一覧生成
11件の記事がありました

表示・非表示 コントロール
1 2 3

カランジル

Carandiru

ブラジル、サンパウロのカランジル刑務所(サンパウロ刑務所)で1992年に起きた虐殺事件を描いた実話ベースの物語です。虐殺事件を描きますが、本編の中心は刑務所内の医師が面談する囚人たち個々のお話です。開放的でこれがかなり最高。超面白い。絶品。人生に必要な一本。ヘクトール・バベンコ2003年の作品。

本文を読む

4

ロスト・フロア

Séptimo

スペイン産スリラーでベレン・ルエダが出てて邦題の頭に「ロスト」が付くシリーズではないがシリーズみたいにリリースしているシリーズ、今回は「ロスト・フロア」をご紹介します。床が消える話ではありません。アパート内で、子供が消えるんです。

本文を読む

5

ル・コルビュジエの家

El hombre de al lado

リフォームの改装工事をめぐるお隣さん同士のトラブルを描きますが、その家がル・コルビュジエが設計した家ということで、トラブルと名建築家の建物とおかしな人と摩訶不思議な出来事を堪能できるテーマ分散型不条理設定のモダンムービーにございます。そうとう面白い。

本文を読む

6

瞳は静かに

Andrés no quiere dormir la siesta

1977年軍事政権がクーデターを起こして政権を取った直後の頃のアルゼンチン、登場するのはちびっ子アンドレス8歳です。病院勤務の素敵な母と楽しく暮らしております。しかし悲劇が起き、それを境にアンドレスの世界が変わります。彼を取り巻く世界とその住人を見つめるアンドレスの瞳に震えが止まらない。

本文を読む

7 8

テトロ 過去を殺した男

Tetro

フランシス・フォード・コッポラ製作脚本監督、ヴィンセント・ギャロを主演に迎えてのラテン・ビート映画。これは一体、何と言えばいいのか。

本文を読む

9

ルイーサ

Luisa

ブエノスアイレスで猫と暮らすおばさんルイーサを描く映画「ルイーサ」です。きりりと身を引き締めて規則正しく日課をこなすこの老齢近い女性に、ある日不幸が折り重なってやってきます。

本文を読む

10

瞳の奥の秘密

El secreto de sus ojos

裁判所を定年退職したベンハミンは、忘れようにも忘れられない25年前に扱った事件についての小説を書き始めています。かつての職場を訪ね、元上司のキャリア、イレーネと再会。25年前の暴行殺人事件について腑に落ちない思いを巡らせます。

本文を読む

11

僕と未来とブエノスアイレス

EL ABRAZO PARTIDO

ブエノスアイレスにある下町の商店街(ガレリア)を舞台に描く青春+人情劇。
第54回ベルリン国際映画祭審査員特別大賞と最優秀男優賞を受賞。

本文を読む