分類について

分類について

分類について

分類について説明します。映画作品の情報のひとつであると同時に、記事リストを絞り込むための要素でもあります。

カテゴリー一覧 にすべての分類があります

公開年

公開年の図(一覧) 公開年(シングル)

その作品が公開された年です。公式サイト、他情報サイトなどで確認したその映画の最初の公開年です。

公開年 > 年代 > 年 というふうに階層(親子関係)があります。

公開年は映画作品ひとつにつきただ一つの値を持っています。

親子関係一番上の階層「公開年」は「全ての映画」と一致します。したがって「公開年」クリックは「全公開年の絞り込み」すなわち、全記事の抽出と一致します。

製作国

製作国の図(一覧) 製作国(シングル)

製作国です。
こちらも、製作国 > 地域 > 国 というふうに階層(親子関係)があります。

製作国は映画作品ひとつに複数の値を持つことがあり得ます。

親子関係一番上の階層「製作国」は「全ての映画」と一致します。したがって「製作国」クリックは「全製作国の絞り込み」すなわち、全記事の抽出と一致します。

ジャンル

ジャンルの図(一覧) ジャンル(シングル)

ジャンルです。ジャンルに分けるってどういうことか、考え始めたらキリがなくなりますがここでは主観に基づくいい加減な分類になります。いわゆるジャンル映画という言い方がありますが、そうするとジャンル映画じゃない映画にはジャンル分けは本来不要ということになります。でも何となく無理矢理ジャンルに付けてます。

タグ

タグ

本文から拾ったある種のキーワードです。単に本文中にその言葉が登場したらタグとして自動登録されるので、タグが必ずしも内容と合致しているとは限りません。ジャンルの補完として使えるかどうかはわかりませんが、一応タグを置いております。

評価・好き嫌いについて

ナイスマーク

映画感想ブログで映画の評価などできるものかと息巻いていましたが、好き嫌いはあります。 記事が増えてきて、自分が気に入ってる映画にしるしでもつけておこうかなと軽い気持ちでこの項目を作ってみました。あくまで主観、あくまで好き嫌いですが、人はそれを評価と呼びます。小さなアイコンで表示されています。

5段階 + 上下に2つ

評価軸は基本5段階です。傑作、とてもいい、普通に良い、惜しい、残念です。真ん中は「普通に良い」です。だいたいの映画は好きなので真ん中は普通というより良いになります。

rating-sevens-face 中央5個
5 4 3 2 1の普通の5段階

この5段階の上限にもう一つずつあって、大絶賛と嫌いですが、7段階評価の体をなしています。でも実は評価軸が全く異なります。

rating-sevens-face-mark_07 + rating-sevens-face 中央5個 + rating-sevens-face-mark_01

7段階の両端は評価軸が異なります

何かというと超が付く個人的な尺度を上下に付け加えたものです。トップは人生に影響を与えたレベルの作品、ボトムは大嫌いな作品です。そこに映画作品の善し悪しはあまり関係ありません。いや、関係ありますか、少しありますけど基本善し悪しじゃなく好き嫌いです。

という、こんな感じで物事を判りにくくしております。

当てにしないでください

さらに、心は移ろいやすく好き嫌いも絶賛評価も日に日に変わります。

そんなわけで、いずれにせよ個人的な感想で、客観的な物差しで評価したり点数を付けているわけではございません。