一覧生成
37件の記事がありました

現在の並び: Default -
表示・非表示をコントロールできます

世界侵略のススメ

Where to Invade Next

マイケル・ムーア2015年の話題作「世界侵略のススメ」は各国の良い部分を盗んで米国に持ち帰ろうというコンセプトで諸外国の羨ましい良いところをまとめて紹介する“痛快かつ深刻な世界まるごといいとこレポート我が身を省みて絶望と希望の混濁に泣いて笑ってドキュメンタリー”の快作。

"世界侵略のススメ"の続きを読む

牡蠣工場

OYSTER FACTORY

「牡蠣工場」の公開を制作中から楽しみにしていて、せっかくだから公開されたら撮影地となるべく近い街に旅行がてら出向いてそこで観るのだと決めていたのに具合の悪い時期と重なってしまい、しばらく後の地元京都での上映まで待たねばなりませんでした。 "牡蠣工場"の続きを読む

トラブゾン狂騒曲 ~小さな村の大きなゴミ騒動~

Müll im Garten Eden

トルコの小さな村で起きるゴミ処理場を巡る問題を5年間にわたり撮影したというファティ・アキン渾身の告発ドキュメンタリー。

"トラブゾン狂騒曲 ~小さな村の大きなゴミ騒動~"の続きを読む

消えた画 クメール・ルージュの真実

L'image manquante

1975年にカンボジアを掌握したポル・ポト率いるクメール・ルージュが行った大粛正。記録映像の多くが失われていることもあり、これを語るために犠牲者が葬られた土から作った人形を用いて歴史を描き出す映画です。

"消えた画 クメール・ルージュの真実"の続きを読む

アクト・オブ・キリング

The Act of Killing

1965年、インドネシアで起きた大規模虐殺の実行者たちを映し出すドキュメンタリー。これは脅威的。ドキュメンタリー映画として、単に映画として、歴史として、政治として、物語として、映像美として、そして人として人類必見。

"アクト・オブ・キリング"の続きを読む

マルメロの陽光

El sol del membrillo

驚くほど作品数の少ないビクトル・エリセが「エル・スール」の10年後に撮ったのは芸術家アントニオ・ロペス=ガルシアのドキュメンタリー映画。もはやこれはドキュメンタリーという括りや単なる映像詩なんて言葉では到底語りきれない至福の映画体験をもたらします。

"マルメロの陽光"の続きを読む

クロッシング・ザ・ブリッジ 〜サウンド・オブ・イスタンブール〜

Crossing the Bridge

東西文化の合流地点イスタンブールにノイバイテンのアレキサンダー・ハッケが赴き、様々な音楽家を訪ねて文化と音楽を探るドキュメンタリー。ファティ・アキン2005年の作品。

"クロッシング・ザ・ブリッジ 〜サウンド・オブ・イスタンブール〜"の続きを読む

世界最古の洞窟壁画 忘れられた夢の記憶

Cave of Forgotten Dreams

1994年にフランスで発見されたショーヴェ洞窟、その奥底にあった3万2千年前の洞窟壁画です。この貴重な洞窟壁画をヴェルナー・ヘルツォーク監督がドキュメンタリー映画として完成させました。めまいがするほど美しい最古の洞窟壁画をご覧あれ。

"世界最古の洞窟壁画 忘れられた夢の記憶"の続きを読む

演劇2

演劇2

青年団と平田オリザ氏を追った想田和弘監督観察映画第三弾「演劇1」と「演劇2」は二本合わせて6時間弱の大作。こちらは「演劇2」
平田オリザ氏の動きを徹底的に追います。

"演劇2"の続きを読む

Pina/ピナ・バウシュ 踊り続けるいのち

Pina

ピナ・バウシュ率いるヴッパタール舞踏団の4つの舞台を中心に、団員のインタビューと挑戦的なパフォーマンスを収めたドキュメンタリー。ヴィム・ヴェンダースがピナ・バウシュ他界の失意を乗り越えて作り上げた舞踏美術の驚異の神髄。

"Pina/ピナ・バウシュ 踊り続けるいのち"の続きを読む

ハーブ&ドロシー

Herb & Dorothy

庶民でありながら抜群の審美眼と持ち前の人徳で現代美術の収集を続けてきたヴォーゲル夫妻のドキュメンタリー。
ニューヨークとアート、老夫婦の人生、アーティストと猫。

"ハーブ&ドロシー"の続きを読む

SUPER 8

Super 8 Stories

「黒猫・白猫」以来、エミール・クストリッツァ作品の音楽を担当していて、クストリッツァ本人がギタリストとして参加しているノー・スモーキング・オーケストラの、ツアーとメンバーを追った音楽ドキュメンタリー映画。

"SUPER 8"の続きを読む

ちいさな哲学者たち

Ce n'est qu'un début

幼稚園ドキュメンタリーです。パリ近郊の教育優先地区で行われた幼稚園での哲学の授業、その試み2年間の軌跡。
人間は考えるちびっ子でである。

"ちいさな哲学者たち"の続きを読む

フード・インク

Food, Inc.

「ファストフードが世界を食い尽くす」のエリック・シュローサーが共同製作に名を連ね出演もしている米国を蝕む食の会社ドキュメンタリー。

"フード・インク"の続きを読む

100,000年後の安全

Into Eternity

福島原発事故を受けて国内上映予定を繰り上げ、全国展開の公開を実現した話題の廃棄物処理施設ドキュメンタリー。

"100,000年後の安全"の続きを読む

オランダの光

Dutch Licht

オランダ絵画の美しい空気感、あれこそオランダの光。今は失われたのか、そもそもオランダの光とはなんぞや。オランダを代表する映像作家ピーター=リム・デ・クローンが追求するアート・ドキュメンタリー。

"オランダの光"の続きを読む

トータル・バラライカ・ショー

Total Balalaika Show

1993年、ヘルシンキで行われたコンサート。レニングラード・カウボーイズと、旧ソ連の退役軍人による楽団アレクサンドロフ・アンサンブルとの夢の共演。

"トータル・バラライカ・ショー"の続きを読む

ダーウィンの悪夢

Darwin's Nightmare

東アフリカ、ビクトリア湖の魚ナイルパーチの加工や流通を通して、グローバル経済の現実の一部を描き出すドキュメンタリーもちろん社会派。

"ダーウィンの悪夢"の続きを読む

ザ・コーポレーション

The Corporation

企業って法人格という訳の分からない人格を持っています。この人格、一体何ものでしょうか。本気のドキュメント映画をどうぞ。

"ザ・コーポレーション"の続きを読む