一覧生成
48件の記事がありました

記事の並び替えができます

複数項目での絞り込み

表示・非表示をコントロールできます
1

バジュランギおじさんと、小さな迷子

Bajrangi Bhaijaan

インドで迷子になったパキスタンのちびっ子に出会って面倒を見る羽目になった純粋男がその子を親の元へ届けようとする映画「バジュランギおじさんと、小さな迷子」の感想文をなぜ今書くか。もちろん、この映画がインドとパキスタンに関するハートフル映画だからです。

“バジュランギおじさんと、小さな迷子” の続きを読む

2 3

バルバラ セーヌの黒いバラ

Barbara

マチュー・アマルリック監督がシャンソン歌手バルバラについての映画を作ったというので話題だった2017年「バルバラ」が2018年冬から日本でも公開され、これぞザ・フランス!の威力をまき散らしました。

“バルバラ セーヌの黒いバラ” の続きを読む

4

サンセット

Napszállta

「サウルの息子」で度肝を抜いたネメシュ・ラースロー監督の新作「サンセット」が公開され、観る者を混乱に陥れていました。取り扱い要注意の映画体験。

“サンセット” の続きを読む

5

カスパー・ハウザーの謎

Jeder für sich und Gott gegen alle

ヴェルナー・ヘルツォーク監督1974年の「カスパー・ハウザーの謎」がリマスター発売され飛びつきます。19世紀ドイツの謎、身元不明の野生児カスパー・ハウザーを描いた映画ですが、ヘルツォークがこの実話をどのように映画作品としたのかに興味ありました。

“カスパー・ハウザーの謎” の続きを読む

6

アスファルト

Asphalte

フランスの団地映画「アスファルト」は団地に住む何組かの男女が紡ぐ日常と非日常のちょっとした物語で、そのちょっとした物語に世界と人類を包み込む宇宙的規模の博愛と懇篤を含ませた奇跡の逸品。

“アスファルト” の続きを読む

7

エル・クラン

EL CLAN

裕福で幸せそうなプッチオ家のお話、アルゼンチン映画「エル・クラン」の緊張感と可笑しさと恐怖と衝撃は一体全体何事か。

“エル・クラン” の続きを読む

8

ロブスター

The Lobster

「籠の中の乙女」のヨルゴス・ランティモス監督2015年の映画「ロブスター」は有名スター共演の英語ドラマでジャンル不詳の偏執狂的批判的ニュータイプニューウェーブSFディザスターラブロマンス行動心理学ナンセンスコメディの怪作にして傑作。地獄とギャグで逆接的愛の証と生きる意味。

“ロブスター” の続きを読む

9

クリーブランド監禁事件

Cleveland Abduction

記憶にも新しい(かもしれない)オハイオ州クリーブランドの誘拐監禁事件を描いた映画です。感想があっちこっちに広がりまくります。

“クリーブランド監禁事件” の続きを読む

10

あの日のように抱きしめて

Phoenix

1945年敗戦直後のベルリンに収容所から生還した歌手ネリーはピアニストの夫を探しますが、再会した夫は死んだ筈の妻とは気づかない。「東ベルリンから来た女」のスタッフ、キャストによる2014年の映画「あの日のように抱きしめて」は惚れ惚れする映像表現に酔い愛と戦争の不憫に悶絶する傑作にしてニーナ・ホスの姿が焼き付く壮絶な一本。

“あの日のように抱きしめて” の続きを読む

11

マジカル・ガール

Magical Girl

新鋭カルロス・ベルムトの映画「マジカル・ガール」はオタク世代のニュータイプ・ノワールにして哀れを誘う踏み外し系人間模様にして新たなスパニッシュムービーの一つの境地。

“マジカル・ガール” の続きを読む

12

パプーシャの黒い瞳

Papusza

ジプシーの女性詩人の伝記的映画「パプーシャの黒い瞳」は美しい映像とジプシーの史実と描写に優れた貴重な一本。

“パプーシャの黒い瞳” の続きを読む

13

グリーン・インフェルノ

The Green Inferno

環境活動の学生がアマゾン奥地のジャングルで原住民に捕まって食われます。モンド映画や食人族映画へのオマージュにとどまらず、新たな価値観と斬新かつ巧みなストーリー展開にて近年映画史上最高峰の大傑作。

“グリーン・インフェルノ” の続きを読む

14

アンジェリカの微笑み

O Estranho Caso de Angélica

マノエル・ド・オリヴェイラ監督2010年の「アンジェリカの微笑み」は小さな町で死者に魅せられた青年を描く幻想的な物語。彼が取り憑かれたのは美女なのか歴史なのか。

“アンジェリカの微笑み” の続きを読む

15

永遠の語らい

Um Filme Falado

歴史学者の女性が幼い娘とふたりで船旅をします。飛行士である夫とインドで落ち合うためですが、いい機会だからゆっくり各地を回り知見を広めようとポルトガルから地中海の国々を巡るのです。
世界最高齢の映画監督マノエル・ド・オリヴェイラが放つ驚異の知性派ロードムービー「永遠の語らい」を観て歴史の果てまで持って行かれ、腰が抜けました。文明、歴史、国、言語、人智、宗教、衝突、世界、時間・・・驚愕の映画がここにあります。

“永遠の語らい” の続きを読む

16

ポルトガル、ここに誕生す〜ギマランイス歴史地区

Centro Histórico

ポルトガル、世界遺産のギマラインス歴史地区を題材に4人の監督による短編を集めたオムニバス映画。監督はアキ・カウリスマキ、ペドロ・コスタ、ビクトル・エリセ、マノエル・ド・オリヴェイラの4人です。

“ポルトガル、ここに誕生す〜ギマランイス歴史地区” の続きを読む

17

昔々、アナトリアで

Bir zamanlar Anadolu'da

刑事検事に犯人警官穴掘り人に軍警察、むさ苦しい男たちがぞろぞろと車で荒野を移動しております。いや荒野でなくて畑や湧き水もありますが、不安感掻き立てる何もない小アジアの田舎の一角です。ここで何をしているかというと死体を探しているのです。

“昔々、アナトリアで” の続きを読む

18

インポッシブル

Lo imposible

家族旅行中にスマトラ島沖地震による大津波に遭ってしまった家族のドラマです。被災してから家族ががんばり抜く話と聞いて「ふーん」と最初思いましたが監督がJ・A・バヨナと聞きそれは聞き捨てならん何が何でも観なければと観た「インポッシブル」は並みのファミリー映画とは訳が違います。

“インポッシブル” の続きを読む

19

プライズ ~秘密と嘘がくれたもの

El premio

母親と7歳の娘が海風吹きすさぶ掘っ立て小屋で暮らします。母は厳しい表情、子は・・・ちびっ子映画の快挙を堪能できる凄いやつ。映画はずっしり辛い系です。

“プライズ ~秘密と嘘がくれたもの” の続きを読む

20

堀の中のジュリアス・シーザー

Cesare deve morire

重罪で服役中の囚人たちが「ジュリアス・シーザー」を演じるという映画です。巨匠タヴィアーニ兄弟がレビッビア刑務所とコラボって製作されたという異色作品。

“堀の中のジュリアス・シーザー” の続きを読む

21

クスクス粒の秘密

La graine et le mulet

移民が多く暮らす港町の港湾労働者として長年働いてきた61歳スリマーヌは、労働時間を半分に減らすか解雇と宣告されてしまいます。アラブ移民の家族の物語。これはすごい。これは凄いです。

“クスクス粒の秘密” の続きを読む

22

マルメロの陽光

El sol del membrillo

驚くほど作品数の少ないビクトル・エリセが「エル・スール」の10年後に撮ったのは芸術家アントニオ・ロペス=ガルシアのドキュメンタリー映画。もはやこれはドキュメンタリーという括りや単なる映像詩なんて言葉では到底語りきれない至福の映画体験をもたらします。

“マルメロの陽光” の続きを読む

23

コンプライアンス 服従の心理

Compliance

米国で10年間にわたって起きていた「身体検査いたずら電話詐欺事件」を忠実に映画化。「こんなのにだまされるなんて」と一見誰もが被害者を小馬鹿にするような感想を持つかもしれないがそれこそ罠。そして「コンプライアンス 服従の心理」は映画作品としても最高の出来映え。

“コンプライアンス 服従の心理” の続きを読む

24

瞳は静かに

Andrés no quiere dormir la siesta

1977年軍事政権がクーデターを起こして政権を取った直後の頃のアルゼンチン、登場するのはちびっ子アンドレス8歳です。病院勤務の素敵な母と楽しく暮らしております。しかし悲劇が起き、それを境にアンドレスの世界が変わります。彼を取り巻く世界とその住人を見つめるアンドレスの瞳に震えが止まらない。

“瞳は静かに” の続きを読む

25

イノセント・ボイス 12歳の戦場

Voces Inocentes

内戦下にあるエルサルバドル、戦場と化している小さな村を舞台に、12歳になると徴兵される少年チャバの身に降りかかる過酷な現実。実話ベースの物語。戦争と恐怖と貧しい村の日常と非日常。

“イノセント・ボイス 12歳の戦場” の続きを読む

26

オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ

Ony Lovers Left Alive

ジム・ジャームッシュ2013年新作映画は珍しくも吸血鬼のお話。でも「オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ」の吸血鬼は音楽家で文学者で哲学者で詩人のボヘミアンたち。文化と社会に言及し、洒落と知性に満ちた理想世界のファンタジーを見せてくれる最高の一本。

“オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ” の続きを読む

27 28 29

汚れなき祈り

După dealuri

孤児院で育った女性ふたり。ひとりは修道院に、もうひとりはドイツで過ごしていました。ドイツにいた彼女が修道院にやってきます。「いっしょにドイツ行こ」「あたしはここの暮らしがいいの」
「4ヶ月、3週と2日」のクリスティアン・ムンジウ監督が強烈な一発をかまします。

“汚れなき祈り” の続きを読む

30

最終爆笑計画

Spanish Movie

スペイン映画のためのスペイン映画パロディ映画、大ヒットしたいくつかの作品をベースに、スペイン映画ファンなら思わずにんまりの、力が抜けてお馬鹿で雑な(褒めことばです)その名も最終爆笑計画こと「スパニッシュムービー」

“最終爆笑計画” の続きを読む

31

キリマンジャロの雪

Les neiges du Kilimandjaro

不況の波が押し寄せるマルセイユ。人員整理の首切りがくじによって行われています。不況の港町を舞台に、ある中年夫婦に起きた事件とその顛末。

“キリマンジャロの雪” の続きを読む

32

スノー・タウン

Snowtown

オーストラリアで1999年に発覚し世間を賑わせた殺人事件についての実話ベースの物語。リアリズムの技法で徹底的に描く貧困と正義と暴力。ずっしり重苦しく、胃がごろごろ言うような不快感と絶望を感じて気分が落ち込むこと請け合い。

“スノー・タウン” の続きを読む

33

さあ帰ろう、ペダルをこいで

Светът е голям и спасение дебне отвсякъде

ブルガリアの近代史を背負う祖父と、共産党政権時代にドイツに移った娘夫婦の子、つまり孫の物語。事故のショックで記憶を失った孫に祖父バイ・ダンがとことん絡みます。記憶と共に、喪失した何かを取り戻すブルガリアまでの旅です。ハートウォーミング系ロードムービーかつ激動の社会派かつバックギャモン映画の最高峰。
祖父バイ・ダンを「アンダーグラウンド」のミキ・マノイロヴィッチが演じます。

“さあ帰ろう、ペダルをこいで” の続きを読む

34

気狂いピエロの決闘

Balada triste de trompeta

すさまじい威力。面白すぎてたいへんなことになります。ホラーにコメディにスプラッター。政治的社会派シリアスDVドラマから森のファンタジーに娯楽大活劇まで。狂乱の大傑作。

“気狂いピエロの決闘” の続きを読む

35

愛、アムール

Amour

病に倒れた妻と介護する夫。ミヒャエル・ハネケ2012年の最新作は老夫婦の愛と介護の息詰まる映画。
夫ジョルジュをジャン=ルイ・トランティニャン、妻アンヌをエマニュエル・リヴァが演じます。
ある日病に倒れる妻、介護する夫の映画です。時々現れてやきもきする娘エヴァをイザベル・ユペールが演じます。淡々と強烈な愛そして孤独。

“愛、アムール” の続きを読む

36

希望の国

希望の国

映画「希望の国」は、福島原発事故からほど遠くない時期に起きた再度の原発事故というSF的設定で、警戒区域ぎりぎりに家を持つ酪農家一家の人々がどうなっていくかを描きます。
原発事故とは何なのか、この国に希望はあるのか。園子温が2012年に大急ぎで撮った「原発事故2年以内時点」でのある種の総括。言い訳無用の日本人必見映画。

“希望の国” の続きを読む

37

世界最古の洞窟壁画 忘れられた夢の記憶

Cave of Forgotten Dreams

1994年にフランスで発見されたショーヴェ洞窟、その奥底にあった3万2千年前の洞窟壁画です。この貴重な洞窟壁画をヴェルナー・ヘルツォーク監督がドキュメンタリー映画として完成させました。めまいがするほど美しい最古の洞窟壁画をご覧あれ。

“世界最古の洞窟壁画 忘れられた夢の記憶” の続きを読む

38

変態男

Ordinary Man

「変態男」という邦題を付けられたこの映画、オリジナルタイトルは「凡人」です。ホラーでもスプラッタでも色物系低品質映画でもありません。
ヨーロッパの新鋭監督による変な路線の良作を日本に紹介する変態箱シリーズ、その中でも「変態村」と並ぶ屈指の出来映え。

“変態男” の続きを読む

39

この自由な世界で

It's a Free World...

移民労働者の職業斡旋業を始めたシングルマザーの奮闘記。彼女の仕事と移民の事情、底辺労働者と底辺自営業者の勘違いとド根性。これが自由な世界に生きる道。ケン・ローチ会心の一撃。

“この自由な世界で” の続きを読む

40

アンダーグラウンド

Подземље

エミール・クストリッツァ監督1995年作品。怒濤のユーゴ近代史を総括するミクロでマクロで悲惨で可笑しく、戦慄で驚愕でコミカルで歌と踊り、リアリズムを超えたリアリティとファンタジーを超えたファンタジー、超が付く現実、人間と動物と大人と子供と社会の喧噪と狂乱、映画史に刻まれる20世紀末の一大傑作。

“アンダーグラウンド” の続きを読む

41

ル・アーヴルの靴みがき

Le Havre

フランス北部の港町ル・アーヴル。以前はボヘミアン生活を送っていた元芸術家のマルセルは今では靴みがき。最愛の妻と忠実な犬とともに暮らしています。
アキ・カウリスマキ2011年の新作映画は、心揺さぶられるボヘミアンと移民の街の社会派ファンタジー。大絶賛。

“ル・アーヴルの靴みがき” の続きを読む

42

バビロンの陽光

ابن بابل

2003年、フセイン政権崩壊直後のイラクで旅する祖母と孫。戦地から戻らない息子を僅かな手がかりで探す女性イブラヒムと、顔も知らない父が残した笛を手にする少年アーメッドは、ヒッチハイクをし、バスを乗り継ぎ、イラクの北の果てから南の果てまで旅します。
どうぞご覧あれ。すべての人にお勧めしたい旅の物語。

“バビロンの陽光” の続きを読む

43

メランコリア

Melancholia

憂鬱という惑星が地球に迫る状況で、ジャスティンとクレアの姉妹が対峙する世界と己、絶望と破滅、混乱と秩序、宇宙的規模の小さな心。
ラース・フォン・トリアーが描く世界の終わりはこちらです。深い感銘をもたらす大傑作にして人類が見ておかねばならない映画のひとつ。

“メランコリア” の続きを読む

44

ルイーサ

Luisa

ブエノスアイレスで猫と暮らすおばさんルイーサを描く映画「ルイーサ」です。きりりと身を引き締めて規則正しく日課をこなすこの老齢近い女性に、ある日不幸が折り重なってやってきます。

“ルイーサ” の続きを読む

45 46

アメリカン・クライム

An American Crime

1965年に起きたバニシェフスキー家の虐待事件を映画化した作品。実話ベース、虐めの構図。

“アメリカン・クライム” の続きを読む

47

イン・マイ・スキン

DANS MA PEAU

監督、脚本、製作、主演と全てをこなしたマリナ・ドゥ・ヴァンがお届けする年頃女性の心の襞。どろどろのぐちょぐちょ。苦悩、欲望、緊張、孤独、不安、狂気・・・。求めるものは救済か破滅か自己同一性の確保か。「イン・マイ・スキン」は油断できない映画。

“イン・マイ・スキン” の続きを読む

48

エレンディラ

Eréndira

おばあちゃんと豪邸に暮らして女中のような扱いを受けているエレンディラは、過労と睡眠不足でうっかり火事を出してしまい豪邸は丸焼け、「この損害は計り知れないよ」と、おばあちゃんはエレンディラに売春で金を稼がせます。
ガルシア・マルケスの短編を映画化。美しく儚く強い少女エレンディラの物語。マジックリアリズムの大傑作。

“エレンディラ” の続きを読む