画でしたか。87年「エンゼル・ハート」のあとは2000年「まぼろし」で個人的に度肝を抜かれました。「スイミング・プール」(2003)など、フランソワ・オゾン作品にもよく出ておられます。

近年はここぞというところで登場する役柄も目立ちます。
「わたしを離さないで」2010
「メランコリア」2011
「ブリューゲルの動く絵」2011
「17歳」2013

2015年「さざなみ」では、ベルリン国際映画祭 銀熊賞、全米映画批評家協会賞 主演女優賞、ロサンゼルス映画批評家協会賞 主演女優賞、ボストン映画批評家協会賞 主演女優賞、ヨーロッパ映画賞 女優賞、ロンドン映画批評家協会賞 主演女優賞、インディワイアー映画批評家協会賞 主演女優賞を受賞という、たいへんなことになっております。

「さざなみ」は2016年に日本でも上映されます。

シャーロット・ランプリング の記事一覧

コメント

コメント