一覧生成
176件の記事がありました

現在の並び: Default -
表示・非表示をコントロールできます

タッカーとデイル

Tuker and Dale VS Evil

スプラッタ映画とコメディ映画の華麗なる融合、主人公デコボココンビと大学生たちの死闘、可愛子ちゃんあり血しぶき残虐あり、ほのぼのハートウォーミングあり、誤解と偶然ドキドキサスペンス、娯楽の殿堂、楽しい時間は保証付き。「タッカーとデイル」は2010年カナダからの素敵な贈り物。

"タッカーとデイル" の続きを読む

ウルフ・アット・ザ・ドア

Wolves at the Door

ジョン・R・レオネッティ監督による世にも恐ろしい犯罪の映画「ウルフ・アット・ザ・ドア」です。ホラー好き猟奇好き血みどろ大好きMovieBooですが良心も僅かに残されています。「ウルフ・アット・ザ・ドア」の感想は二重人格のように真っ二つ。

"ウルフ・アット・ザ・ドア" の続きを読む

サマー・ヴェンデッタ

BODOM

1960年に起きた未解決殺人事件を再確認しようと若者男女4人組が湖へやって来ます。そんでもって、案の定恐ろしい事が起きてくるというフィンランド映画祭で上映されたホラー・スリラー。「BODOM」こと「サマー・ヴェンデッタ」という映画です。

"サマー・ヴェンデッタ" の続きを読む

アナベル 死霊館の人形

ANNABELLE

「死霊館」に登場した呪い人形アナベルを描いた別枠映画。「死霊館」の主人公ウォーレン夫妻は登場せず「死霊館」以前のお話、いわば前日譚のような呪い人形についてのお話です。

"アナベル 死霊館の人形" の続きを読む

オキュラス/怨霊鏡

OCULUS

鏡の呪いと対決する姉と弟を描いたホラー映画「オキュラス/怨霊鏡」は役者と脚本と演出と編集が極上に混ざりあった映画史上に残っていい傑作。

"オキュラス/怨霊鏡" の続きを読む

心霊ドクターと消された記憶

BACKTRACK

オーストラリアのホラー・ミステリー映画です。エイドリアン・ブロディが精神科医を演じます。途中までは面白いんですが、比較的どうでもいい映画の一つ。

"心霊ドクターと消された記憶" の続きを読む

ヴィジョン 暗闇の来訪者

Visions

交通事故のPTSDから立ち直っていない妊婦さんが旦那と共に葡萄畑でワインを作ろうと田舎に越してきます。のどかないいところに見えますが奥さんはちょっと不安です。一人で家にいますと妙な物音を聞いたり人の気配を感じたり恐怖を体験します。

"ヴィジョン 暗闇の来訪者" の続きを読む

アンフレンデッド

Unfriended

「アンフレンデッド」はもちろん劇場公開映画ですが、Macの画面だけで完結する世にも豪快な新発想POVで映画の常識を翻す SNS ホラーなる攻撃的作品。しかしその実シナリオに懲りまくったオーソドックスな会話劇でもあり完成度の高いプロットに観るものは引っ張られ手玉にとられ阿鼻叫喚の必須必見映画。

"アンフレンデッド" の続きを読む

死霊館 エンフィールド事件

The Conjuring 2

実在した心霊研究夫婦を扱った真っ当オカルト映画「死霊館」のパート2、こないだ日本で公開していました。「インシディアス」が大好きですが「死霊館」もたいそう印象が良い。それでパート2も観なければ。というかぜひ拝見させてください。で、観ました。これは力入ってます。

"死霊館 エンフィールド事件" の続きを読む

ナイトライト

Nightlight

「ナイトライト 死霊灯」という映画がありました。「ライト/オフ」とは関係ありません。志の高い映画であると強く感じます。感じますが志のところまで到達しているのかというと、それはどうでしょう。若者たちが夜の森で恐ろしい目に遭うというお話です。

"ナイトライト" の続きを読む

ザ・ボーイ ~人形少年の館~

The Boy

「ザ・ボーイ 少年人形の館」は住み込みベビーシッターの女性が人形の世話を頼まれてハァ?ってなりながらやがて案の定いろいろと怖いことになっていくというホラー映画。

"ザ・ボーイ ~人形少年の館~" の続きを読む

デッド・ハンティング

Preservation

「デッド・ハンティング」というどこかで聞いたような邦題のこの映画は、三人の男女が狩りを楽しむために山奥にやってきて恐ろしい目に遭うという、どこかで聞いたような設定のホラー・スリラーです。感想はまあ普通かな。でも普通ってのも悪くないです。

"デッド・ハンティング" の続きを読む

デスドール

Needle

2010年のアメリカ映画「デスドール」は古来より伝わる考古学的遺物と呪い、そして可愛子ちゃんに兄弟に教授が関わる学園モノであり犯人捜しのミステリーでもあるという、一言で言うと呪いの学園ミステリー。

"デスドール" の続きを読む

レッド・インフェルノ

Vampyres

「Vampyres」っていうこの映画、若干のエロスとホラーとスプラッターでできている最近ちょっと稀なとってもチセッツーな映画のひとつ。出来損ないなのに深読みをしてほしそうなストーリーに乗ってあげたくなる衝動に駆られます。よしネタバレ全開超分析にチャレンジだ。

"レッド・インフェルノ" の続きを読む

獣は月夜に夢を見る

Når dyrene drømmer

寒そうな海沿いの小さな町で暮らす少女のお話です。体が動かない母親の面倒を見て、魚の加工工場で労働します。普通の少女ですが化物系でもあります。

"獣は月夜に夢を見る" の続きを読む

ラザロ・エフェクト

The Lazarus Effect

大学の研究チーム、蘇生可能な血清の開発に成功するものの外部に漏れて成果を根こそぎ奪われてしまいます・・・。ジェイソン・ブラム製作によるSFホラースリラーちょっぴりサイコや記憶系覚醒系生死感系ありの楽しいおやつ「ラザロ・エフェクト」はラザロ兆候とは関係ありません。

"ラザロ・エフェクト" の続きを読む

センソリア

Sensoria

スウェーデンからやってきた恐怖のアパート映画。「センソリア 死霊の館」などという邦題から連想するゴシックホラーではありません。北欧テイストのモダンアパートが舞台のおやつホラーですがおやつにもなりにくい。

"センソリア" の続きを読む

ネスト(Musarañas)

Musarañas

広場恐怖症で閉じこもっている姉と姉に厳しく監視されている妹が住むアパートの一室。ある日玄関先で倒れている男を助け招き入れたことから始まる恐怖の時間。アレックス・デ・ラ・イグレシア製作のサイコ・スリラー。

"ネスト(Musarañas)" の続きを読む

MAMA

Mama

精神状態の悪い父親が幼い姉妹を雪深い山小屋へ連れて行って放置、その後の娘たちがどう育ったか。新人アンディ・ムスキエティの短編をギレルモ・デル・トロが気に入り、製作総指揮で長編映画化したホラーファンタジー。

"MAMA" の続きを読む

グッドナイト・マミー

Ich seh ich seh

郊外の大きな家に暮らす母親と双子の息子。母親は手術後のようで包帯ぐるぐる巻き、双子は外でよく遊び、家では厳しくしつけられておりまして・・・。包帯ママと双子たちのソリッド・シチュエーション・ニュータイプ・アート系・家庭内ホラー・スリラー。とことん恐ろしいです。

"グッドナイト・マミー" の続きを読む

メキシコ・オブ・デス

México Bárbaro

「ABC・オブ・デス」のメキシコ版みたいな「死」のオムニバス。メキシコの新鋭監督たちによる残虐とエロスとメキシコの青い空。

"メキシコ・オブ・デス" の続きを読む

グリーン・インフェルノ

The Green Inferno

環境活動の学生がアマゾン奥地のジャングルで原住民に捕まって食われます。モンド映画や食人族映画へのオマージュにとどまらず、新たな価値観と斬新かつ巧みなストーリー展開にて近年映画史上最高峰の大傑作。

"グリーン・インフェルノ" の続きを読む

バーバリアン怪奇映画特殊音響効果製作所

Berberian Sound Studio

イギリス人のサウンドエンジニアがイタリアの映画スタジオに雇われ、慣れないホラー映画の仕事を開始します。トビー・ジョーンズを主演に迎え大フィーチャー。はたらくおじさん-サイコ・サウンドエンジニア編。これは意外とあなどれません。それどころかかなりの傑作。というか凄い。

"バーバリアン怪奇映画特殊音響効果製作所" の続きを読む

V/H/S ファイナル・インパクト

V/H/S: VIRAL

手持ちカメラ視点(POV)によるホラー系オムニバス「V/H/S」シリーズの三作目。「モンスター」のジャスティン・ベンソンとアーロン・ムーアヘッド、ジワジワ系監督ナチョ・ビガロンドが参加しているので観ないわけにはいかない本作ですが、パート3の悪夢にうなされる割とどうでもいい1本。

"V/H/S ファイナル・インパクト" の続きを読む

V/H/S ネクストレベル

V/H/S 2

POVの技法を用いたホラー監督たちの競作。メインストーリーの中で次々に再生されるVHSテープの短編というユニークな方式の「V/H/S」パート2。今回はベテラン監督も登場してパワーアップしてますか。

"V/H/S ネクストレベル" の続きを読む

イット・フォローズ

It Follows

感染者にしか見えない「それ」がじわじわと追ってくるという悪夢っぽいホラー要素に性と青春要素を絡めた現代的なニュータイプ青春ホラー映画にて大ヒットの2014年「イット・フォローズ」で甘酸っぱい恋と恐怖をご堪能。

"イット・フォローズ" の続きを読む

V/H/S シンドローム

V/H/S

POVの技法を用いた若手ホラー監督たちの競作。メインストーリーの中で次々に再生されるVHSテープの短編というユニークな方式の本作はオムニバスというよりアンソロジーの装い。若さと勢いに満ちた監督たちの力作。

"V/H/S シンドローム" の続きを読む

モンスター 変身する美女

Spring

ジャンル映画へのチャレンジ、ホラーと青春ラブロマンスの完全融合「モンスター 変身する美女」は傷心の男と不思議女子によるイタリア湯けむり恋の逃避行。

"モンスター 変身する美女" の続きを読む

恐怖ノ黒電話

The Caller

「恐怖ノ黒電話」は越してきたアパートで謎の電話に大変迷惑する女性の物語。「ドット・ジ・アイ」のマシュー・パークヒル監督によるソリッド・シチュエーション・黒電話・ホラー系○○(伏せ字)の奇作。

"恐怖ノ黒電話" の続きを読む

恐怖ノ黒鉄扉

Los inocentes

ホラーっぽいスリラーですが、ずらずらずらーっと並んだ監督名、なんでしょうこれは。これはバルセロナ映画学校出身の若手監督12人による共同監督作品。オムニバスではなくて共同監督。誰が誰か、誰がどこを監督したのか、そういうことはわかりません。でもなんか楽しそう。

"恐怖ノ黒鉄扉" の続きを読む

ヴィジット

The Visit

インディーズに近い製作で原点回帰というか初心に帰ってというか久々のM・ナイト・シャマランによるオリジナルスリラー映画が突然公開されるってことで、取りいそぎもちろん観に出かけます。会ったことのない祖父母のおうちに遊びに行く姉弟のお話。これ最高っ。

"ヴィジット" の続きを読む

ラスト・エクソシズム2 悪魔の寵愛

The Last Exorcism Part II

「ラスト・エクソシズム」の続編、パート2です。近頃この手のパート2が立て続けに出ております。さてこの「ラスト・エクソシズム2」は完全に前作の続きです。ですが映画のテイストは全く異なります。なかなか挑戦的なパート2です。

"ラスト・エクソシズム2 悪魔の寵愛" の続きを読む

ヘルベンダーズ 地獄のエクソシスト

Hellbenders

「mute ミュート」の奇才J・T・ペティ監督の2012年作品。酒とドラッグとセックスに溺れた生え抜きエクソシスト軍団それがヘルベンダーズだ。

"ヘルベンダーズ 地獄のエクソシスト" の続きを読む

ヒューマン・レース

The Human Race

街の人々がどこかわけのわからない場所に連れてこられて競争させられます。最下位で差を付けられたり、ルートを外れたり、放棄したり、そういうことすると無残に殺されます。

"ヒューマン・レース" の続きを読む

トライアングル

Triangle

シングルマザーのジェスはヨットセーリングに誘われて参加、男女6人がが乗る船が海へ出たところで天候が悪化し遭難、そこへ通りかかった大型船舶、やれ助かったと乗り込むが、人っ子ひとり見当たらない、乗組員はいないかと、船内探索してますと、袋を被った殺人鬼、出た出た出たーと大あらわ。で、そういう話ですがそういう話じゃありません。無間地獄の哀しく辛い物語。

"トライアングル" の続きを読む

ビザンチウム

Byzantium

美女ヴァンパイアの二人組です。少女エレノアは秘密と良心に悩む思春期的鬱々状態、エレノアの保護者クララは大人の商売をやり強気です。さてどういう切り口のヴァンパイア映画でしょうか。

"ビザンチウム" の続きを読む

アンチヴァイラル

Antiviral

デヴィッド・クローネンバーグの息子、ブランドン・クローネンバーグのシュール系SFホラースリラー。所謂この手の正統派後継映画として実に見事。天晴れ天晴れ。

"アンチヴァイラル" の続きを読む

サプライズ

You're Next

才能ありまくり「ビューティフル・ダイ」のアダム・ウインガード監督「サプライズ(You're Next)」は2013年の秋に国内でも公開して話題沸騰のぶっ飛びの恐怖系スリラー。両親の結婚35周年を祝う別荘の晩餐会に襲いかかる覆面の殺人集団。優れた演出と抜群のセンスでわーわー見せます。

"サプライズ" の続きを読む

マニアック

Maniac

マネキンしか愛せないマネキン人形修復士ですが愛するどころかとんだ猟奇殺人鬼で夜な夜な女性を付け狙い襲っては頭皮を剥いでマネキンに被せるというそういう男です。マニアックどころではありません。

"マニアック" の続きを読む

ABC・オブ・デス

The ABCs of Death

アルファベットになぞらえた26組の監督による26編の「死」のオムニバス作品。
わずか5分でじっくり話を描いてる暇はありませんから、わーっとなってぎゃーってなるくらいが関の山です。あるいはシュールや不条理や混沌に逃げるとか、何となくいろいろ予想できます。
その予想を心地よく裏切ってくれる気の利いた良作に出会えるのか、出会えないのか、そこんとこが気になります。うそです。ほんとは気になりません。何でもOK。

"ABC・オブ・デス" の続きを読む

フッテージ

Sinister

一家で引っ越してきた家の屋根裏で見つけた8mmフィルムと映写機。主人公の作家がさっそくセッティングして見てみると一家惨殺のスナッフフィルム。しかも舞台は引っ越してきたこのおうち。うわ。こりゃやべー。と、家族に内緒で調査を開始するのであった。

"フッテージ" の続きを読む