ナチョ・リブレ 覆面の神様

Nacho Libre
ナチョ・リブレ 覆面の神様

「スクール・オブ・ロック」の主演・脚本コンビによる作品。修道院を救うため、メキシカン・プロレスの覆面レスラーとして奮闘する駄目人間の活躍。

ナチョ・リブレ 覆面の神様

これはいい。「スクール・オブ・ロック」よりさらにB級にしてメキシカン、プロレスにして修道院、ジャック・ブラックの最高傑作とも言える出来映えです。ちょっと言い過ぎました。

この素晴らしい脱力感と格好良さ、画面映えと小気味よさはやはり全編に漂うラテン風味の賜物なのでしょうか。個人的なるラテンの血が騒いだだけなのでありましょうか。

「レスラーに憧れている修道院の給仕係」という設定のセンスの良さが冒頭からキラキラ輝きます。孤児たちのために、ほのかな思いを寄せるシスターのために、覆面レスラー・ナチョとして禁止されているレスリングに挑みます。

全体的にはぶっ飛んだナンセンスコメディではなく、まともな作風というか、ほのぼの系も入っていて真っ当なドラマです。もちろん本気のスポコン映画なんてわけでもなく、真っ当な流れの中に小技が効いた、とぼけた感じの仕上がりです。そのあたりが個人的にツボだったわけで、プロレスマニアやお行儀のよい作風なんかを期待していると肩すかしを食らうかもしれません。

ジャック・ブラックいいし、相棒とのコンビもいいし、とぼけてるし、アートワーク綺麗だし、シナリオの適当加減もいいし、誰がなんと言おうと私はこれ大好きです。

2008.1.16

コメント