幻燈機

映画を観たとは何のことか(超個人的尺度)

Movie Booでは、書き手が直近に観た映画について感想を書いてます。「映画を観た」とは何のことか、Movie Boo的マイルールに従っているわけですが、これについて書こうと思ったら、ずっと前にすでに書いていました。極めて個人的な意味での「映画とは」から始まる他の日記に書いたものですがまとめておこうと思いまして。Movie Booについての補足的な。

本文を読む

久しぶりに更新

8月に入ってから更新せず、ずいぶん久しぶりとなりました。ここで今年いっぱい更新しないと、本当にもう書く気が失せてしまうと思ったんで夏に観た映画からぼちぼちと感想文を復活。とはいえ超多忙は変わらず、根性が続くかどうか判りません。でも映画はめちゃいいの観てるんで感想書いて紹介しときたいんですけどねー。そうそう、紹介はしたいですけど、もちろん映画は楽しんで観てるだけで、勉強のために観てるんじゃありませんからね。なんかコメントで誰かに「もっと映画を勉強しろ!」って言われちゃいましたが、すいません、勉強する気は毛頭ありません。

本文を読む

映画を見逃すパターン

大抵の映画を見逃します。わざと見逃すことも多いですが、やっぱり映画は劇場で観るのがいいに決まってます。これはもう決まっているので問答無用です。

で、それでもなぜ劇場で見逃すのか、これからその欺瞞に満ちた言い訳を書くわけですが、明日への希望もあります。

本文を読む

さようならMovie Boo

か?

ちょっとした映画感想のメモから初めて今や誰もが疎ましく思う長文と反社会的思想だらけの新たな映画の地平、MovieBooです。こんにちは。

数日前からブログ表示に難がつき始め、気がついたら手を施せないほどのダメージを受けていました。つまりいつまで経っても画面に表示されないとか、サーバーエラーが出まくるとか、そういう状況です。

今この文章も、まともに読めているのか、ちゃんと表示されているのか不明です。誰にも読まれないかもしれない。誰も読まない宛名不明の置き手紙なのだわさ。

本文を読む

見逃す映画と光学ドライブ消滅の話

見逃しそうな映画について書いていたらいつの間にか光学ドライブ消滅の話になったんですが、日記だからしかたないですか。
Macから光学ドライブが消滅した話ですが、Appleのやることってのは、単なる1メーカーってのを超えて全体のトレンドになる傾向があるから油断なりません。

本文を読む

「天地明察」初日にゴー

行ってきました「天地明察」

まあなんせあれです。嬉しさのあまり我を忘れておりまして、いろいろあれこれこの映画の壁画について書いたものの、躊躇してまだ公開には至っておりませんが、その中で感情的感想文「天地明察」絵の演出 だけは、感情的ではあっても誰にも迷惑かけてないと思うんで、書き殴ったそのままこっそり公開しています。執筆者のひとり、細井工房による仕事サイトの、Labという名の書き殴りコーナーです。

本文を読む

カルト映画って何ですのん?

映画におけるカルトって何だんねん。という話ですが。

本来の意味は置いといて、カルト映画って言葉はいつごろから言い出したんでしょうね。私の認識では70年代の後期からです。そして一般的にどばーっと広まったのが80年代初頭。どうなんでしょう、その認識合ってますかね。

本文を読む

Movie Boo 抹消か

以前このコーナーで「googleハミゴに一喜一憂しない」なんていう日記を書いたんですが、その続きです。

ほんとに一喜一憂しないでぼんやり多忙の時期を過ごしてたんですが、どうやらまだハミゴが続いているようなのですね。検索から来る人がほとんどいないままです。
さすがに虐め期間が長いなあと思って試しに自分でMovieBoo関連を検索してみたら、全然ヒットしない状態が続いていることがわかり、アクセス解析を見たらgoogleに記事がほとんど登場していないことがわかりました。記事以外のどうでもいいページばかりちらほら出てきます。

あまりにもくだらない記事ばかり書いているので無価値とされたのだな、と納得したものの、どうもおかしい。
結果的には無価値と判断されて抹消されていたということだったんですが、それがわかった経緯はこうです。

本文を読む

「選挙」の山内和彦氏が出馬

香港国際映画祭最優秀ドキュメンタリー賞を受賞した「Piece」が待ち遠しい昨今ですが、想田和弘監督「選挙」の山内和彦氏が自身のブログで市議会議員に出馬することを表明。
脱原発や市民目線の政策を掲げ、前回の小泉路線とは大きく転換した模様です。
前回の市議引退後、主夫として生活してきた中で芽生えた市民感覚でしょうか。

–>映画『選挙』の山さんBLOG

残念ながら落選されたようです。
お疲れ様でした。