一覧生成
110件の記事がありました

現在の並び: Default -
表示・非表示をコントロールできます

ローサのぬくもり

Solas

最近「スリーピング・ボイス」を撮ったベニト・サンブラノ監督の初長編映画1999年の「ローサのぬくもり」(Solas) です。都会の下町で一人暮らす女性と母親、近所の人のお話。

"ローサのぬくもり"の続きを読む

ベーゼ・モア

Baise Moi

パンクで過激でフェミニスト、作家ヴィルジニー・デパントが友人のポルノ女優と共に撮りあげた2000年の問題作。姦って奪って殺して旅する女二人の珍道中。

"ベーゼ・モア"の続きを読む

世界で一番醜い女

La mujer más fea del mundo

舞台は近未来2011年のスペイン共和国。老婆が殺害される事件で浮かび上がる美女の容疑者。しかしその実体は異端博士の新技術で整形された世界一醜い女だということが自然と解明されていきます。という話ですが、別の意味で実に興味深い一本でもあります。

"世界で一番醜い女"の続きを読む

最後の賭け

Rien ne va plus

若い女ベティと初老の男ヴィクトールは色仕掛けを使って金を盗む詐欺師のコンビ。次のカモはスイスに集まる歯医者たちだ、っていうんで乗り込みますがベティが打ち合わせにない男とこそこそ遭っております。クロード・シャブロル1997年の「最後の賭け」はコミカルタッチの詐欺師サスペンス劇場。

"最後の賭け"の続きを読む

ありふれた事件

C'est arrivé près de chez vous

犯罪者をカメラクルーが追うドキュメンタリー映画の体裁で綴る1992年ベルギーの異色作「ありふれた事件」は今観ても十分に衝撃的で斬新でユニーク。

"ありふれた事件"の続きを読む

マルメロの陽光

El sol del membrillo

驚くほど作品数の少ないビクトル・エリセが「エル・スール」の10年後に撮ったのは芸術家アントニオ・ロペス=ガルシアのドキュメンタリー映画。もはやこれはドキュメンタリーという括りや単なる映像詩なんて言葉では到底語りきれない至福の映画体験をもたらします。

"マルメロの陽光"の続きを読む

柳と風

Beed-o baad

アッバス・キアロスタミ脚本による少年映画。風吹きすさぶイランの田舎で少年が奮闘します。これほどのドキドキがあろうか、これほどのハラハラがあろうか。「柳と風」は身悶え必至のソリッドシチュエーションおつかいサスペンス。

"柳と風"の続きを読む

アナとオットー

Los Amantes del Círculo Polar

Ottoは逆さから読んでもOtto、Anaも同じく逆さからでもAna。
子供の頃に出会い、ずっと一緒で、途中離ればなれ、その後はどうなるアナとオットー。二人とその家族の物語。

"アナとオットー"の続きを読む

天才マックスの世界

Rushmore

ウェス・アンダーソン監督の1998年の長編二作目「天才マックスの世界」は、ラッシュモア校に通う個性的な15歳少年の仕事と恋と友情の立ち回り物語。遡ってこれ見てみました。

"天才マックスの世界"の続きを読む

コーカサスの虜

Kavkazskiy plennik

セルゲイ・ボドロフ監督1996年「コーカサスの虜」はシンプルな人と人のドラマです。ただ状況がちょっと異常なだけ、つまり戦争捕虜になってチェチェンの村で囲われてるんです。

"コーカサスの虜"の続きを読む

ボーイズ・ドント・クライ

Boys Don't Cry

少年の恰好をしている性同一障害のブランドン20歳の遊びと恋と人生。実在の人物をモデルにした実話系映画で、1999年公開当時はすごく話題になっていろいろ受賞したりした作品。

"ボーイズ・ドント・クライ"の続きを読む

ボヴァリー夫人

Madame Bovary

19世紀のベストセラー、ギュスターヴ・フローベール「ボヴァリー夫人」を原作としたクロード・シャブロル1991年版映画です。
ロマン派で奔放のエマ(イザベル・ユペール)が結婚して引っ越しして不倫していろいろあれこれやります。

"ボヴァリー夫人"の続きを読む

みんなのしあわせ

La comunidad

不動産屋のセールスをしているおばちゃんが、ひょんなことから物件の一室で凄いものを手に入れ、それを巡ってアパートの住人との攻防が始まります。ブラックでコミカル、2000年「La Comunidat」(コミュニティ)というタイトルの傑作。

"みんなのしあわせ"の続きを読む

プリンセス・アンド・ウォリアー

DER KRIEGER UND DIE KAISERIN

独特の映画を作る才人トム・ティクヴァ2000年の一風変わった愛の映画、ファンタジックな「王女と戦士」なんていうタイトルです。実際は精神病院の看護婦と犯罪者の男の物語。

"プリンセス・アンド・ウォリアー"の続きを読む

サイモン・バーチ

Simon Birch

ジョン・アーヴィングの「オーエンのために祈りを」の一部が映画化された「サイモン・バーチ」は、生まれながらに体がちいさなサイモン・バーチと、私生児ジョーの友情の物語。

"サイモン・バーチ"の続きを読む

フューネラル/流血の街

The Funeral

1930年代、ニューヨークで頑張るマフィアの家族、固い結束の三兄弟を描きます。ただし三男は冒頭から死んでいます。その三男のお葬式(funeral)、長男宅に次男を初め家族が集います。弟に何があった。弟はなぜ死んだ。

"フューネラル/流血の街"の続きを読む

アリゾナ・ドリーム

Arizona Dream

叔父の結婚式のためにアリゾナへやってきた青年(ジョニー・デップ)を取り巻く恋と破滅と人間模様。
エミール・クストリッツァ1993年の国家幻想的屈折アメリカン・ドリーム。

"アリゾナ・ドリーム"の続きを読む

アンダーグラウンド

Подземље

エミール・クストリッツァ監督1995年作品。怒濤のユーゴ近代史を総括するミクロでマクロで悲惨で可笑しく、戦慄で驚愕でコミカルで歌と踊り、リアリズムを超えたリアリティとファンタジーを超えたファンタジー、超が付く現実、人間と動物と大人と子供と社会の喧噪と狂乱、映画史に刻まれる20世紀末の一大傑作。

"アンダーグラウンド"の続きを読む

ラヴィ・ド・ボエーム

La Vie de bohème

芸術家3人がパリを舞台にボヘミアン生活。アーティストの生き方がハードボイルドであることを端的に示すアキ・カウリスマキ1992年の傑作。

"ラヴィ・ド・ボエーム"の続きを読む

黒猫・白猫

Crna macka, beli macor

ジプシーの一族とその周囲に巻き起こるハチャメチャ騒動。父ちゃんの詐欺的儲け話、息子の恋愛、爺ちゃんとその親友ゴッドファーザー、ゴッドファーザーの息子、詐欺師のチンピラ、可愛いあの子、面白人間たちとドナウ川と動物たち。これでもかというほど詰め込まれた騒然煩雑猥雑不可思議異世界映画の巨頭。

"黒猫・白猫"の続きを読む

イゴールの約束

La Promesse

外国人の違法労働を斡旋したり面倒を見たり搾取してかすめ取ったりして生計を立てている父とその子イゴールの物語。怪しい父、手伝う息子、働く外国人。
ジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌの兄弟監督の名を世界に轟かせた長編映画3作目の「イゴールの約束」は、身の丈世界の事件を通して人間の社会的生物的事象を切り取ります。

"イゴールの約束"の続きを読む

ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア

Knockin' on heaven's door

余命僅かと宣告され同室に入院することになったちんぴらマーチンと気弱なルディが、死ぬ前に海を見なければと病院から逃走して旅立ちます。

"ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア"の続きを読む

猫が行方不明

Chacun cherche son chat

バカンスに出るために近所の老婦人に猫を預かってもらったものの帰ってきたら猫が行方不明。グリグリはどこへ行ったの。さあみんなで探そう。
いろんな人たちが出会ったりしゃべったり、パリの裏通りで猫の大捜索がはじまります。

"猫が行方不明"の続きを読む

奇跡の海

Breaking the Waves

ラース・フォン・トリアーの放つ「黄金の心三部作」、というより「女優虐め三部作」とも呼びたくなるピュアでか弱い女性をいたぶり尽くす三部作のその一本目がこれ。奇跡の海。

"奇跡の海"の続きを読む

イディオッツ

The Idiots

ラース・フォン・トリアーが「奇跡の海」の次に撮った「黄金の心」三部作の二作目、1998年の「イディオッツ」がDVDにて復活。ドグマ95のルールに従って作り上げた可笑しくも辛い「馬鹿たち」の行動と顛末。

"イディオッツ"の続きを読む

危険な動物たち

Fierce Creatures

「ワンダとダイヤと優しい奴ら」のメンバーがお届けする英米コメディミックス第二弾。
動物園の経営を巡る軽いドタバタ。マイケル・ペリンの饒舌も堪能できます。

"危険な動物たち"の続きを読む

レニングラード・カウボーイズ、モーゼに会う

Leningrad Cowboys Meet Moses

我らがレニングラード・カウボーイズふたたび。というわけで前作「レニングラード・カウボーイズ・ゴー・アメリカ」の続編。

"レニングラード・カウボーイズ、モーゼに会う"の続きを読む