マッチスティック・メン

Matchstick Men
マッチスティック・メン

ニコラス・ケイジは神経質でおとぼけな芸術的詐欺師です。さて少女が現れる。娘だという。詐欺師と少女。

マッチスティック・メン

「詐欺師と少女」と見て安易な設定と思うなかれ、きっちり面白いです。
ニコラス・ケイジはほんと色んな映画に沢山出演する不思議な人で、ちょっとは出る映画を選べば?と思うこともしばしば、で、この「マッチスティック・メン」は大当たりのはまり役ですよ。
詐欺師と少女、と聞いてあなたが思う通りの面白い映画です、きっと。
このオーソドックスをきちんと撮りきれることは素晴らしいことです。じつはリドリー・スコット監督作品とは知らずに観ました。さすが、たいしたものですね。

細かな犯罪シーン、神経質な日常、淡々としたところは淡々と、ちょっとシリアスになってきたらサスペンスフルに、じわーとくるところではじわーっと、丁寧に撮ってます。
どなたにもお薦めできます。

2006.05.21

[広告]

「マッチスティック・メン」への1件のフィードバック

コメント