スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐

Star Wars Episode III: Revenge of the Sith
スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐

スター・ウォーズシリーズの最後を飾る作品。

スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐

個人的体験ですが、スターウォーズシリーズ中、唯一劇場鑑賞しなかった作品。
その理由はすでにこのシリーズに飽きていたのと、この一本が前作とオリジナルの1を繋ぐ話であることが明確であるにも関わらず描かねばならないことが多すぎてきっと詰め込むのに上手くいっていないだろうと勝手に想像してしまったため。

で、案の定、この作品はエピソード2とシリーズ1を繋がなければならないため、展開が駆け足です。ほんとならここであと2本欲しいところだったでしょうねえ。

そういえばこの「エピソードなんたら」とかってややこしいです。
そもそも1〜3を作り直して「エピソード4〜6」なんてやるからややこしくなるんでして、1〜3は1〜3でいいじゃないですか。ねえ(あまり共感得られなさそう)

もっと言えば、技術的に納得できなかったからといって、1〜3を作り直したというのもどうかと思ってるんです。そんなこと言い出したら世の作品を作ってきたみんな「ほんとは作り直したい部分あるのよねえ」と思ってるに決まってます。でもやらない。それは、きりがないからです。
その頃のその作品を触らない、あえてそのまま残すってのは潔さです。

そんなこんなで、で、このエピソード3はどうだったかというと、そりゃもう面白かったです。 はい。
よくぞまあモチベーションを保って6本も作ったものです。感心を越えて尊敬できますね。

2008.12.24

[広告]

コメント