LIFE!

The Secret Life of Walter Mitty
LIFE!

雑誌LIFEの現像管理をしている地味な男が最終号を飾る写真のネガを探して奮闘するコミカルがんばり系旅の映画。1947年「虹を掴む男」のリメイクらしいです。

LIFE!

主人公の名前がウォルター・ミティって言うので「はて。ウォルター・ミティ、ウォルター・ミティ、聞いたことあるなあ、なんだっけかなあ」と思ってたんですが、元の作品「虹を掴む男」(ウォルター・ミティの秘密の生活)が有名なのでいろいろと自然に見聞きした名前だったのかもしれません。

雑誌LIFEの現像管理部にいるウォルターは空想癖がある頼りない男です。でも仕事は真面目にやってます。職場は再編の嵐、雑誌は廃刊決定ということで、写真家から送られてきた最終刊用の表紙写真、ネガ番号25番が見つからないので写真家を探すことになります。この写真家は神出鬼没でどこにいるのか判らない、どうやら遠い外国にいるとの情報で、ウォルター・ミティは写真家を探す冒険に繰り出すことになります。

雑誌「LIFE」ですが、1936年に刊行された由緒あるグラフ誌ですね。何度も休刊になったりちょっと復活しいていたそうなので調べてみたら、最初1936年から1972年までは週刊誌で、その後1973年から1978年までは年に2回刊行となり、踏ん張ったようです。1978年から2000年までは月刊誌となり、復活の兆しもあったそうですがやがて経営状況が悪化してまた休刊。2000年から2007年は新聞の折り込みに入る無料週刊誌として発行されました。最後には廃刊となり、つづきはウェブで、となったようです。映画「LIFE!」は経営悪化によるリストラで雑誌廃刊、続きはウェブで、になるお話ですから2007年の物語と言うことが判ります。
現在、LIFEの保有する写真はウェブ上で閲覧することが可能です。これですね。 LIFE
膨大な写真ですね。

映画「LIFE!」では全編にLIFE誌への敬意が表れています。悪役に近いリストラ野郎に対してだって、最後のほうでは何となくいい感じの演出が施されていますし、悪く言えばよいしょ系映画です。この映画にLIFEが資金を提供しているのでしょうか。でも金出して映画作るほど資金が潤沢とも思いにくいですし、純粋に製作者たちがLIFEに敬意を込めて作ったんでしょうか。そういう事情については何も知りません。そんなことどうでもいい話ですが、どうにもよいしょが過ぎて映画を見ている間も気になって仕方ありませんでした。何、やらしいことばかり考えて映画を見るんじゃないと、はいすいません。

うだつの上がらぬ男が世界を冒険し、いろんなものを手に入れるファンタジー冒険談、いい話でいいオチがついて、古典的かつオーソドックス、典型の美学によって作られた完全体とも言えるこの物語にケチつける隙はありません。風景綺麗しお話は安心印だしコミカルなテイストもいい感じ。ショーン・ペンもノリノリだし他の役者さんたちも皆いい感じ、何も悪いところはないし文句もないし実際見ているときは楽しんだのですが、まあ、その、それだけと言えばそれだけでして、毒気のないポジコメ(ポジティブ・コメディ)というのはなかなか強い印象を残しにくく、不遇なのだなと思わずにおれません。というか毒気や極端さがないと物足りなく感じる筆者の性根が腐りすぎているだけだと思います。

[広告]

コメントを残す