一覧生成
13件の記事がありました

現在の並び: Default -
複数項目による絞り込み
表示・非表示をコントロールできます

主戦場

Shusenjo: The Main Battleground of the Comfort Women Issue

「主戦場」は安易に想像していたのと違って知的でロジカルでドラマチックでミステリアスで面白さと知性に満ちた傑作ドキュメンタリー映画でこれは所謂必見系の外してはならない映画の一つ。

“主戦場” の続きを読む

スリーピング・ボイス 〜沈黙の叫び

La voz dormida

フランコ独裁政権時代、内乱敗者の家族や恋人である女性たちが収監されたマドリードの刑務所についての告発的映画。「スリーピング・ボイス」は、当時の生き残りたちの取材を元に書かれたドゥルセ・チャコンの小説を原作に制作された歴史に向き合う力作。

“スリーピング・ボイス 〜沈黙の叫び” の続きを読む

ブリューゲルの動く絵

The Mill and the Cross

ブリューゲルの「十字架を担うキリスト」を映画化した作品。なんのこっちゃとお思いでしょうが、絵画作品の映画化というのはこういうことだと妙に納得出来る映像派アート作品です。

“ブリューゲルの動く絵” の続きを読む

4デイズ

Unthinkable

爆弾犯人に爆弾の在りかを吐かせるための尋問。ただし普通の尋問とは違って、ちょっとアンシンカブル(考えられない・受け入れ難い)な尋問です。

“4デイズ” の続きを読む

さよなら子供たち

Au revoir, les enfants

1944年。カトリック寄宿学校へ疎開してきている子供たちの物語。頭が良くて生意気でちょっとやさしいジュリアン・タンカンと新入りで謎めいたジャン・ボネとの反発と友情。ルイ・マルの自伝的映画。名作。

“さよなら子供たち” の続きを読む

ライフ・オブ・デビッド・ゲイル

The Life of David Gale

強姦殺人で死刑判決を受けた大学教授(ケヴィン・スペイシー)にインタビューをした女性記者(ケイト・ウィンスレット)が、冤罪を確信し調査に乗り出すことに。

“ライフ・オブ・デビッド・ゲイル” の続きを読む

プレシャス

Precious: Based on the Novel Push by Sapphire

ハーレムに暮らす16歳の少女クレアリース・プレシャス・ジョーンズの過酷な現実と成長。

“プレシャス” の続きを読む

サルバドールの朝

Salvador

フランコ政権末期、反政府活動を行う青年サルバドール・プッチ・アンティックを描いた実話ベースの物語。

“サルバドールの朝” の続きを読む

パフューム ある人殺しの物語

Perfume: The Story of a Murderer

美しいタイトル写真に優雅系フォントで「パフューム」香水って意味ですか。そして小さな文字で「ある人殺しの物語」

“パフューム ある人殺しの物語” の続きを読む

デッドマン・ウォーキング

Dead Man Walking

凶悪犯罪にて死刑宣告のショーン・ペン「おれ無実」スーザン=観客「どうなんだろう」
死刑問題に真っ向対峙した名作。

“デッドマン・ウォーキング” の続きを読む