ヘルベンダーズ 地獄のエクソシスト

Hellbenders
ヘルベンダーズ 地獄のエクソシスト
公開年:
2012
製作国:
監督:
脚本:
撮影:
音楽:
  • ジェフ・グレイス
主演:
出演:

「mute ミュート」の奇才J・T・ペティ監督の2012年作品。酒とドラッグとセックスに溺れた生え抜きエクソシスト軍団それがヘルベンダーズだ。

ヘルベンダーズ 地獄のエクソシスト

多忙すぎるときは別として、普通の日々に映画を観るときにはですね、わりとどうでもいい楽しいだけの映画を観たくなったりするわけです。頭と体を休めたいですものね、そういうとき、楽しいだけの娯楽映画とは何かというと我々にとってはホラーやスプラッターや殺人や狂人です。これは映画部の奥様も同じで、この方はすごく良く言えば桃子さん(岩館真理子「アマリリス」)みたいな人なのですね。それで「あーしんどー。つかれたわー。映画でも観よか。ホラーないんかいホラーは」と、そういう要望がよくあります。
という話はどうでもいいのでして、今回のはただの阿呆みたいなホラーではありません。我らが J・T・ペティ の作品であります。

わたくし「mute ミュート」を買いかぶりすぎております。とはいえ、一本でも優れた映画を撮っていたらそれだけでも十分、こうして追っかけて作品見続けます。「サンドマン」は結局日本に紹介されなかったようですけど、その代わりに「ヘルベンダーズ」が来ました。

この映画はですね、ややふざけた設定のオカルト映画でして、悪魔払いエクソシスト軍団がですね、途方もない駄目人間のクズばかりという話です。酒とドラッグとセックスに溺れた出鱈目な連中です。はみ出しものだちです。ですがバチカン直轄だったりします。理由もあるんですけどね。
設定は面白いですね。この設定で、どういう面白さがこの映画にあるのか、大抵は想像できます。そして、残念ながらその想像以上の面白さがこの映画にはありません、というか、想像出来る面白さすらあまり実現できておりません。厳しいこといいますが事実ですもん。

酒とドラッグに溺れたクズ野郎どもが悪魔払い、面白いアイデアだったのになあ。もう少し、こう、ドバーっとやってほしかったですね。クズっぷりも中途半端だし、そのクズが最終的に真面目にがんばったりするという話も中途半端。というかクライマックスあたりの情けない事といったら。

例えば傑作「ゾンビ革命」のあの魅力溢れた登場人物たちととてつもなく面白いストーリーをすでに知ってしまっている我々としては、この映画の中途半端さというか良いアイデアをほとんど生かし切れていない事実に無念すら感じます。

酒とドラッグに溺れたクズと言えば最近の映画で「フィルス」という傑作もあります。こちらはまあホラーでも低予算映画でもないし比較するのも気の毒ですが、クズを描くならとことんやってほしかったですよねえ。

ちょっとくらい面白いところもあります。映画中盤のエピソードは面白かったですよ。予算ないのに無理した設定のへんなクライマックスなんかより中盤のほうがうんと面白かったです。

元気と才能に溢れていたJ・Tも最早限界か、と思うのはまだ早い。懲りずに期待してますよ。これはやや残念系でしたが「ディセントZ」はとても面白かったし。がんばれー。がんばれー。

コメントを残す