スクリーム4

Scream 4
スクリーム4
公開年:
2011
製作国:
監督:
製作:
脚本:
音楽:
主演:
出演:

斬新メタホラーの快作として一世を風靡した「スクリーム」シリーズの続編。「スクリーム3」から10年、同窓会的な完全な続編でスクリーム節も健在な「4」はどんなでしょう。

スクリーム4

懐かしいですね「スクリーム」。ホラー映画の解説をホラー映画内で披露するメタテイストというかパロディじみた技法で一世を風靡しました。後のホラー・スリラー映画に大きな影響を与えましたね。
メタ要素によるコメディ色も強いのですが、殺人犯の躁状態にリアリティを感じて私は笑うどころではなく、怖くて怖くて仕方がなかった作品です。

大ヒットした「スクリーム」は結果的にシリーズ化し、3まで作られました。大ヒットした以上シリーズ化はさけられないのでして、どうしてもテンションは回を追うごとに下がってきます。でもめげません。挑戦するかのように「3」から11年後、「スクリーム4」が作られました。

「スクリーム2」以降、スクリームの事件を題材にした映画「スタブ」という映画内映画が出てきます。この「スタブ」もシリーズ化しており、今回「スクリーム4」内に登場する「スタブ」はなんとシリーズ7作目です。シリーズものに対する批判も映画内で行っており、自虐的とも取れるメタ要素に見ている我々は飽き飽き・・・いえ、めちゃ楽しいです。

冒頭から大いにふざけています。「スタブ」を鑑賞中に襲われる美女二人組の漫才のような始まりです。うわー。っと思ったら映画でした。と思ったら怖い目に遭います。うわーっ。と思ったら映画でした。何これ映画じゃん。と思ったら怖い目に遭います。うわーっ。と思ったら映画でした。ちゃんちゃん。夢から覚めたら夢でしたパターンですね。いいですね。とてもいいです。

本編がいつの間にか始まりますが、毎度毎度のアイドル、シドニーちゃん(ネーヴ・キャンベル)もすっかり大人になって登場します。今回のシリーズはこれまでのお話と無関係なのかと思ったら全然そんなことなくて、いつもの面々が中心人物です。旧知の方々がここまできっちりシリーズの登場人物として役柄が与えられると嬉しくなりますね。そういう同窓会目線の優しい見方をこの映画は求めています。

スクリーム名物映画解説のシーンも外せません。ホラー映画の解説と批判を行う映画部の男の子たちが今回の評論家です。

新しいヒロインは可愛子ちゃんエマ・ロバーツ。ジュリア・ロバーツの姪っ子さんですって。

あまり印象に残っていない「スクリーム3」からさらに10年、いきなり「4」を見ると、いろいろ忘れていて「これ何だっけこれ誰だっけ」なんて記憶の断片を引っ張り出せずに最初戸惑ったりします。「4」を見るために1〜3を再見しておくぐらいの勉強熱心な映画オタクなら楽しめるように作られていますが、でもじつは「4のために1〜3の予習をするほどのオタクでないと最初戸惑うでしょ(笑)」という、やはり自虐的パロディを目論んでいるというようにも受け取れます。

昨今の超残虐テイストの映画への批判を込めているかのように、殺人者はナイフ一本槍です。槍なのにナイフとはこれいかに。しょうもないことを言うてすいません。
職人的大仕掛けの殺人装置ではなく、先っちょの尖ったこのナイフというシンプルな武器の恐ろしさを、昔ならではの技法で描きます。ナイフぶすっ。この基本の攻撃方法はやっぱり恐ろしいですね。

一息ついたシリーズ物の定石、「1への原点回帰」も何となく感じとれます。
嬉し懐かしスクリームのシリーズ4作目でした。

このエントリーをはてなブックマークに追加

「スクリーム4」への2件のフィードバック

  1. スクリーム=叫び
    毎回キャーキャー言ってます

    スクリーム3が全然おもしろくなかったけど
    何故か今回は、テンポのいい感じの観易いストーリーでした

    観る前の情報でシドニーは、ちょっと出演してるだけって聞いていたので
    若い子が主役なのかなと思っていたらシドニー主役でしたね
    ちょっとふとめのオバサンになってて陰気っていうか暗い演技

    私は、犯人ジルなのか解りませんでした
    動機が最初から見えなかったですから
    シドニーのファン?・・・なの?

    エマ・ロバーツってジュリア・ロバーツの姪なんですね
    髪の色茶色っぽい感じがしますね
    私は、ハーレイ・ジョエル・オズメントに似てると思いながら観てました

    1. コメントありがとうございます。
      シドニー主人公でしたね。
      犯人どうのこうのっていうより、勢いでガーッって見せる映画だったような気がします。
      やっぱり「スクリーム3」は面白くなかったですか。
      私も全然印象に残ってませんでした。

コメント