赤ちゃんの逆襲

Mauvais esprit
赤ちゃんの逆襲

復讐に燃える赤ちゃんを描いたコメディの大傑作。

赤ちゃんの逆襲

いわゆる"赤ちゃんもの"なのですが、舐めてかかると火傷を負う過激描写も満載。ほのぼのゆるゆるの無味無臭健康優良ドラマとは一線を画すブラックさと、復讐を目論む赤ちゃんのハイセンスな独白の攻撃性がこの作品の質を引き上げています。

盗作され足蹴にされた報われない哀れな建築デザイナーが、憎き相手の子供として生まれ変わり、復讐を目論む話です。原題は「悪の精神」?そんな感じですか?「赤ちゃんの逆襲」って邦題、私は大好きです。

フランスはもとより、ヨーロッパを席巻する大ヒットを記録したのだとか。日本での公開時に上映館が少なすぎてあまり知られていないのがもったいない。自分も知りませんでした。
複雑なパパ役を「奇人たちの晩餐会」のティエリー・レルミットが好演。シモン役のミシェル・ミューラーのとぼけた声はシナリオの妙と相まって効果抜群、日本語字幕の言語感覚もいい感じです。「キリンを取ってこい」とか「日に三度お話しさせてやる」とか笑い転げた。
大人向けのファンタジー。強くお勧め。超お勧め。

first appearance 2006.08.28

[広告]

“赤ちゃんの逆襲” への 2 件のフィードバック

コメントを残す