世にも怪奇な物語

Histoires extraordinaires
世にも怪奇な物語

スーパー監督、スーパースター夢の共演オムニバス怪奇映画。

世にも怪奇な物語

夜誰も走っていない道路を一人で走るときに脳裏に浮かぶドライバーのトラウマとは。
答えはフェリーニの「悪魔の首飾り」。
もの凄く久しぶりに観た。運転シーンだけじゃなく全てのシーンが脳味噌に焼き付いていることを再認識できました。
少年時代に良いトラウマを飼うことが出来て幸せ者でした。
フェリーニファンの間でも非常に評価が高いそうです。恥ずかしながら私は長い間、「ジンジャーとフレッド」がロードショーされるまでフェリーニはこの映画しか観たことがありませんでした。だから今でもフェリーニと言えばまずこれを思い出します。

ロジェ・ヴァディム、ルイ・マル、フェリーニ という大物監督とジェーン・フォンダ、アランドロンなどのスター共演ってことで公開当時はきっと大騒ぎだったんではないかと思われます。

2006.02.09

さてそんなわけで「世にも怪奇な物語」はエドガー・アラン・ポーの原作をイタリア、フランスの3人の監督が競作した貴重なるオムニバス作品でして、その内容は以下の通り。

第一話「黒馬の哭く館」
監督:ロジェ・ヴァディム
脚本:ロジェ・ヴァディム, パスカル・カズン, ダニエル・ブーランジェ
撮影:クロード・ルノワール
音楽:ジャン・プロドロミデス
出演:ジェーン・フォンダ, ピーター・フォンダ, ジェームズ・ロバートソン・ジャスティス

古典絵画のような美しい映像でジェーン・フォンダの魅力もたっぷり。耽美派です。

第二話「影を殺した男」
監督:ルイ・マル
脚本:ルイ・マル, クレメン・ビドルウッド
撮影:トニーノ・デリ・コリ
音楽:ディエゴ・マッソン
出演:アラン・ドロン, ブリジット・バルドー, カティア・クリスチーヌ

原作「ウイリアム・ウイルソン」です。傲慢と狂気のアラン・ドロン、暗い雰囲気に怖い話、ちょっとエロティックで強く印象に残ります。

第三話「悪魔の首飾り」
監督:フェデリコ・フェリーニ
脚本:フェデリコ・フェリーニ, ベルナルディーノ・ザッボーニ
撮影:ジュゼッペ・ロトゥンノ
音楽:ニーノ・ロータ
出演:テレンス・スタンプ, サルヴォ・ランドーネ

これは最早別格。どれほどの人にトラウマを与えたでしょう。どれほどの映画人に影響を与えたでしょう。

[広告]

「世にも怪奇な物語」への1件のフィードバック

コメント