一覧生成
31件の記事がありました

現在の並び: Default -
複数項目による絞り込み
表示・非表示をコントロールできます

エル・クラン

EL CLAN

裕福で幸せそうなプッチオ家のお話、アルゼンチン映画「エル・クラン」の緊張感と可笑しさと恐怖と衝撃は一体全体何事か。

“エル・クラン” の続きを読む

我らの生活

La nostra vita

愛する妻エレナと二人の幼い息子を持つ現場監督クラウディオです。妻は三人目を妊娠中。陽気で頑張り屋でやや出鱈目なこの労働者の家族と労働のナチュラル系ドラマ。

“我らの生活” の続きを読む

フィッシュ・タンク

FISH TANK

労働者階級の団地に住む荒くれ少女ミアの物語です。昼間から酒を飲みだらしなく男を連れ込む母親、ミアと同じくらい言葉の汚い妹と暮らしています。貧乏地帯貧乏アパート澱んだ空気狭い世界、こんな世界はいやだこんな小汚い水槽の中で腐るのは厭だ。イギリスの不況系ピュア系少女の青春映画。

“フィッシュ・タンク” の続きを読む

山椒大夫

山椒大夫

1954年、溝口健二監督の「山椒大夫」です。森鴎外の小説を脚色して映画化、でも元はといえば説話「さんせう太夫」つまりお子さんにも馴染みの「安寿と厨子王」です。映像美の極致と言っていいでしょう。

“山椒大夫” の続きを読む

クスクス粒の秘密

La graine et le mulet

移民が多く暮らす港町の港湾労働者として長年働いてきた61歳スリマーヌは、労働時間を半分に減らすか解雇と宣告されてしまいます。アラブ移民の家族の物語。これはすごい。これは凄いです。

“クスクス粒の秘密” の続きを読む

イントルーダーズ

Intruders

ファンタジックでホラーテイストでスペインとイギリスの二つの物語で子供の読み物や物語の創作が骨子となるよいアイデアのスリラー。良いんですけどそうでもなく、そうでもないけど悪くない、褒めたいけど貶せない、あぁむずむずする、微妙な作品。

“イントルーダーズ” の続きを読む

キリマンジャロの雪

Les neiges du Kilimandjaro

不況の波が押し寄せるマルセイユ。人員整理の首切りがくじによって行われています。不況の港町を舞台に、ある中年夫婦に起きた事件とその顛末。

“キリマンジャロの雪” の続きを読む

月曜日に乾杯!

Lundi Matin

今頃初めて観たオタール・イオセリアーニ監督2002年の「月曜日に乾杯」は家や村や町や観光名所や酒や煙草やおじさんや若者や老人たちやいろんな人の魅力に満ちた不思議世界の緩やか模様で映画的魅力の宝庫でこれ大好き。

“月曜日に乾杯!” の続きを読む

ローラーとバイオリン

КАТОК И СКРИПКА

アンドレイ・タルコフスキーが28歳の時に映画大学の卒業制作として作った作品。
若い頃の作品なのでどれほど尖った作品かと思ったらこれがまあ少年と労働者青年のふれあい物語。これ、普通にめちゃんこ面白いのでほんとに驚いた。

“ローラーとバイオリン” の続きを読む

フランス、幸せのメソッド

Ma part du gâteau

変なタイトルを見て逃げ出さないでください。セドリック・クラピッシュ監督の人情コメディ、ちょっとだけ社会情勢なんかも取り入れた大人の女の奮闘記です。

“フランス、幸せのメソッド” の続きを読む

この自由な世界で

It's a Free World...

移民労働者の職業斡旋業を始めたシングルマザーの奮闘記。彼女の仕事と移民の事情、底辺労働者と底辺自営業者の勘違いとド根性。これが自由な世界に生きる道。ケン・ローチ会心の一撃。

“この自由な世界で” の続きを読む

明日へのチケット

Tickets

エルマンノ・オルミ、アッバス・キアロスタミ、ケン・ローチの巨匠監督三人によるコラボレーション。列車を舞台に三監督による三つの物語が描かれます。三つの物語ですが、全体として一本の長編映画のようにシームレスに結合。しっとりしててコミカルで不思議でちょっとドキドキしてプチ感動あり。

“明日へのチケット” の続きを読む

トロール・ハンター

Trolljegeren

ノルウェーの山奥で密猟者を取材しようと意気込む3人の大学生。彼らが出会うのは熊ではなく・・・北欧の妖精トロールであった。なんとトロールは実在したのだっ。 “トロール・ハンター” の続きを読む

コントラクト・キラー

I Hired a Contract Killer

真面目に勤めてきた仕事を失い人生に絶望した男が自死を決意するも上手くいかず、ついに殺し屋に自分殺害を依頼します。
アキ・カウリスマキ1990年の労働者階級サスペンス喜劇。

“コントラクト・キラー” の続きを読む

テイク・シェルター

Take Shelter

大災害による終末の恐怖に囚われた男の物語。悪夢は災害の予知なのか、精神疾患なのか。家族のためにシェルターを整備します。
完璧な脚本、見事な演技、圧倒的な完成度。大絶賛。こんなの知らなんだ。なんだこれは。

“テイク・シェルター” の続きを読む

ル・アーヴルの靴みがき

Le Havre

フランス北部の港町ル・アーヴル。以前はボヘミアン生活を送っていた元芸術家のマルセルは今では靴みがき。最愛の妻と忠実な犬とともに暮らしています。
アキ・カウリスマキ2011年の新作映画は、心揺さぶられるボヘミアンと移民の街の社会派ファンタジー。大絶賛。

“ル・アーヴルの靴みがき” の続きを読む

イゴールの約束

La Promesse

外国人の違法労働を斡旋したり面倒を見たり搾取してかすめ取ったりして生計を立てている父とその子イゴールの物語。怪しい父、手伝う息子、働く外国人。
ジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌの兄弟監督の名を世界に轟かせた長編映画3作目の「イゴールの約束」は、身の丈世界の事件を通して人間の社会的生物的事象を切り取ります。

“イゴールの約束” の続きを読む

世界侵略:ロサンゼルス決戦

Battle: Los Angeles

世界中に来襲した宇宙人があれよあれよという間に各都市を制圧。ロサンゼルスもやられそう。軍人たちがロサンゼルスを奪回しようとがんばります。

“世界侵略:ロサンゼルス決戦” の続きを読む

Ricky リッキー

Ricky

わけもわからず内容の下調べもせずただ直感的にDVDのカバーアートだけ見て赤ちゃん物だなと合点してこれを観てください。

“Ricky リッキー” の続きを読む

解体病棟 ファイナル・デッドオペレーション

Autopsy

原題「Autopsy」は「検死」の意味で、そのものズバリ、発作的病院残虐物語。若者たちが訪れた病院は恐怖のホスピタル。上映会での邦題は「解体病棟」

“解体病棟 ファイナル・デッドオペレーション” の続きを読む

マチェーテ

Machete

「グラインドハウス」で上映された架空映画の予告編を長編映画化。B級映画への壮大なるオマージュ。期待を裏切らない超弩級アクションの真打ち登場。

“マチェーテ” の続きを読む

スタンドアップ

North Country

1988年の実話を元に映画化されたセクシャルハラスメント訴訟を起こす女性のドラマ。暴力亭主から逃れて故郷ミネソタに移り炭鉱労働者となるジョージー(シャーリーズ・セロン)が男社会の職場で受ける屈辱。

“スタンドアップ” の続きを読む

100歳の少年と12通の手紙

Oscar et la dame rose

白血病のオスカーは自分に気を遣ってばかりいる大人が気に入らない。そんな彼が乱暴な言葉遣いのローズと出会い、彼女だけを信用するようになるという、余命幾ばくもない少年オスカーとちょっと下品なおばちゃんローズの物語。

“100歳の少年と12通の手紙” の続きを読む

キャピタリズム マネーは踊る

Capitalism: A Love Story

ついに資本主義そのものに深く切り込んだマイケル・ムーア。どこへ行く。マイケル・ムーア。

“キャピタリズム マネーは踊る” の続きを読む