ハイ・ライフ

High Life

クレール・ドニ監督の2018年新作「ハイ・ライフ」は詩的で抽象的な文芸調SF。やや覚悟が必要ですがキャスティングにも惹かれます。

本文を読む

たちあがる女

Woman At War
たちあがる女
公開年:
2018
製作国:
監督:
出演:
  • ハルドラ・ゲイルハルズドッティル
  • ヨハン・シグルザルソン
  • ヨルンドゥル・ラグナルソン

ベネディクト・エルリングソン監督「たちあがる女」は、ニュータイプ・モダン・メタフィクション・ファンタジー・アクションアドベンチャー女性奮闘環境ヒーロー自立と母性コメディ音楽映画の巨頭。

本文を読む

今さら言えない小さな秘密

Raoul Taburin
今さら言えない小さな秘密
公開年:
2018
製作国:
監督:
出演:

伝説を持つ匠の自転車屋が実は自転車に乗れなかったという「今さら言えない小さな秘密」を気軽な牧歌的コメディとして観てもいい。でも実はけっこう気合いの入った映画だったりします。

本文を読む

ツバル

Tuvalu
ツバル
公開年:
1999
製作国:
監督:
出演:

つい最近公開していた「ブラ!ブラ!ブラ!」を見逃してしまい悔し泣きにむせぶ筆者はその哀しみを癒やすためにファイト・ヘルマー監督の長編映画デビュー作「ツバル」を入手してこれを初めて観ます。結果はそりゃあもう。

本文を読む

手紙は憶えている

Remember

老人がある目的を持って老人ホームを脱出、旅に出ます。老人のほのぼのロードムービーでしょうか。違います。

本文を読む

ストレイ 悲しみの化身

Tvar
ストレイ 悲しみの化身

恐ろしい子を養子にしてしまう夫婦のお話、良作と駄作の境界、ロシアのホラー「ストレイ 悲しみの化身」で学べる物語る技術。

本文を読む

メイヘム

O Animal Cordial
メイヘム
公開年:
2017
製作国:
監督:
出演:
  • ルシアナ・パエス
  • ムリーロ・ベニシオ
  • イランヂール・サントス

閉店間際のレストラン内で起きる事件を描いた映画「メイヘム殺人晩餐会」は、変な邦題をものともしない良作で観る価値大ありの絶賛映画。

本文を読む

新聞記者

新聞記者
新聞記者
公開年:
2019
製作国:
監督:
  • 藤井道人
出演:
  • シム・ウンギョン
  • 松坂桃李
  • 本田翼

時事ネタをストーリーに組み込んだことで一部から好意的に迎えられた一見社会派職業人映画ですが悲しくなるほどの出来栄え「新聞記者」映画感想。この映画を気に入っている人は読まないでください。

本文を読む

シェフ

Chef

実力あるシェフがレストランをクビになりフードトラックから出直そうというお話。2014年「シェフ 三つ星フードトラック始めました」は最高に気分が良くなり食欲が増す楽しい映画のチャンピオン。

本文を読む

ディストピア パンドラの少女

The Girl With All The Gifts

2016年の「ディストピア パンドラの少女」はSFホラーちびっ子映画ですがジャンルを超えた傑作
本文を読む

シークレット・ヴォイス

Quién Te Cantará
シークレット・ヴォイス
公開年:
2018
製作国:
監督:
出演:

「マジカル・ガール」のカルロス・ベルムト監督2018年「シークレット・ヴォイス」は母と娘、唯一無二と模倣、夢と挫折、スペイン歌謡堪能型ずっしり系の物語。
本文を読む

シークレット・エスケープ パリへの逃避行

The Escape
シークレット・エスケープ パリへの逃避行
公開年:
2017
製作国:
監督:
  • ドミニク・サヴェージ
出演:

若い主婦が子育て鬱の不満を溜め込んだあげくに逃避行しちゃうという映画「エスケープ」はジェマ・アータートン以外に何か価値があるのか

本文を読む

ワイルドライフ

Wildlife

2019年の夏に公開していたポール・ダノ監督作品「ワイルドライフ」です。ポール・ダノって俳優じゃないの?俳優の夢である自分の映画作りました。初監督作品、家族のお話です。

本文を読む