今やっていたりこれから公開したりもう終わって悔しかったりする映画メモ2019年初秋

夏の終わりから秋にかけての映画です。今やっていたりこれから公開したり、もう終わってしまって嘆いていたりしている映画メモ、2019年初秋編。

今やっていたりこれから公開したりもう終わって悔しかったりする映画メモ2019年初秋

マーローボーン家の掟

永遠のこどもたち」「インポッシブル」のJ・A・バヨナ監督が製作総指揮、そして同じ「永遠のこどもたち」「インポッシブル」の脚本家、セルヒオ・G・サンチェスが監督したという記念すべき一本。

夏どころか2019年の春にやっていて、知らなくて完全に見逃しました。でもそろそろDVDも出るだろうし配信などで観れると思うのでそれ待ち。

公式サイト:http://okite-movie.jp

ゴーストランドの惨劇

伝説の名作「マーターズ」鋭かった「トールマン」、我らがパスカル・ロジェ監督6年ぶりの新作。楽しみにしているうちに8月で公開終わってました。でもまだこれから上映するところがわずかにあります。

公式サイト:http://ghostland-sangeki.com

劇場情報: http://ghostland-sangeki.com/theater/

誰もがそれを知っている

傑作映画製造マシン、アスガー・ファルハディです。全作品が桁外れの名作かつ傑作で最強の面白さ!この監督の新作を見逃すなんて人としてどうなんですか。でもすっかり見逃しました\(^o^)/

今作はいつもと違いペネロペ・クルス、ハビエル・バルデムのスペインスター夫婦キャスティングでスペイン語映画でとても華やかでありまして、アラブっぽさが微塵もありません。どんななのでしょう。

公式サイト:https://longride.jp/everybodyknows/

まだ観るチャンスありますか。劇場情報ではいくつか上映中だったり9月に上映だったり記述が残ってますね。

劇場情報 https://eigakan.org/theaterpage/schedule.php?t=everybodyknows

イット・カムズ・アット・ナイト

長編デビュー作「クリシャ」が高評価、奇才トレイ・エドワード・シュルツ監督による2作目。よく判らないが期待に胸膨らみまくります。

公式サイト:https://gaga.ne.jp/itcomesatnight/

ドッグマン

リアリティー」「ゴモラ」「五日物語」のマッテオ・ガローネ監督の「ドッグマン」、これも良さそうですよ。Movieboo筆者は「ドッグマン」を見る前に感想書かねばと「五日物語」の下書きして準備万端でしたが8月から公開、近隣では間もなく公開ですがちゃんと行けるのかどうか。頼むよ(何を)

公式サイト:http://dogman-movie.jp

ワンス・アポン・ア・タイム・インハリウッド

問答無用、タランティーノです。

公式サイト:http://www.onceinhollywood.jp/

まさに今やってます。シャロン・テートを演じているマーゴット・ロビーが「アバウト・タイム」の脇役だったことを書くためだけに「アバウト・タイム」をポストして準備していましたが行けるかどうか。個人的に今ちょっと動きにくいのでこんなに良い映画がたくさんあるのに出向けないかもしれなくて哀しい。

ジョーカー

ヴェネチア国際映画祭で金獅子賞を受賞、実力派ホアキン・フェニックス主演で見応えありそう。

公式サイト:http://wwws.warnerbros.co.jp/jokermovie/

存在のない子供たち

「キャラメル」のナディーン・ラバキー監督です。2019年7月から公開、でも9月10月、11月まで全国ドサ回り中でまだいけます。

Movieboo筆者はこの映画のために未見だった「キャラメル」を見て完全に目がハート。「存在のない子供たち」は見逃したくない一本です。

公式サイト:http://sonzai-movie.jp/

劇場情報 https://eigakan.org/theaterpage/schedule.php?t=capharnaum

グッバイ・ゴダール

ステイシー・マーティンたら、すっかり出世していて、ヴェネチアでは審査委員もやってるんですよ。野心家ですね。でも実力も根性もありますから。この人がいるとぐっと注目してしまいますからね。ゴダールの夫婦の話にはほとんど興味ないのですが単なるステイシー贔屓です。

公式サイト:https://gaga.ne.jp/goodby-g/


ということで、もう終わってる映画も含めていくつかメモを残しました。

 

[広告]

コメント