一覧生成
81件の記事がありました

現在の並び: Default -
表示・非表示をコントロールできます

コングレス未来学会議

THE CONGRESS

「戦場でワルツを」のアリ・フォルマン監督が「惑星ソラリス」の原作でも名高いスタニスワフ・レムの原作を映画化。実写とアニメで描く幻想SF。

"コングレス未来学会議" の続きを読む

あの日のように抱きしめて

Phoenix

1945年敗戦直後のベルリンに収容所から生還した歌手ネリーはピアニストの夫を探しますが、再会した夫は死んだ筈の妻とは気づかない。「東ベルリンから来た女」のスタッフ、キャストによる2014年の映画「あの日のように抱きしめて」は惚れ惚れする映像表現に酔い愛と戦争の不憫に悶絶する傑作にしてニーナ・ホスの姿が焼き付く壮絶な一本。

"あの日のように抱きしめて" の続きを読む

ピエロがお前を嘲笑う

WHO AM I

殺人事件に関与すると疑われているハッキング犯罪グループの一員ベンヤミンが警察に出頭し自白を始めます。徐々に明らかになる事件の全容。翻弄系トリッキー系どんでん返し系若年層向け系ゲーム系クライムサスペンス「ピエロがお前を嘲笑う」で心地よく騙されてね。
"ピエロがお前を嘲笑う" の続きを読む

消えた声が、その名を呼ぶ

The Cut

ファティ・アキンが三部作の最終章との位置づけで描くアルメニア人虐殺をベースにした旅の男の物語。5カ国に渡るロケ、フィルム撮影、7年にわたる歳月をかけて完成したという気合いの一本。

"消えた声が、その名を呼ぶ" の続きを読む

トラブゾン狂騒曲 ~小さな村の大きなゴミ騒動~

Müll im Garten Eden

トルコの小さな村で起きるゴミ処理場を巡る問題を5年間にわたり撮影したというファティ・アキン渾身の告発ドキュメンタリー。

"トラブゾン狂騒曲 ~小さな村の大きなゴミ騒動~" の続きを読む

プライズ ~秘密と嘘がくれたもの

El premio

母親と7歳の娘が海風吹きすさぶ掘っ立て小屋で暮らします。母は厳しい表情、子は・・・ちびっ子映画の快挙を堪能できる凄いやつ。映画はずっしり辛い系です。

"プライズ ~秘密と嘘がくれたもの" の続きを読む

少女は自転車にのって

Wadjda

映画館の設置も禁止されているサウジアラビア初の女性映画監督による長編映画ということで話題だった「少女は自転車にのって」は、自転車が欲しい少女ワジダのちょっとした物語。

"少女は自転車にのって" の続きを読む

グランド・ブダペスト・ホテル

The Grand Budapest Hotel

ウェス・アンダーソン節全開の「グランド・ブダペスト・ホテル」は激動を駆け抜けるホテルマンの歴史と愛と知性のミステリーで理想の人間ファンタジー。

"グランド・ブダペスト・ホテル" の続きを読む

クロッシング・ザ・ブリッジ 〜サウンド・オブ・イスタンブール〜

Crossing the Bridge

東西文化の合流地点イスタンブールにノイバイテンのアレキサンダー・ハッケが赴き、様々な音楽家を訪ねて文化と音楽を探るドキュメンタリー。ファティ・アキン2005年の作品。

"クロッシング・ザ・ブリッジ 〜サウンド・オブ・イスタンブール〜" の続きを読む

クリスマスのその夜に

Hjem til jul

ベント・ハーメルがお届けするハートフル群像映画。ノルウェーの小さな街に住む一風変わった何組かの人生をちょっとだけ切り取る「クリスマスのその夜に」です。

"クリスマスのその夜に" の続きを読む

チャイルドコール 呼声

Babycall

DV夫から逃れてアパートに越してきた母親。ベビーという年でもない我が子のためにベイビーコールを買ったりするほど心配性です。サイコサスペンス、ホラーオカルト、ドメスティック、母と子、精神の奥底、テーマ過多の複合的スリラーに挑みつつ極めて繊細なディテールに満ちた傑作。

"チャイルドコール 呼声" の続きを読む

ソハの地下水道

W ciemności

ナチス占領下のポーランド。下水道の検査員ソハは副業で空き巣狙いをやったりしている男で、ある日穴を掘って下水道に逃げようとしているユダヤ人と鉢合わせ。「金出しな。隠れ場所教えてやるから」と持ちかけます。

"ソハの地下水道" の続きを読む

東ベルリンから来た女

Barbara

社会主義時代の東ドイツを舞台にした訳あり女性の映画。辺境の地に左遷された女医バーバラは堅く口を閉ざし心を開かぬ女性です。西側への出国申請が却下され監視下に置かれているのです。

"東ベルリンから来た女" の続きを読む

ホーリー・モーターズ

Holy Mortors

レオス・カラックス13年ぶりの新作映画「ホーリー・モーターズ」はSFで童話でカッコ良くて泥臭く、パワーみなぎり多層の構造、ぶっ飛んでいて哀しくて、面白おかしい最高峰。

"ホーリー・モーターズ" の続きを読む

チキンとプラム ~あるバイオリン弾き、最後の夢~

Poulet aux prunes

「ペルセポリス」のマルジャン・サトラピの長編映画二作目。死を決したバイオリニストの最期の8日間に現れる過去と未来をファンタジックに、ロマンティックに描きます。

"チキンとプラム ~あるバイオリン弾き、最後の夢~" の続きを読む

吸血鬼ノスフェラトゥ

Nosferatu – Eine Symphonie des Grauens

ヘルツォーク監督リメイク版「ノスフェラトゥ」のオリジナルとなったF・W・ムルナウ版「吸血鬼ノスフェラトゥ」(1922)です。オリジナルとリメイク、どういうところが同じでどういうところが違うのか、そこんところに注目されます。

"吸血鬼ノスフェラトゥ" の続きを読む

さあ帰ろう、ペダルをこいで

Светът е голям и спасение дебне отвсякъде

ブルガリアの近代史を背負う祖父と、共産党政権時代にドイツに移った娘夫婦の子、つまり孫の物語。事故のショックで記憶を失った孫に祖父バイ・ダンがとことん絡みます。記憶と共に、喪失した何かを取り戻すブルガリアまでの旅です。ハートウォーミング系ロードムービーかつ激動の社会派かつバックギャモン映画の最高峰。
祖父バイ・ダンを「アンダーグラウンド」のミキ・マノイロヴィッチが演じます。

"さあ帰ろう、ペダルをこいで" の続きを読む

愛、アムール

Amour

病に倒れた妻と介護する夫。ミヒャエル・ハネケ2012年の最新作は老夫婦の愛と介護の息詰まる映画。
夫ジョルジュをジャン=ルイ・トランティニャン、妻アンヌをエマニュエル・リヴァが演じます。
ある日病に倒れる妻、介護する夫の映画です。時々現れてやきもきする娘エヴァをイザベル・ユペールが演じます。淡々と強烈な愛そして孤独。

"愛、アムール" の続きを読む

プリンセス・アンド・ウォリアー

DER KRIEGER UND DIE KAISERIN

独特の映画を作る才人トム・ティクヴァ2000年の一風変わった愛の映画、ファンタジックな「王女と戦士」なんていうタイトルです。実際は精神病院の看護婦と犯罪者の男の物語。

"プリンセス・アンド・ウォリアー" の続きを読む

コッポラの胡蝶の夢

Youth Without Youth

フランシス・フォード・コッポラ監督が10年ぶりに監督したという「コッポラの胡蝶の夢」はある種の物議を醸した地味目の老人ファンタジー。「若さなき若さ」の映画化。

"コッポラの胡蝶の夢" の続きを読む

アンチボディ

Antikörper

変態猟奇殺人犯の男と田舎の警官が対峙します。いわゆる「羊たちの沈黙」とか「セブン」とかの系統の、犯人と警官の対話による心理戦系サイコスリラー。そういう系ですがなかなかよくできてます。

"アンチボディ" の続きを読む

ディヴァイド

The Divide

核攻撃を受けて壊滅状態のニューヨーク。アパートの地下シェルターに逃げ込んだ男女9人の不安と不信の密室劇。ホラー要素も含めてのシチュエーションSFスリラー。監督が「フロンティア」のザヴィエ・ジャンです。

"ディヴァイド" の続きを読む

この自由な世界で

It's a Free World...

移民労働者の職業斡旋業を始めたシングルマザーの奮闘記。彼女の仕事と移民の事情、底辺労働者と底辺自営業者の勘違いとド根性。これが自由な世界に生きる道。ケン・ローチ会心の一撃。

"この自由な世界で" の続きを読む

ラブリー・リタ

Lovely Rita

少女リタです。ちょっとおしゃまで不機嫌さんです。あたしは可愛い女の子、けど毎日なんて退屈なの。なんてつまらないのかしら。私を認めて。可愛いと言って。ラブリー、リタ。
などと暢気に構えていられる映画じゃありません。ハネケの弟子、ジェシカ・ハウスナーのデビュー作は揺れ動く乙女心と不機嫌の頂点。

"ラブリー・リタ" の続きを読む

そして、私たちは愛に帰る

Auf der anderen Seite, Yaşamın kıyısında

ドイツで暮らすトルコ系の年老いた父と子、その父が囲う娼婦、トルコで政治活動に身を投じ、国を追われドイツに不法入国してくるその娼婦の娘、一文無しのその娘を匿うドイツ人女学生とその保守的な母親。
ドイツとトルコの社会情勢に影響を受ける3組の親と子の絡み合う物語。愛と喪失、死と再生の旅路。ファティ・アキン監督2007年の名作。

"そして、私たちは愛に帰る" の続きを読む

Pina/ピナ・バウシュ 踊り続けるいのち

Pina

ピナ・バウシュ率いるヴッパタール舞踏団の4つの舞台を中心に、団員のインタビューと挑戦的なパフォーマンスを収めたドキュメンタリー。ヴィム・ヴェンダースがピナ・バウシュ他界の失意を乗り越えて作り上げた舞踏美術の驚異の神髄。

"Pina/ピナ・バウシュ 踊り続けるいのち" の続きを読む

ルルドの泉で

Lourdes

聖地ルルドの巡礼ツアーに参加したマヒの女性とその周辺。ルルドを描き、巡礼ツアーを描き、人々を描ききる、オーストリア女流監督ジェシカ・ハウスナー2009年会心の一撃。これは凄いの一言。

"ルルドの泉で" の続きを読む

SUPER 8

Super 8 Stories

「黒猫・白猫」以来、エミール・クストリッツァ作品の音楽を担当していて、クストリッツァ本人がギタリストとして参加しているノー・スモーキング・オーケストラの、ツアーとメンバーを追った音楽ドキュメンタリー映画。

"SUPER 8" の続きを読む

アンダーグラウンド

Подземље

エミール・クストリッツァ監督1995年作品。怒濤のユーゴ近代史を総括するミクロでマクロで悲惨で可笑しく、戦慄で驚愕でコミカルで歌と踊り、リアリズムを超えたリアリティとファンタジーを超えたファンタジー、超が付く現実、人間と動物と大人と子供と社会の喧噪と狂乱、映画史に刻まれる20世紀末の一大傑作。

"アンダーグラウンド" の続きを読む

明かりを灯す人

Svet-Ake

キルギスの山脈の麓にある小さな村の電気工。村人から「明かり屋さん」と呼ばれてます。かつて賑わい今では過疎っているこの村に、開発の波が訪れつつあります。明かり屋さんの仕事と生き方。

"明かりを灯す人" の続きを読む

ル・アーヴルの靴みがき

Le Havre

フランス北部の港町ル・アーヴル。以前はボヘミアン生活を送っていた元芸術家のマルセルは今では靴みがき。最愛の妻と忠実な犬とともに暮らしています。
アキ・カウリスマキ2011年の新作映画は、心揺さぶられるボヘミアンと移民の街の社会派ファンタジー。大絶賛。

"ル・アーヴルの靴みがき" の続きを読む

黒猫・白猫

Crna macka, beli macor

ジプシーの一族とその周囲に巻き起こるハチャメチャ騒動。父ちゃんの詐欺的儲け話、息子の恋愛、爺ちゃんとその親友ゴッドファーザー、ゴッドファーザーの息子、詐欺師のチンピラ、可愛いあの子、面白人間たちとドナウ川と動物たち。これでもかというほど詰め込まれた騒然煩雑猥雑不可思議異世界映画の巨頭。

"黒猫・白猫" の続きを読む

ブラッディ・パーティ

Wir sind die Nacht

女ヴァンパイアたちの狂宴。スタイリッシュでかっこよく、お色気美女が闊歩して、100歳超える年なのに、せこい欲望ふりまわし、歌と踊りと買い物と、豪華ホテルと温泉と、綺麗な景色で大あらわ。

"ブラッディ・パーティ" の続きを読む

ミレニアム ドラゴンタトゥーの女

Män som hatar kvinnor

嵌められたジャーナリストの元に探偵まがいの依頼。離島で起きた40年前の少女失踪事件を調査することに。
ベストセラー小説とその映画化の大ヒット、さらにハリウッドリメイクで話題のスリラー。

"ミレニアム ドラゴンタトゥーの女" の続きを読む

メランコリア

Melancholia

憂鬱という惑星が地球に迫る状況で、ジャスティンとクレアの姉妹が対峙する世界と己、絶望と破滅、混乱と秩序、宇宙的規模の小さな心。
ラース・フォン・トリアーが描く世界の終わりはこちらです。深い感銘をもたらす大傑作にして人類が見ておかねばならない映画のひとつ。

"メランコリア" の続きを読む

ゴーストライター

The Ghost Writer

英国元首相の自叙伝を執筆する仕事を前任者の引き継ぎという形で請け負ったゴーストライターが、執筆もそこそこに何やら不穏な空気に影響を受けてこそこそと嗅ぎまわり始めます。
巨匠ロマン・ポランスキーが放つ良質ミステリー。

"ゴーストライター" の続きを読む

パラダイス・ナウ

الجنة الآن‎ al-ǧannah al-ʾān

自爆テロを行う側からの目線で描くパレスチナ問題。二人の青年と社会・紛争との関わり。

"パラダイス・ナウ" の続きを読む

ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア

Knockin' on heaven's door

余命僅かと宣告され同室に入院することになったちんぴらマーチンと気弱なルディが、死ぬ前に海を見なければと病院から逃走して旅立ちます。

"ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア" の続きを読む

愛を読むひと

The Reader

ベルンハルト・シュリンクの小説「朗読者」の映画化。15歳少年と21歳年上女性の恋と読書と国家と運命。危うい物語をぎりぎりに描いたことを天晴れとみるか中途半端とみるか、そこは見る人の個人観によります。

"愛を読むひと" の続きを読む