一覧生成
10件の記事がありました

現在の並び: Default -
表示・非表示をコントロールできます

ヴェラの祈り

Izgnanie

「父、帰る」のアンドレイ・ズビャギンツェフ監督2007年の「ヴェラの祈り」は圧倒的映像美で綴る文芸状家族のドラマで緻密に描く孤独と愛の夫婦関係でなおかつビックリ仰天サイコスリラーでもあるという意欲作。

"ヴェラの祈り"の続きを読む

消えた声が、その名を呼ぶ

The Cut

ファティ・アキンが三部作の最終章との位置づけで描くアルメニア人虐殺をベースにした旅の男の物語。5カ国に渡るロケ、フィルム撮影、7年にわたる歳月をかけて完成したという気合いの一本。

"消えた声が、その名を呼ぶ"の続きを読む

カニバル

Caníbal

女性を殺し解体して肉にして冷蔵庫に保管して食べる男の物語です。普段は仕立屋の物静かな男で、この主人公をアントニオ・デ・ラ・トレが好演。監督は日本で初めて紹介されるマヌエル・マルティン・クエンカ。なんかちょっと曲者臭がある監督です。

"カニバル"の続きを読む

コーカサスの虜

Kavkazskiy plennik

セルゲイ・ボドロフ監督1996年「コーカサスの虜」はシンプルな人と人のドラマです。ただ状況がちょっと異常なだけ、つまり戦争捕虜になってチェチェンの村で囲われてるんです。

"コーカサスの虜"の続きを読む

汽車はふたたび故郷へ

Chantrapas

ソ連時代のグルジア。やんちゃでカメラ好きの少年はやがて映画監督になりますが祖国の窮屈さに我慢できずにフランスへ旅立ちます。若い映画監督の奮闘を描くこの映画は、グルジアの巨匠オタール・イオセリアーニ監督の半自伝的な映画であるそうです。

"汽車はふたたび故郷へ"の続きを読む

夏の終止符

Kak ya provel etim letom

北極の観測所に赴任しているベテラン男と新米野郎の二人の物語。昔気質の職人親方風の厳しい男セルゲイに対して、新米君は今風のへなちょこうじうじ男、このへなちょこ野郎がしでかす罪の連鎖を描く一夏。

"夏の終止符"の続きを読む

ククーシュカ ラップランドの妖精

Куку́шка

第二次大戦末期。ラップランドの湖の畔で出会う男女3人のコミュニケーション不全と調和。

"ククーシュカ ラップランドの妖精"の続きを読む