フィッシュ・タンク

FISH TANK
フィッシュ・タンク
公開年:
2009
製作国:
監督:
製作:
製作総指揮:
脚本:
撮影:
主演:
  • ケイティ・ジャーヴィス
出演:

労働者階級の団地に住む荒くれ少女ミアの物語です。昼間から酒を飲みだらしなく男を連れ込む母親、ミアと同じくらい言葉の汚い妹と暮らしています。貧乏地帯貧乏アパート澱んだ空気狭い世界、こんな世界はいやだこんな小汚い水槽の中で腐るのは厭だ。イギリスの不況系ピュア系少女の青春映画。

フィッシュ・タンク

すんごく分かり易い青春映画の設定です。貧乏暮らしの閉塞感に満ちた世界にイラついているミアは友達と喧嘩してハミゴ(仲間はずれ)にされたり家ではだらしない母親と罵りあいをしたり、鬱憤溜まりまくりの不良少女です。手入れの行き届かない水槽であっぷあっぷしているメダカのような存在です。鎖に繋がれた老馬に自らを投影して逃がしてやろうとして大変な目にあったりもします。下町貧乏地帯で育ったもんだから天の邪鬼で言葉も汚くて捻くれています。でもたったひとつダンスが好きです。ひとりこっそりダンスをしているときだけちょっと生きている実感を持っていたりします。そういう少女ミアの物語です。

こういう設定だけを見たら「く、くっさ〜」となるかもしれませんが、なんと、この設定で進行する話なのにとても良くてですね、すっごく面白いんですよ。意外でしょ。でも面白いし、よく出来てるし、いい映画です。意外でしょ。しつこい。

ややだらしなくも見える母親が男を連れ込んでくるわけですが、年頃少女のミアは最初性的な刺激を受けたりしつつ、徐々に母親の恋人にも惹かれていきます。その話と、ダンスのオーディションがんばってみるか、っていうポジティブな根性物語も進行しつつですね、そんな中で日常的に描かれるのは不愉快面したミアの捻くれ具合や汚い言葉の不良物語です。いろんな少女の暗部や青春部分が詰まっています。

青臭さはベースにありますが、そんなこと気にもならないほど渋い仕上がりにちょっと驚きますね。監督のアンドレア・アーノルドのきめ細やかな演出のたまものでしょうか。ストーリーも一見地味ながら実はとてもバラエティに富んでいてシークエンスの展開はあれよあれよの物語性とリアリズムの技法で捉えた胸に迫る心理表現で波瀾万丈でのめり込めます。

口汚く罵る言葉の応酬の中には妙なおかしさが詰まっていて下町系汚い言葉系のディテールも堪能できますし、どんな映画でも細部が丁寧な映画を褒めますがこの映画もまさにそうです。映画の後半にいたってはちょっと信じられないくらい緊張感みなぎった展開となりまして、こういうストーリーの配置もかなりのものです。ここは見ていて息が止まります。

全て見終わって、やっぱり基本的に青い物語ですが、でもやっぱりぐっとくる凄いシーンの連続でもあり、よい青春映画と思います。カンヌ受賞も伊達じゃありません。

主人公を熱演したケイティ・ジャーヴィスは演技経験のない素人であったのだとか。この映画を貫くリアリズムはこの子の表情や素人臭さにも起因します。ダンスだって、それなりの角度で撮ってますが何かさほどのものじゃないんですね。でもそういう素人臭さを逆手に取った演出が成功を収めたと思います。
さらに、ストーリーの中でかなりきめの細かい演技も必要とされていて、これはこれできっちりできてます。また、やや衝撃的なシーンなんかもやり遂げてます。このケイティ・ジャーヴィスという子は、映画内のミアと同じくらい根性の座った女の子であると確信できますよ。普通の素人にこんな芸当できっこありません。

母親の恋人でとても怪しい演技を披露するのはマイケル・ファスベンダーで、まあ怪しいったらありません。でもいい人です。いい人だけど怪しくて悪いやつでもあります。でも根はいい人なんです。しつこい。
ただの変人とか悪人に留まらない絶妙なシナリオとなっていまして、最後のほうのシーンでも随所に絶妙加減が表現されています。だからこちらもかなりリアリティあります。

登場人物でいえばわけのわからん妹とか、それから一見だらしない悪い母親みたいな母親なんかも、一面だけに留めない性格の多様さをきっちり描きます。なにせこの監督、細やかです。
アンドレア監督は女優経験もあるおばさま監督で、汚い言葉や労働者階級の底辺への上っ面じゃない愛情なんかを感じさせるいい演出をしました。

なんか突然思い立って少女の青春映画を観たわけですが、イギリス名物の不況ものシリーズとしても堪能できるし、思春期になったじゃりん子チエみたいな感じで楽しむことが出来るという、そんな妙な一本となりました。
むしゃくしゃした少女と、むしゃくしゃした少女を見て楽しむ髭の変態オヤジにお勧めです。

予告編はこんな感じです。

第62回カンヌ国際映画祭審査員賞
英国アカデミー賞作品賞

[広告]

コメントを残す