一覧生成
54件の記事がありました

現在の並び: Default -
表示・非表示をコントロールできます

神様メール

Le tout nouveau testament

ジャコ・ヴァン・ドルマルの新作映画「神様メール」は神様の娘が6人の使徒を探し出し新たな新約聖書を作ろうとする物語。ちびっ子ファンタジックコメディで垢抜けたジャコの素敵な一品。

"神様メール"の続きを読む

靴職人と魔法のミシン

The Cobbler

下町の靴修理職人が先祖伝来のミシンを使って靴の修理をして試しに履いてみたところ靴の持ち主に変身してしまうという、童話のようなファンタジックコメディ。「扉をたたく人」のトム・マッカーシー監督作品というのできっとただ事ではないはずです。

"靴職人と魔法のミシン"の続きを読む

ノア 約束の舟

Noah

洪水伝説でお馴染み、聖書に出てくるノアを新解釈で映画化するというのはダーレン・アロノフスキーの若い頃のネタで悲願だったのだとか。で、やっちまったぜぼくらのダーレン・アロノフスキー。

"ノア 約束の舟"の続きを読む

ハッシュパピー ~バスタブ島の少女~

Beasts of the Southern Wild

巨大な堤防によって隔絶された南部のバスタブ島に暮らす少女の物語です。
若手監督が良作を引っさげて業界を驚かせた貧困とファンタジーのちびっ子映画。

"ハッシュパピー ~バスタブ島の少女~"の続きを読む

ホビット 竜に奪われた王国

The Hobbit: The Desolation of Smaug

「ホビット 思いがけない冒険」の続編、「ホビット 竜に奪われた王国」です。
前回の最後はお山を目指してさあ出発しようってところでした。今回続きなのでお山を目指してさらに進みます。

"ホビット 竜に奪われた王国"の続きを読む

ブランカニエベス

Blancanieves

1920年代のアンダルシアを舞台にした闘牛士の娘の童話的映画。サイレント映画の技法で描く歌と音楽、踊りと闘牛、「白雪姫」と呼ばれた少女の人生を美しい映像と音楽で堪能できます。すごくいい。

"ブランカニエベス"の続きを読む

ゴースト・スクール

Promoción fantasma

幽霊が見える特異体質の教師モデストが新たに赴任した学校では80年代に図書室で死んだ5人の生徒たちが成仏できずに悪さをしていて、それで彼らを卒業させてやろうと頑張ります。めっためたに面白い青春幽霊映画でエキサイティング!

"ゴースト・スクール"の続きを読む

ペインレス

Insensibles

1930年頃、痛みを感じない子供たちがおりました。酷い自傷行為などを行っております。そんな子供たちの波乱の生涯、それと現代の外科医デヴィッドが自分のルーツをさぐります。

"ペインレス"の続きを読む

クラウドアトラス

Cloud Atras

時代や国が異なる6つのエピソードを同時に描く宇宙的規模のSFヒューマニズム叙事詩。時代や国が異なるそれぞれのお話同士がどこか何か繋がっているという、輪廻というか宿命というか、どことなく大袈裟で面倒臭そうに見える「クラウドアトラス」ですが実に見応えのある大作。トム・ティクヴァが監督やっているパートもあります。

"クラウドアトラス"の続きを読む

サイレントヒル

Silent Hill

同名のゲームを「ジェヴォーダンの獣」のクリストフ・ガンズが映画化。
ジョデル・フェルランドがまだちょっと小さい頃に出演していると聞いて観てみました。

"サイレントヒル"の続きを読む

チキンとプラム ~あるバイオリン弾き、最後の夢~

Poulet aux prunes

「ペルセポリス」のマルジャン・サトラピの長編映画二作目。死を決したバイオリニストの最期の8日間に現れる過去と未来をファンタジックに、ロマンティックに描きます。

"チキンとプラム ~あるバイオリン弾き、最後の夢~"の続きを読む

Virginia/ヴァージニア

Twixt

フランシス・フォード・コッポラが比較的地味で文芸路線の三部作をこっそり世に放ちましたが、この「Virginia/ヴァージニア」は虚構を強く意識したホラーっぽいミステリー。三部作の真打ちにして最強の一本。素晴らしい出来映え。あっぱれコッポラ。大興奮。大好物。

"Virginia/ヴァージニア"の続きを読む

リヴィッド

Livide

「屋敷女」で強烈デビューを果たしたジュリアン・モーリーとアレクサンドル・バスティロのコンビ監督の第二作「Livide」です。モラルの限界に挑戦した前作とはうって変わって、今作「リヴィッド」はゴシックホラー仕立ての、ひとことでいうとわけのわからんホラーファンタジー。

"リヴィッド"の続きを読む

プリンセス・アンド・ウォリアー

DER KRIEGER UND DIE KAISERIN

独特の映画を作る才人トム・ティクヴァ2000年の一風変わった愛の映画、ファンタジックな「王女と戦士」なんていうタイトルです。実際は精神病院の看護婦と犯罪者の男の物語。

"プリンセス・アンド・ウォリアー"の続きを読む

残酷メルヘン 親指トムの冒険

Le Petit Poucet

鬼才マリナ・ドゥ・ヴァンによる童話「親指トム」の物語。「親指トム」の原作としてペロー版を採用、ややダーク、でもしっかりファンタジー。

"残酷メルヘン 親指トムの冒険"の続きを読む

ホビット 思いがけない冒険

The Hobbit: An Unexpected Journey

「ロード・オブ・ザ・リング」の前日譚にあたる「ホビットの冒険」をピーター・ジャクソンがまたもや大作三部作として作り上げるという。その一作目が「思いがけない冒険」

"ホビット 思いがけない冒険"の続きを読む

コッポラの胡蝶の夢

Youth Without Youth

フランシス・フォード・コッポラ監督が10年ぶりに監督したという「コッポラの胡蝶の夢」はある種の物議を醸した地味目の老人ファンタジー。「若さなき若さ」の映画化。

"コッポラの胡蝶の夢"の続きを読む

トロール・ハンター

Trolljegeren

ノルウェーの山奥で密猟者を取材しようと意気込む3人の大学生。彼らが出会うのは熊ではなく・・・北欧の妖精トロールであった。なんとトロールは実在したのだっ。 "トロール・ハンター"の続きを読む

ダーク・フェアリー

Don't Be Afraid of the Dark

ギレルモ・デル・トロ プロデュースのダーク・ファンタジー。こわ〜いおとぎ話です。古いお屋敷の地下深くに潜む妖精さんたちが女の子を誘います。

"ダーク・フェアリー"の続きを読む

ラビット・ホラー

ラビット・ホラー

「呪怨」の清水崇監督がお届けするファンタジーホラー。クリストファー・ドイル撮影、満島ひかりに香川照之と、なんとなく良さそうな雰囲気を漂わせた作品ですがさてどうでしょうか。

"ラビット・ホラー"の続きを読む

ミスター・ノーバディ

Mr.Nobody

「トト・ザ・ヒーロー」のジャコ・ヴァン・ドルマルが10年の歳月と巨額の費用をかけて作り上げた「誰でもない人」の人生の総括。

"ミスター・ノーバディ"の続きを読む

スプライス

Splice

「CUBE」のヴィンチェンゾ・ナタリ監督、ギレルモ・デル・トロ製作総指揮、サラ・ポーリーとエイドリアン・ブロディ出演。豪華メンバーでお届けするアレもコレもと詰め込んだクリーチャーSF。

"スプライス"の続きを読む

ピアノチューナー・オブ・アースクエイク

The Piano Tuner of Earthquakes

クエイ兄弟による幻想的なアート映画。独自の世界観と映像美が冴え渡る。魂を失った歌姫、歌声に魅せられたマッド・サイエンティスト、招かれた調律師が織りなす美の饗宴。

"ピアノチューナー・オブ・アースクエイク"の続きを読む

永遠のこどもたち

El Orfanato

海辺の孤児院で育ち里親に引き取られたラウラ。30年後、彼女は夫と子供と共にこの地に戻り、閉鎖されていた孤児院を買い取って障害児のための施設を開園しようと進めていた・・・

"永遠のこどもたち"の続きを読む

パフューム ある人殺しの物語

Perfume: The Story of a Murderer

美しいタイトル写真に優雅系フォントで「パフューム」香水って意味ですか。そして小さな文字で「ある人殺しの物語」

"パフューム ある人殺しの物語"の続きを読む

デビルズ・バックボーン

El Espinazo del Diablo

内戦時のスペイン、荒野のサンタ・ルチア孤児院に12歳の少年カルロスが連れられてやってきます。
ペドロ・アルモドバル製作によるギレルモ・デル・トロ会心の一撃。

"デビルズ・バックボーン"の続きを読む

パンズ・ラビリンス

El laberinto del fauno

スペイン内戦。妊娠中の母親と共に、母親の再婚相手、森の砦に住む残忍な大尉の元へ。少女オフェリアの現実逃避は妖精に導かれて入る森の迷宮・・
"パンズ・ラビリンス"の続きを読む

Dr.パルナサスの鏡

The Imaginarium of Doctor Parnassus

公開が危ぶまれていたテリー・ギリアムの新作が、邦題「Dr.パルナサスの鏡」として来年早々に公開。
主演のヒース・レジャー急逝のため脚本の変更や役者の追加などテリー・ギリアム映画に付きもののトラブルや路線変更を経てどうにかこうにか完成し公開が待たれていました。
怪作にして大傑作「ローズ・イン・タイドランド」以来のテリー・ギリアム映画、来年1月まで身もだえして待つことになりましょう。

"Dr.パルナサスの鏡"の続きを読む