17歳のカルテ

Girl, Interrupted
17歳のカルテ

企画に惚れ込んだウィノナ・ライダーが製作と主演を買って出たという。精神療養施設での少女たちのお話。

17歳のカルテ

ウィノナ・ライダー目当てはもちろん、「アイデンティティ」のジェームス・マンゴールド監督作品ということでわくわくして拝見。
ウィノナやアンジェリーナ・ジョリーを始め、少女たちの演技も丁寧な演出も悪くない。女性のための良き米国青春映画と言えるでしょう。
ただ私はおっさんすぎた。
この映画にのめり込むには若さと少女心がちょっと足りなかったのです。くそぅ。

この映画を観てやはり「カッコーの巣の上で」を思い出してしまったのでまた今度再見してみよう。

若い女性の皆様にお勧め。心がきゅーっとなること請け合い。いや、貶めている意味ではなくて。
とても丁寧な良い作品ですよ。ねんのため。

コメント