アントニオ・デ・ラ・トレ

Antonio de la Torre

スペイン、アンダルシア地方生まれ。スペインを代表する俳優でプロデューサーでもある。お気に入りの映画にたくさん出ておられます。
1990年頃より短編やテレビシリーズに出演。
「どつかれてアンダルシア」1999
「みんなのしあわせ」2000
「ボルベール」2006
「蒼ざめた官能」2006
「ベビー・ルーム」2006
「チェ 39歳 別れの手紙」2008
「気違いピロの決闘」2010
「マルティナの住む街」2011
などたくさん。いろんな役で。

アントニオ・デ・ラ・トレ の記事一覧