一覧生成
55件の記事がありました

現在の並び: Default -
複数項目による絞り込み
表示・非表示をコントロールできます

夜顔

Belle toujours

マノエル・ド・オリヴェイラ監督がルイス・ブニュエルにオマージュを捧げたという「昼顔」(1967)から約40年後の続編的作品は「夜顔」という邦題。

“夜顔” の続きを読む

スキャナー・ダークリー

A Scanner Darkly

フィリップ・K・ディック「暗闇のスキャナー」を原作としたアニメーション映画。ただのアニメーションではなく、俳優が演じた映像を一コマ一コマ丁寧にトレースするという風変わりな作風。リアルと非リアルの妙な融合が麻薬にまつわる内容とマッチしております。

“スキャナー・ダークリー” の続きを読む

サイレントヒル

Silent Hill

同名のゲームを「ジェヴォーダンの獣」のクリストフ・ガンズが映画化。
ジョデル・フェルランドがまだちょっと小さい頃に出演していると聞いて観てみました。

“サイレントヒル” の続きを読む

宮廷画家ゴヤは見た

Goya's Ghosts

18世紀末のマドリッドを舞台に、神父ロレンソと商人の娘イネスの運命を、ふたりの肖像画を描いた巨匠ゴヤの目を通して描くああなってこうなってあんななってこんななってしまう激動系物語。
カッコーの巣の上で」「アマデウス」のミロス・フォアマン監督が、ハビエル・バルデム、ナタリー・ポートマン、ステラン・スカルスガルドを迎えて放ちます。

“宮廷画家ゴヤは見た” の続きを読む

BUG/バグ

Bug

孤独に暮らす女性アグネスが、友人から紹介されたピーターと徐々に仲良くなっていきます。不思議な男ピーターは小さな虫に恐怖心を持っており、やがて虫に関する重大な秘密をアグネスに打ち明けます。
卵を産み付けられた人間、沸いて出る虫、癒えない傷と孤独、警戒と恐怖、精神の崩壊と愛。
ニューヨークで話題の舞台劇をウィリアム・フリードキン監督が映画化した2006年の作品。絶品!

“BUG/バグ” の続きを読む

変人村

Sheitan

若者たちがクラブでナンパした女の子の自宅、街からめちゃ遠いド田舎の屋敷へ遊びに行きます。出迎えるのはちょっと怖そうな使用人ジョセフ。やばそうなジョセフをヴァンサン・カッセルがノリノリで演じます。
キキ・ピカソの倅でアングラアーティストでもあるキム・シャピロン監督のデビュー作。

“変人村” の続きを読む

テキサス・チェーンソー・ビギニング

The Texas Chainsaw Massacre: The Beginning

名作「悪魔のいけにえ」(1974:トビー・フーパー)の続編、というか過去に遡り殺人鬼の「誕生秘話」みたいな設定の2006年の新作。企画モノの一過性作品かと思って侮っていたら大間違い。ジョナサン・リーベスマン、舐めてました。ごめんなさい。

“テキサス・チェーンソー・ビギニング” の続きを読む

マルタのやさしい刺繍

Die Herbstzeitlosen

スイスの田舎の村。夫に先立たれ生きる気力を失っていた80歳老女が、若い頃の夢だったランジェリーショップを開店させようと思い立ちお友達ともども奮闘するハートウォーミング田舎老人映画。

“マルタのやさしい刺繍” の続きを読む

あるスキャンダルの覚え書き

Notes on a Scandal

底辺の子供たちが通うロンドン郊外のとある中学校に赴任してきた美人女教師シーバ(ケイト・ブランシェット)と、厳格な歴史教師で嫌われ者のオールド・ミス、バーバラ(ジュディ・デンチ)。
この二人の・・・友情物語というかなんというか。

“あるスキャンダルの覚え書き” の続きを読む

麦の穂をゆらす風

The Wind That Shakes the Barley

アイルランド独立戦争後の英愛条約を巡っての内戦を背景に、関わる人々や対立する兄弟を描いたケン・ローチの傑作。

“麦の穂をゆらす風” の続きを読む

ファーストフード・ネイション

FAST FOOD NATION

ベストセラー「ファストフードが世界を食いつくす」のエリック・シュローサーが自書を原案に脚本化、アメリカの食のビジネスに潜む問題点を群像劇として描いたドラマ。

“ファーストフード・ネイション” の続きを読む

モンテーニュ通りのカフェ

Fauteuils d'orchestre

1945年創業のパリ8区にある名門カフェ「バー・デ・テアトル(Bar des Théâtres)」を舞台に、そこに集う人々のいろんな人生を切り取る言わばライト・群像劇。

“モンテーニュ通りのカフェ” の続きを読む

善き人のためのソナタ

Das Leben der Anderen

1984年、壁崩壊前の東ベルリン。国家保安省(シュタージ)のフィースラー大尉が、反体制の疑いがあるという劇作家ドライマンを盗聴、監視する。

“善き人のためのソナタ” の続きを読む

正体不明 THEM

ILS

ルーマニアで起きた事件を題材にした物語。閑静な林の屋敷に引っ越してきたフランス人夫婦に襲いかかる正体不明の悪意。

“正体不明 THEM” の続きを読む

サルバドールの朝

Salvador

フランコ政権末期、反政府活動を行う青年サルバドール・プッチ・アンティックを描いた実話ベースの物語。

“サルバドールの朝” の続きを読む

ヒルズ・ハブ・アイズ

The Hills Have Eyes

77年「サランドラ」をアレクサンドル・アジャがリメイクした荒野のスプラッタ・ホラー。残酷で残虐、恐怖と反撃。

“ヒルズ・ハブ・アイズ” の続きを読む

ラストキング・オブ・スコットランド

The Last King of Scotland

1971年にクーデターにより政権を獲得したウガンダのイディ・アミンに気に入られた若きスコットランド人医師ニコラス。

“ラストキング・オブ・スコットランド” の続きを読む

ぼくの大切なともだち

Mon meilleur ami

「友達がいない」とからかわれる美術商のフランソワ 、10日以内に親友を連れてこれるかどうかの賭けをすることに。
誰からも信頼されない美術商と人なつっこいタクシー運転手のほのかな友情物語。

“ぼくの大切なともだち” の続きを読む

ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習

Borat: Cultural Learnings of America for Make Benefit Glorious Nation of Kazakhstan

カザフスタンのテレビレポーター、ボラットに扮してアメリカに赴き、文化交流と称して人々と出鱈目に接するモキュメンタリー。

“ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習” の続きを読む

インランド・エンパイア

Inland Empire

デヴィッド・リンチ渾身の長編。幻想的分裂病的カオスにして複合パズル。緊張と恐怖、不安と悲哀で綴る実験的映画の大傑作。

“インランド・エンパイア” の続きを読む

ナチョ・リブレ 覆面の神様

Nacho Libre

「スクール・オブ・ロック」の主演・脚本コンビによる作品。修道院を救うため、メキシカン・プロレスの覆面レスラーとして奮闘する駄目人間の活躍。

“ナチョ・リブレ 覆面の神様” の続きを読む

パフューム ある人殺しの物語

Perfume: The Story of a Murderer

美しいタイトル写真に優雅系フォントで「パフューム」香水って意味ですか。そして小さな文字で「ある人殺しの物語」

“パフューム ある人殺しの物語” の続きを読む

パンズ・ラビリンス

El laberinto del fauno

スペイン内戦。妊娠中の母親と共に、母親の再婚相手、森の砦に住む残忍な大尉の元へ。少女オフェリアの現実逃避は妖精に導かれて入る森の迷宮・・
“パンズ・ラビリンス” の続きを読む

バベル

Babel

「21グラム」のアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督作品。旧約聖書バベルの塔を背景に、世界に点在する「通じない」人々を描く。

“バベル” の続きを読む